包丁人味平で学んだ、今でも信じているナゾ知識

ブログランキング
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 50代オヤジへ

ども。MK団2代目団長マタンキ角南です。

美味しんぼで学んだ謎知識。

美味しんぼで学んだナゾ知識、もし3つ上げろと言われたら

「フランス料理には醤油」「化学調味料は悪」そして3つめは「ドライはビールじゃない!でもエビスは本物

です。

特に3つ目のドライビールに関しては、けっこう刷り込まれています。

酒屋やコンビニで「アサヒドライを買うとちょっと舐められるんじゃないか」とか「プレモルやエビスを買うとビールの味がわかっていると思われるよな」なんて思ってしまいます。

美味しんぼみたいなマンガで企業の商品の売上げが変わるわけないと言われますが、少なくとも団長は美味しんぼの影響でドライを飲まなくなりました。

結構単純な人間で何にでもすぐに影響受けます

さて残りの2つ「フランス料理には醤油」「化学調味料は悪」ですが、これ実は40年以上前にすでに包丁人味平で指摘されていたことです。

化学調味料は悪というのはラーメン日本一を決めるラーメン祭りで、化学調味料を使った店が失格になるのです。

「プロが使うなんてゆるせねえ」とまるで犯罪者のごとき言いようです(笑)

化学調味料を使ったことがバレたラーメン屋さん汗を流してうなだれてます。

何を使おうが美味しいんだったらいいんじゃないかな?

何がダメなのか、いまだによくわかりません。

そもそもラーメン屋さんの99%は化学調味料いっぱい使ってますが?

参考記事:チャーハンに味の素を入れた結果
店の味になったw

次が醤油は何にでも合う魔法の調味料。

カレーの隠し味に醤油を入れて味平カレーを完成させるという話に出てきた謎知識

「醤油はどんな料理にでも合う優れた調味料」

「なぜなら刺身にソースをかけても食べられないが、トンカツに醤油は食べられる」

これ信じてます。

トンカツとかフライとかコロッケとか、この話を思い出してたまに醤油かけて食べたりします。

そして味平で学んだ謎理論、最後は肉の王様はヒレじゃなくロース

えーーーーーー、そうなんですか?

ステーキとか食べに行ったらロースよりヒレの方が高いんですけど。

ヒレとロースの違い

子どもの頃からずーっと気になっていたので、友人と二人でいきなりステーキに行ってロースとヒレステーキの食べ比べしてみました。

いきなりステーキのリブロース300g(税別1,950円

いきなりステーキのヒレステーキ300g(税別2,700円

友人と半分ずつにしました。

ヒレはロースに比べ脂身が少なくさっぱりした印象です。

ロースは脂身があって肉ーーーーーっと言う感じ。

ヒレの方が少しやわらかかったかな、うん。

・・・・・・

こんな食レポ、誰でも書けるわw

ただどちらかを選べと言われたらロースの方がおいしく感じました

ということは団長はまだ元気もりもりエネルギッシュな若者ってことですねw

今もう50代ですけど、もう少しするとヒレの方がおいしく感じるようになるのかな。

それでは今日はこの辺で。マタンキ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク