桜多吾作版グレンダイザー。敵も味方もクズばかり

2024/7/24

原作やアニメにはなかった設定が盛り込まれている桜多吾作版マジンガーシリーズ。 マジンガーZ編、グレートマジンガー編、ともに子ども向け漫画雑誌で連載されていたとは思えない、大人たちの裏切りと欺瞞をちりば ...

【ゴルゴ13】夢の国のトランプヤラセ狙撃

2024/7/18

トランプ銃撃事件 ども、MK団二代目団長マタンキ角南です。 トランプ前大統領が狙撃されました。 幸い弾はトランプ前大統領の耳をかすめただけでしたが、本当に紙一重の出来事でした。 犯人射殺の後、負傷した ...

戦争の犠牲になった上野動物園の27頭の動物たち

2024/7/20

ぼくの動物園日記「27頭のあいつたち」 ぼくの動物園日記とは ぼくの動物園日記は、1972年秋からおよそ2年間ジャンプで連載されていた漫画です。 舞台は東京上野動物園。 主人公西山としおは、かけだしの ...

桜田吾作版グレートマジンガー。戦争と平和、安全保障と兵器ビジネスの物語

2024/7/17

日本政府、自衛隊、警察、マスコミ、そして国民。日本中全てが主人公の敵 剣哲也と炎ジュン、妬みとひがみで歪んだ主人公たち 承認欲求の強い主人公 剣哲也と炎ジュン、二人とも孤児で兜剣造博士にひきとられ、子 ...

桜田吾作版マジンガーZ。永井豪よりおもしろい裏切りと欺瞞の人間ドラマ

2024/7/17

マジンガーZのコミカライズ作品 桜田吾作 この名前を聞いて知ってる人はあまりいないと思います。 ちゃんと読める人も少ないんじゃないでしょうか。 「さくら たごさく」ではなく「おうた ごさく」と読みます ...

漫画

戦争の犠牲になった上野動物園の27頭の動物たち

ぼくの動物園日記「27頭のあいつたち」

ぼくの動物園日記とは

ぼくの動物園日記は、1972年秋からおよそ2年間ジャンプで連載されていた漫画です。

舞台は東京上野動物園。

主人公西山としおは、かけだしの新米の飼育係。

当時上野動物園でカバ園長のあだ名で有名だった西山園長の若かった頃がモデルです。

その西山園長の愛情こもった動物たちの飼育の物語を漫画化した作品です。

第47話「27頭のあいつたち」の巻

当時のジャンプは(今もそうかもしれませんが)終戦の8月になると、各先生たちが戦争をテーマにした話を描かれました。

このころはまだ実際に戦争を経験された作家さんたちが多かったからだろう思います。

かわいそうなぞう あらすじ

むかし日本とアメリカは戦争をしていた時のお話です。

動物園にはたくさんの猛獣がいました。

もしアメリカ軍の空襲でおりが壊され猛獣たちが逃げ出したら危険です。

そこで軍部から猛獣たちを殺処分するように命令が出ました。

飼育係の人たちはやむを得ず、毒の入った餌で動物たちを殺処分していきました。

しかし象だけが毒に気がつき、餌を食べようとしませんでした。

しょうがないので毒を注射しようとしましたが、像の分厚いからだには注射針が通りません。

そこで餌を与えず、餓死させることになりました。

そして17日目にジョンが死にました。

残った2頭もお腹を空かせてやせ細っていきました。

象は餌が欲しく、飼育係の人を見ると芸をするのです。

以前は芸をすると餌がもらえたからです。

しかしその2頭トンキーとワンリーもとうとう最後は亡くなってしましました。

「かわいそうなぞう」は戦争中に本当にあった悲しい話をもとにした名作絵本で、児童文学作家、土家由岐雄による童話です。

人だけでなく、動物たちもまた戦争の犠牲者となったお話です。

実話に基づいた有名な絵本で、これはいろんな漫画やドラマの原作原案にもなっています。

今回紹介した「27頭のあいつたち」や、ドラえもんの映画「ぞうとおじさん」もそうです。

実際に私はこの絵本を読んだことはなく、ゾウの話もジャンプの「ぼくの動物園日記」で読みました。

この回は実際に上野動物園の西山さんや吉岡さん、そしてゾウの飼育係だった菅原さんらにも取材していたのでしょう。

絵本や他の漫画や映画では描かれていないエピソードや、他の動物が殺されるシーンも描かれています。

昭和18年の夏、太平洋戦争の真っ只中。

万が一の東京空襲で動物隊が逃げ出した場合に備え、上野動物園で飼育されている動物たちを殺処分しろという命令が軍より下されたのです。

動物の処分命令

殺処分の順番はくじ引きで決められました。

最初に殺されることになったのはクマのドン。

飼育係が自らの手でドンに餌をやります。

最初ドンは何か違和感を感じて警戒しますが、信じて餌を口にします。

そして

しかし動物たちの殺処分はまだまだ続きます。

毒で死にきれなかったヒグマを8人がかりで1時間かけてしめ殺します。

ベテラン飼育係の篠原さんはこっそりニシキヘビを家に連れ帰ろうとしますが、途中で軍に見つかってしまいます。

その場でころされることになったニシキヘビを「わしが介錯する!」と言って自ら軍刀で首を切り落とします。

実際にニシキヘビは毒殺ではなく刃物で殺されたそうです

そしてとうとうゾウの番がやってきます。

しかし勘のするどいゾウたちは異変に気づき、餌を食べないのです。

ならばと毒を注射しようとするのですが、ゾウの厚い皮に阻まれ注射針が通らない。

結局、ゾウたちは餌も水も与えずに餓死させるしかないとなったのです。

ゾウの飼育係の菅原さんは

「餓死なんて一番残酷な殺し方じゃないですか!」

と泣きながら訴えるもどうしようもない。

そこで新人の井上くんが良いアイデアを思い付きます。

動物を疎開させる

この手があったか!

このアイデアを出した後、井上くんは出兵していきます。

このあいだに菅原さんは家からこっそり家族の配給の芋を餌として与え、ゾウたちの延命を図ります。

しかし1頭目のジョンが餓死

1頭目ジョン死亡

しかもこのあとゾウの疎開計画は軍の許可が降りずに結局中止になります。

園長はこのあまりの残念な知らせを菅原さん言うことができませんでした。

そしてそこに追い打ちをかけるように井上くんが戦死したという訃報も。

そして動物たちは全頭処分が済み、動物たちのお葬式が執り行われていました。

しかし実際には二頭のゾウはまだ生き残っていましたが、それは秘密にされていました。

この時まだ実はゾウだけでなくヒョウも一頭生き残っていた。

その裏でゾウたちは飼育係の菅原さんを見ると芸を始めるのです。

この時になってもまだ菅原さんにはゾウの疎開計画が中止になったことが知らされていませんでした。

もうこれ以上待てない!

このままだと最後に残ったトンキーまで死んでしまう……

そしてその日にとうとう最後にのこったトンキーも……トンキーもしんだ

犠牲になった27頭たちへ

子どものころ、この話をジャンプで読んだとき、私は悲しさのあまり号泣して……

と言いたいところですが、正直何も思いませんでした。

「ふーーーん、そうなんや」とだけでした。

悲しくもなにも感じなかったのです。

だって戦争なんて私が生まれる20年以上前に終わっているのです。

小学生からすれば大昔の話なのです。

ましてや動物が殺されたといわれても

「そんなん知らんがな」

なのです。

でもこれは言い方を変えれば、わたしは平和が当たり前の時代に生まれ、食べるものに困らない豊かな国で育っていたからです。

本当に平和だったら「平和がいいねえ」なんて思わない、そんなこと考えもしない。

いや、ほんとにそうなんですよ。

ところが子どもの頃は何も感じなかったのに、今回「27頭のあいつたち」を読みかえして多くのことが込み上げてきました。

会ったこともない大昔の動物たちの悲劇、そして戦争への怒り。

これって私が大人になったからでしょうか。

いや歳をとってジジイになったのかもしれません。

この動物たちも、いくら非常時とはいえ殺す必要があったのでしょうか。

疎開させることもできなかったとありますが、そんなもんどうにでもなったと思います。

この国はむかしから非常時になるとやることが極端すぎるのです。

27頭の動物たちに合掌。

おすすめ人気記事

1

ジャンプで夏休みに短期連載されたトラウマ漫画 何がトラウマって絵が怖いストーリーが怖い あらすじ3行で 主人公ウシオ少年の周りで、次々と首を切られた猟奇殺人事件が起こる。 ウシオは父親の不審な行動から ...

2

連載46年、ドカベンついに完結! ぶっちゃけ最後の方はネタ切れでした ども。MK団2代目団長マタンキ角南です。 野球マンガの金字塔、ドカベンついに完結しました。 正直さみしいです。 実は結構最近まで読 ...

3

サーキットの狼のライバル、ハマの黒ヒョウ 70年代スーパーカーブームの火付け役になった少年ジャンプの人気漫画サーキットの狼。 主人公、風吹裕也とたたかう多くのライバルたちが登場しました。 そのライバル ...

4

40余年の謎、ギレンは演説で本当は何と言いたかったか? あえて言おう ギレン演説書き起こし全文 まとめサイトから簡単にコピペできるかなと思ったらそうでもなかった。 細かいところが微妙に間違っていたり、 ...

5

日本最初の超能力バトル漫画バビル二世 漫画バビル二世とは ども。MK団2代目団長マタンキ角南です。 先日バビル二世のコミックス(電子書籍)を大人買いしました。 横山光輝といえば「誰もが知ってる漫画を描 ...

6

北斗の拳強さランキングに意義あり これが世間一般の強さランキング ども、MK団2代目団長マタンキ角南です。 数あるジャンプのバトル漫画の最高峰といえば北斗の拳。 1988年の連載終了からすでに35年が ...

7

ガンダム第25話「オデッサの激戦」 2022年、ロシアがウクライナ侵攻を開始した ども、MK団2代目団長マタンキ角南です。 2月24日、ロシア軍がウクライナへ侵攻した。 ロシアは当初48時間で首都キエ ...

8

車田漫画の頂点、聖闘士星矢 聖闘士星矢はアニメ化を見据えた作品だった ども、MK団2代目団長マタンキ角南です。 ジャンプで好きだった漫画家の1人に車田正美がいます。 名前もそうですが、初期は絵柄もきれ ...

9

半世紀未来を予見していたリボンの騎士 性同一性障害を抱えた王女サファイア ども、MK団2代目団長マタンキ角南です。 手塚治虫先生の代表作、リボンの騎士は今から50年以上昔にLGBTトランスジェンダーと ...

10

ライフハックの宝庫だった包丁人味平 その1 困ったらしょう油をかける ども。MK団2代目団長マタンキ角南です。 子どもってマンガで読んだことを実際にやってみようとしますよね。 自分が主人公になりきりた ...

-漫画
-