ウルトラセブン放送50年記念展「モロボシ・ダンの名をかりて」に行ってきた

ブログランキング
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 50代オヤジへ

ども。MK団2代目団長マタンキ角南です。

昨日京都高島屋のウルトラセブン放送50年記念展初日に行ってまいりました。

ウルトラセブン放送開始50年記念「モロボシ・ダンの名をかりて」

と、入場前に昨日気になっていたモロボシ・ダン名言Tシャツをグッズ売り場で確認。

答えは

「僕の故郷M78星雲では、地球人のことをノンマルトと呼んでいる。
人間は、今では自分たちが、地球人だと思ってるけど、本当は侵略者なんだ」

でした。正確には2行目はダンのセリフではなく真一少年のセリフですが。

さて気になっていたことがわかって3時からモロボシ・ダン役の森次晃嗣さんのトークショー。

いやあ、大勢の人でした。

ギャラリー会場そこそこの広さだったけど全然狭いわ。

しかもお客さんはほぼ全員おっさんw

でも森次さんが登場すると大きな拍手をして、みんな子どものようにうれしそうに目をキラキラさせてます。

男はいつまでたってもヒーローの前では子どものままなのです。

トークは1時間ぐらい。

撮影当時の苦労話とかおもしろエピソードとかいろいろしてくださいましたが、団長がおもしろいと思った話をここで紹介します。

森次「アンヌ隊員ことヒシミ百合子さんと恋愛関係にならなかったのかって?そんなのあるわけないですよw」

ベタなエピソードですしこう言わざるを得ませんが……

ほんとかなあw

団長が知ってる情報ではアンヌ隊員は男好きで、隊員たち全員と(以下自粛)

2つ目はセブンの武器アイ・スラッガー

森次「アイ・スラッガーはセブンの武器なんだからセブン・スラッガーだろ。でもなぜアイ・スラッガーという名前になったのか知ってる?」

すると手を挙げた人が一人だけ。

森次「おお、知ってるんだ。でも言わなくていいよ。ぼくも答えは言わない」(会場爆笑)

なんだ、そりゃあw

ちなみに団長も知ってます。つい最近知ったんだけどね。

それを知るまでは実はアイ・スラッガーでなくアイス・ラッガーだと思ってましたw

団長もあえて答えは書きませんがググれば出てきます。

そして3つめ、団長も知らなかったエピソード。

最終回の最後の変身のシーンの撮影。

小道具さんがウルトラアイを忘れてしまい段ボールを赤く塗って作った即席ウルトラアイが使われてたそうです。

すぐにウルトラアイが届いてアップのシーンは問題無いそうそうな。

これはすでにもう本物のウルトラアイですね。

森次晃嗣さん御歳74歳、まだまだ元気なダン隊員でした。

楽しい1日をありがとうございました。

それでは今日はこの辺で。マタンキ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

コメント

  1. タロス より:

    ウルトラセブン

    スペル星人について。
    結果論になりますが、大伴昌司はどうして「ひばく星人」と銘を打ったのでしょうか。
    大伴昌司がそんな銘を打たなければ、封印されることはなかったと思います。
    どうして当時は大伴昌司が設定を勝手に考えいたのですか?
    また、それを突っ込む人もどうかしていたのでは?