アニメ 思い出話・雑談 特撮

2022/6/4

【愛國戦隊】庵野秀明展に行ってきたがあの作品がなかった

ども、MK団2代目団長マタンキ角南です。 大阪あべのハルカスで開かれている庵野秀明展に行ってきました。 うーーーん、でも実を言うと、ふしぎの海のナディアも王立宇宙軍もトップをねらえ!も見てないんだなあ。 エヴァは一応見たけど感想は正直いうと「?????」だった。 最後がねえ……なんかあまり考えてなかったんだろうなって感じで、きちんと終わらせなかったことで。 振りが大きすぎて空振りした感じ。 だがワイは40年前、リアルで日本SF大会に参加しDAIKON FILMを目の当たりにしたとき庵野秀明は天才だと思った ...

ReadMore

特撮

2022/5/25

シン・ウルトラマン見てきた

ども、MK団2代目団長マタンキ角南です。 庵野秀明監督のシンウルトラマン見てきました。 めちゃくちゃ面白かった。 こういうのでいいんだよ。 21世紀の新考察で物語を作るなら、下手にこねくり回したらダメだって。 まあ悪い見本が3ヶ月先に公開された「大怪獣のあとしまつ」ですなw   ところで劇中でも少し触れられていたけど、ウルトラマンのあの体の模様、衣服なのか地肌なのか? 現在の円谷の公式設定がどうかは知りませんが、あれは 地肌の模様 です。 そして顔や指紋が違うように、全く同じ模様をしたウルトラ族 ...

ReadMore

漫画

2022/4/12

ラーメン大好き小池さんの食べているラーメン

ども、MK団2代目団長マタンキ角南です。 藤子不二雄の漫画に登場する、いつもラーメンを食べているキャラといえば小池さん。 初登場はオバケのQ太郎で、実は最初は小池さんじゃなく鈴木さんでした。 小池アパートに下宿している鈴木さんだったのです。 アパートの表札に小池とあったので読者はみんなこの人を小池さんと思い込み、そのうち公式に小池さんと名前が変わったのは有名な話。 ストーリーにはまず絡むことはまずない脇役キャラなのに超有名な人です。 ちなみにオバQは二人の藤子不二雄先生の本当の合作作品で、この小池さんは藤 ...

ReadMore

漫画

2022/3/23

いとしのエリーという男子高校生と美人先生との恋愛漫画

ども、MK団二代目団長マタンキ角南です。 「断りきれず、一線を越えてしまい」女性教師・32歳を懲戒免職 教え子の男子中学生との“過ち”とは 自宅に押しかけてきた14歳下の”教え子” 東京都教育委員会は、今月4日、多摩地域の中学校に勤務する32歳の女性教師を、懲戒免職にしたことを発表した。 処分理由は、2019年3月28日午後10時ごろからのおよそ30分間、当時、勤務していた中学校の男子生徒と、自宅で性行為に及んだことだった。 女性教師(当時29歳)によると、何となく好意を寄せられていることには気づいていた ...

ReadMore

アニメ

2022/3/11

【意識調査】9割以上が「違和感」長寿アニメの“声優交代” で視聴者が求めるものは?

ども、いまだに 栗田ルパンが認められない MK団二代目団長マタンキ角南です。 「長寿アニメの声優交代で違和感をおぼえたことが“ある”」と回答した人は実に93%超。 長寿アニメの声優交代時に視聴者が求めるのは違和感がないことです。 この違和感とは何かというと、その解釈は大きく分けて二つあります。 一つは前の声優さんに声が似ているということ。 もう一つはそのキャラに声が合っているということ。   長寿アニメで声優入れ替え方は、サザエさんやルパン三世のように少しずつ交代するか、ドラえもんのように一気に ...

ReadMore

特撮

【映画】キングコング対ゴジラ見てきた(ただし1962年版)

ども、MK団2代目団長マタンキ角南です。

キングコング対ゴジラの映画を見てきました。

といっても1962年版のキングコング対ゴジラです。

いつもの兵庫県塚口になる塚口サンサン劇場でみてきました

[amazonjs asin="B08ZJSSMKD" locale="JP" title="キングコング対ゴジラ 4Kリマスター Blu-ray"]

正直あまりゴジラ映画は見てないんですよ

子どもの頃にゴジラ映画で少々トラウマがありましてw

母親と楽しみに映画を見に行ったら

ウルトラマンもウルトラセブンも出てこない、スペシウム光線もアイスラッガーも見られない…… 

そんな悲しい気持ちで見た映画でした(涙

もう大人になったから平気ですけどw

キングコング対ゴジラとモスラ対ゴジラ、たくさん作られたゴジラ映画でこの二つだけがタイトルでゴジラが後に来るんですね。

何か意味があるのかな?

モスラの時もそうでしたが、ゴジラは悪、キングコングは善みたいなポジションなんですが、これどっちもどっちのような気がします。

今ならどちらも生捕りにして保護しようとすると思います。

 

さてこの映画、特撮技術監督があの特撮の神様円谷英二監督

しかしこの映画を見て、う〜〜〜ん、なんだろうなあ……

やっぱり60年近く昔の映画だなあ。

神様には悪いが60年代前半の日本は特撮技術がまだまだだった!

いや、すごい予算かけてるはずなんだけど、いかんせん約60年前の映画。

ワイがまだ生まれるよりさらに昔、当然と言えば当然。

しかしこの映画からわずか5年後のウルトラマン、ウルトラセブンを見ると特撮技術がものすごく進歩してるのがわかります。

こういう積み重ねが技術大国日本なんですね。

 

この頃の映画ってエキストラの数がすごい多いですね。

CGとか無いからリアリティを出したかったら人をたくさん使え!ってことでしょうか。

その中で気になったのがこの人。

キングコングのいる島の 土人 原住民の中の一人の美女。

役名もなく、セリフらしいセリフもない(原住民の謎の言語を喋るシーンはある)

この人、九重佑三子さんかな?

調べてみると1962年なら九重さんは16歳で女優デビューした直後。

今の16歳と違ってこの頃の高校生(早生まれなのでこの時点で高二)は結構老けて大人の顔つきですからねえ。

ただタバコを咥えるシーンとかもあったりしたのでさすがに違うかな?

いや、昭和30年代ならわからんw

今回色々調べたのですがわからずじまいでした。

もしご存知の方がいたら教えてください。

それでは今日はこの辺で。マタンキ

-特撮