小学校で先生が「おまえはオカマか」って言った結果

ブログランキング
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 50代オヤジへ

ども。MK団2代目団長マタンキ角南です。

前回はバイト時代にホモの客を出禁にした話を書きました。

【武勇伝】気持ち悪いホモの客を入店禁止にした

昭和の時代はLGBTの人たちなんて変態扱いならまだ良い方で、精神異常者かほぼ犯罪者に近い扱いでした。

佐良直美はレズの噂が立っただけで芸能界から追放されました。

小5授業中 児童の保護者が抗議、学校が謝罪
埼玉県蕨市の市立小学校の男性教諭が、5年生の授業中に「誰だオカマは」などと、性的少数者(LGBTなど)への差別と受け取れる発言をしていたことが 分かった。授業があったクラスには実際にLGBTの児童1人が在籍し、児童の保護者が学校に抗議。発言はこの児童に向けたものではなかったが、学校は「配慮を欠いていた」などと謝罪した。
埼玉の小学校:LGBT在籍クラスで教諭「誰だオカマは」 – 毎日新聞

これ団長の小学校でも同じことがありました。

団長が小学校低学年のときですから昭和40年代後半です。

女子が並ぶ列にひとり男子が並んでいたんです。

で、先生が「おい、おまえはオカマか(笑)」って言ったんですよ。

そうしたらこの話を聞いた生徒の親が学校に怒鳴り込んできて謝罪を要求してきました。

先生は当然拒否。

基地外親が「謝らないなら教育委員会に訴える」「マスコミにリークする」と脅しをかけ、結局学校側が謝罪して事件は沈静化しました。

40年以上昔の話です

当時の周りの反応は想像通り。

あいつの母ちゃん頭おかしい。

もう1回言いますが昭和40年代後半のお話です。

今なら先生がヘイト発言で、この母ちゃんが良識派ってことになるんですね。

時代は変わりました。

あ、ちなみに団長はLGBTには何の偏見もありません。

人それぞれ、自由でいいと思います。

団長、意外とリベラルです。

それでは今日はこの辺で。マタンキ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク