特撮

2021/8/30

【イデ隊員追悼】兵庫県立美術館“ウルトラマン55周年 TSUBURAYA EXHIBITION 2021”に行ってきた

ども、MK団2代目団長マタンキ角南です。 兵庫県立美術館に“ウルトラマン55周年 TSUBURAYA EXHIBITION 2021”見に行ってきました。 『ウルトラマン55周年 TSUBURAYA EXHIBITION 2021』 7月13日(火)より兵庫県立美術館にて開催決定! 緊急事態宣言下なのに県跨ぎで兵庫県まで行っちゃって、神戸の人すみません💦 人がいっぱいだったらどうしようかと思ったけど、このご時世のせいなのか、あまり人はいませんでした。 会場には人間サイズのウルトラ6兄弟、巨大サイズのレッド ...

ReadMore

思い出話・雑談

2021/8/28

昭和の生まれの歯並びと虫歯治療

ども、MK団2代目団長マタンキ角南です。 【悲報】歯並びとかいうガチのマジで運要素が強すぎる身体的特徴 1:風吹けば名無し 2021/08/23(月) 04:09:48.07 ID:81c+BZ+p0 ある程度裕福じゃなきゃろくに矯正できんし口くせーし虫歯なりやすいとか最悪やろ 歯並び良くて良かったわ IT速報 今やネットでは 歯並び悪いやつは育ちが悪い 常識になってるけど、昭和の時代そんなこと気にしてるようなやつはいなかった。 みんな自然のまま、といえば聞こえがいいが、基本ほったらかし。 歯磨きだけはき ...

ReadMore

漫画

2021/9/1

【ハマの黒豹】カウンタックを愛しカウンタックとともに散った男

ども、MK団2代目団長マタンキ角南です。 こんな記事を見つけました ランボルギーニ50周年記念 ランボルギーニが50周年を記念し限定112台で伝説の『カウンタック』を現代に復刻 投稿日: 2021.08.14 10:49 8月14日、アウトモビリ・ランボルギーニはアメリカのカリフォルニアで行われているジ・クエイル・モータースポーツ・ギャザリングで、1970年代から80年代にかけたスーパーカーブームの代名詞である『カウンタック』を現代に復活させた限定112台の『ランボルギーニ・カウンタックLPI 800-4 ...

ReadMore

特撮

2021/7/2

【映画】キングコング対ゴジラ見てきた(ただし1962年版)

ども、MK団2代目団長マタンキ角南です。 キングコング対ゴジラの映画を見てきました。 といっても1962年版のキングコング対ゴジラです。 いつもの兵庫県塚口になる塚口サンサン劇場でみてきました キングコング対ゴジラ 4Kリマスター Blu-ray 正直あまりゴジラ映画は見てないんですよ 子どもの頃にゴジラ映画で少々トラウマがありましてw モスラ対ゴジラの映画がトラウマです 母親と楽しみに映画を見に行ったら ウルトラマンもウルトラセブンも出てこない、スペシウム光線もアイスラッガーも見られない……  そんな悲 ...

ReadMore

アニメ 漫画

2021/6/26

【朗報】「様」を付けないと呼べないキャラクターランキングにあのジャギが堂々一位に輝く

ども、MK団2代目団長マタンキ角南です。 こんな記事が出てました。 「様」を付けないと呼べないキャラクターランキング! gooランキング 漫画やアニメの世界には、独特な存在感を放つキャラクターが多数存在します。中でも、圧倒的な権力や能力を持つキャラクターは作中で、“〇〇様”と呼ばれ崇められる存在として描かれることも少なくありません。そこで今回は、「様」を付けないと呼べないキャラクターが誰なのかについてアンケートを行い、ランキングにしてみました。 1位 ジャギ 2位 ラインハルト・フォン・ローエングラム 3 ...

ReadMore

特撮

【映画】キングコング対ゴジラ見てきた(ただし1962年版)

ども、MK団2代目団長マタンキ角南です。

キングコング対ゴジラの映画を見てきました。

といっても1962年版のキングコング対ゴジラです。

いつもの兵庫県塚口になる塚口サンサン劇場でみてきました

正直あまりゴジラ映画は見てないんですよ

子どもの頃にゴジラ映画で少々トラウマがありましてw

モスラ対ゴジラの映画がトラウマです

母親と楽しみに映画を見に行ったら

ウルトラマンもウルトラセブンも出てこない、スペシウム光線もアイスラッガーも見られない…… 

そんな悲しい気持ちで見た映画でした(涙

もう大人になったから平気ですけどw

キングコング対ゴジラとモスラ対ゴジラ、たくさん作られたゴジラ映画でこの二つだけがタイトルでゴジラが後に来るんですね。

何か意味があるのかな?

モスラの時もそうでしたが、ゴジラは悪、キングコングは善みたいなポジションなんですが、これどっちもどっちのような気がします。

今ならどちらも生捕りにして保護しようとすると思います。

 

さてこの映画、特撮技術監督があの特撮の神様円谷英二監督

しかしこの映画を見て、う〜〜〜ん、なんだろうなあ……

やっぱり60年近く昔の映画だなあ。

神様には悪いが60年代前半の日本は特撮技術がまだまだだった!

いや、すごい予算かけてるはずなんだけど、いかんせん約60年前の映画。

ワイがまだ生まれるよりさらに昔、当然と言えば当然。

しかしこの映画からわずか5年後のウルトラマン、ウルトラセブンを見ると特撮技術がものすごく進歩してるのがわかります。

こういう積み重ねが技術大国日本なんですね。

 

この頃の映画ってエキストラの数がすごい多いですね。

CGとか無いからリアリティを出したかったら人をたくさん使え!ってことでしょうか。

その中で気になったのがこの人。

キングコングのいる島の 土人 原住民の中の一人の美女。

役名もなく、セリフらしいセリフもない(原住民の謎の言語を喋るシーンはある)

この人、九重佑三子さんかな?

調べてみると1962年なら九重さんは16歳で女優デビューした直後。

今の16歳と違ってこの頃の高校生(早生まれなのでこの時点で高二)は結構老けて大人の顔つきですからねえ。

ただタバコを咥えるシーンとかもあったりしたのでさすがに違うかな?

いや、昭和30年代ならわからんw

今回色々調べたのですがわからずじまいでした。

もしご存知の方がいたら教えてください。

それでは今日はこの辺で。マタンキ

-特撮

© 2021 MK団のマタンキ日報