【ドカベン完結】いつからドカベンを読まなくなったのか

ブログランキング
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 50代オヤジへ

ども。MK団2代目団長マタンキ角南です。

野球マンガの金字塔、ドカベンついに完結しました。

正直さみしいです。

実は結構最近まで読んでいました。

最近ていつ?

えーと、プロ野球編の中盤過ぎぐらいまでだから……調べてみたら2000年ぐらいでしたw

え!?読まなくなって18年も経っていたのか

歳をとると時間の流れが早く感じる。

でもなんで読まなくなったのか!?

決してマンネリ&ワンパターンで、たまに立ち読みするといつも試合が9回クライマックスで

「これは次に山田がサヨナラホームランで決めるだろうなあ」

と思ってたら案の定そのパターンで

「ああ、もう水島御大もネタがないんだな」

とガックリ来てたからではない。

プロ野球編になって、それまで子どもだった山田の妹・サチ子が大人の女性になり、いつのまにか岩鬼と付き合っていた(というか半同棲状態)時期があった。

これが本当に気持ち悪かった

受け入れられる話と、そうでない話があって、水島新司御大に恋愛話は描けないというか、本当に生理的に受け付けなかったのだ。

高校時代から岩鬼が付き合っていた夏子はんとなら受け入れた。

100歩譲って里中とサチ子ならまだなんとか許せたかもしれない。

しかし岩鬼とサチ子、この組み合わせはダメだ

この前に岩鬼は高校時代の彼女、夏子はんと別れている。

諸事情で夏子はんは別の男と結婚したのである。

正直、水島御大が岩鬼と夏子はんを結婚させなかった理由がよくわからない。

まあ人生いろいろ、特に恋愛なんてそう簡単に初恋の人と結婚なんか出来るもんじゃない!というドラマを描きたかったのかもしれない。

それはまあ良いがだからと言ってなんでそこから山田の妹になる?

しかもアタックをかけたのがサチ子の方からだったから、これがホント理解不能だった。

ここで読むのをやめた

ところが気がつけば結局岩鬼とサチコは別れ、最終的にサチ子は里中と結婚したのである。

だったら最初から里中と付き合って結婚しろや。

もし自分が里中の立場だったら、親友でしかも同じ職場の同僚の元カノと結婚ってやっぱり抵抗あるわ。

読む方としても最初から里中となら何も思わないが「でもサチ子は岩鬼ともsexしてたんだなあ」とか、したくないけど想像してしまう。

なんども言うがホント気持ち悪い

一方その岩鬼はもともと付き合っていた夏子はんが離婚したことを知り、再度猛アタック。

見事長年の恋を実らせて結婚。

これは素直に受け入れられたw

そしてプロ野球編が終わり、2004年からスーパースターズ編が始まる。

FAした山田らが新生球団、東京スーパースターズに入団し、ライバルたちは同じく新生球団四国アイアンドッグスに入団し、再び死闘を繰り広げるのです。

プロ野球編では実際のプロ野球に時間を合わせないといけないので、年間3試合ぐらいしか描けず、実在の選手らが出てきて少々萎えたりしていたのですが、これなら期待できる!

その新生球団、最初の試合は同じ新生球団、四国アイアンドッグス

かつてのライバルたちが架空球団に集結し、時間を無視してじっくり試合が描かれるように変更されたのです。

いいじゃんいいじゃん!

これで再びドカベンを読み始めます。

ところが新キャラクターに、水島マンガではもはや珍しくもなんともない、マドンナと呼ばれる女性選手が入団します。

ここで気がつけよ、オレ……

これあかんやつや

そのマドンナが今度は殿馬に一目惚れするのです。

ああ、スーパースターズ編……

ここで読むのをやめた。

今回、また読み返したくなって電子書籍で全巻買おうと思ったら……

水島御大は電子書籍がお嫌いらしく、ドカベンは紙媒体でしか読めないとのこと。

単行本で買ったら置き場所ないがな。

しょうがないのでネットカフェに行ってきた。

あ、30巻と31巻がないw

もうここで最終回でもよかったと言われる春のセンバツ決勝、土佐丸高校との試合。

わかってるなあ、前に借りてる人w

それでは今日はこの辺で。マタンキ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク