特撮

2021/8/30

【イデ隊員追悼】兵庫県立美術館“ウルトラマン55周年 TSUBURAYA EXHIBITION 2021”に行ってきた

ども、MK団2代目団長マタンキ角南です。 兵庫県立美術館に“ウルトラマン55周年 TSUBURAYA EXHIBITION 2021”見に行ってきました。 『ウルトラマン55周年 TSUBURAYA EXHIBITION 2021』 7月13日(火)より兵庫県立美術館にて開催決定! 緊急事態宣言下なのに県跨ぎで兵庫県まで行っちゃって、神戸の人すみません💦 人がいっぱいだったらどうしようかと思ったけど、このご時世のせいなのか、あまり人はいませんでした。 会場には人間サイズのウルトラ6兄弟、巨大サイズのレッド ...

ReadMore

思い出話・雑談

2021/8/28

昭和の生まれの歯並びと虫歯治療

ども、MK団2代目団長マタンキ角南です。 【悲報】歯並びとかいうガチのマジで運要素が強すぎる身体的特徴 1:風吹けば名無し 2021/08/23(月) 04:09:48.07 ID:81c+BZ+p0 ある程度裕福じゃなきゃろくに矯正できんし口くせーし虫歯なりやすいとか最悪やろ 歯並び良くて良かったわ IT速報 今やネットでは 歯並び悪いやつは育ちが悪い 常識になってるけど、昭和の時代そんなこと気にしてるようなやつはいなかった。 みんな自然のまま、といえば聞こえがいいが、基本ほったらかし。 歯磨きだけはき ...

ReadMore

漫画

2021/9/1

【ハマの黒豹】カウンタックを愛しカウンタックとともに散った男

ども、MK団2代目団長マタンキ角南です。 こんな記事を見つけました ランボルギーニ50周年記念 ランボルギーニが50周年を記念し限定112台で伝説の『カウンタック』を現代に復刻 投稿日: 2021.08.14 10:49 8月14日、アウトモビリ・ランボルギーニはアメリカのカリフォルニアで行われているジ・クエイル・モータースポーツ・ギャザリングで、1970年代から80年代にかけたスーパーカーブームの代名詞である『カウンタック』を現代に復活させた限定112台の『ランボルギーニ・カウンタックLPI 800-4 ...

ReadMore

特撮

2021/7/2

【映画】キングコング対ゴジラ見てきた(ただし1962年版)

ども、MK団2代目団長マタンキ角南です。 キングコング対ゴジラの映画を見てきました。 といっても1962年版のキングコング対ゴジラです。 いつもの兵庫県塚口になる塚口サンサン劇場でみてきました キングコング対ゴジラ 4Kリマスター Blu-ray 正直あまりゴジラ映画は見てないんですよ 子どもの頃にゴジラ映画で少々トラウマがありましてw モスラ対ゴジラの映画がトラウマです 母親と楽しみに映画を見に行ったら ウルトラマンもウルトラセブンも出てこない、スペシウム光線もアイスラッガーも見られない……  そんな悲 ...

ReadMore

アニメ 漫画

2021/6/26

【朗報】「様」を付けないと呼べないキャラクターランキングにあのジャギが堂々一位に輝く

ども、MK団2代目団長マタンキ角南です。 こんな記事が出てました。 「様」を付けないと呼べないキャラクターランキング! gooランキング 漫画やアニメの世界には、独特な存在感を放つキャラクターが多数存在します。中でも、圧倒的な権力や能力を持つキャラクターは作中で、“〇〇様”と呼ばれ崇められる存在として描かれることも少なくありません。そこで今回は、「様」を付けないと呼べないキャラクターが誰なのかについてアンケートを行い、ランキングにしてみました。 1位 ジャギ 2位 ラインハルト・フォン・ローエングラム 3 ...

ReadMore

漫画

【トラウマ】ジョージ秋山_灰になる少年

ども。MK団2代目団長マタンキ角南です。

コロナ騒ぎでずっと自宅に篭城してましたが、終息宣言が出た途端日本列島は夏に突入しました。

まだ6月なのに冷房を入れないと熱中症になりそうです。

さて私が毎年夏になると思い出す漫画がジョージ秋山「灰になる少年」です。

今から40年以上昔に少年ジャンプで夏休み中に10週の短期集中連載していたホラー作品です。

最初から10週完結の予定で、けっして10週打ち切りではありませんw

夏休みに読んだこの漫画が怖くて怖くて。心臓バクバクしながら一人部屋の隅っこの方で読んでいました。

この漫画がトラウマになっていて、特に最終回1話前の最後のコマで首を切り落とされた父親の姿が今も脳裏に焼き付いて離れません。

 

以下ネタバレを含みます


少年(主人公)の周りで、首が切り落とされ、血が吸い取られているという猟奇殺人事件が次々と起こった。

普段は温厚で優しい父親が、時々恐ろしい表情で自分の母親を睨みつけることがあり、少年は自分の父親が犯人ではないかと疑うようになる。

最初は半信半疑だったが、徐々にその疑いが濃厚になっていき、さらに犯人は奇怪なミイラのような化け物だったことがわかった。

そしてその化け物の正体が父親なのではないか?

少年は父が次の殺すのは自分の母親にちがいないと思いはじめた。

そしてとうとう入院している母親を殺そうとしてる現場に遭遇してしまう。

少年は一旦父親から逃げたが、母親を助けに戻ることになる。

するとそこには少年が予想していない恐ろしいことが起こっていた。

そこには母親ではなく、首を切り落とされた父親が立っていたのだ。
(これが最終回1話前のラストのコマでめちゃトラウマ。この絵は怖いので紹介できない)

父親は首を切り落とされた状態で、少年に手紙を渡した。

手紙に書かれたいた真実は 母親こそが吸血殺人鬼で、父親はそれを止めようとしていた のだった。

それこそ自分の妻を殺しても……

母親は自分では血を作れない難病で、定期的に輸血をしないと体に血液がなくなり、ミイラのように萎びていく。

それが殺人鬼吸血ミイラの正体だった。

だが血を飲むと元の姿に戻る。

母親は自分が血を飲むために無意識のうちに猟奇殺人を続けていたのだった。

だがこれ以上母親に人殺しを続けさせるわけにはいかない。

父親は殺人を止めるために母親を殺そうとしたが、逆に首を切られ殺されてしまったのだった。

少年は父親の遺言に従い、眠っている母親を殺すことにした。

吸血鬼ドラキュラを殺すように心臓に杭を打ち込むと、母親は灰になって消えてしまった。

だが物語はそれだけでは終わらない。

少年も母親と同じ血液を作れない病気の持ち主だった。

怪我をして大量出血した少年は母親と同じように体がミイラのようにしなびていき、血を吸うために人を襲っていった。

少年は事件を追っていた刑事に銃で撃たれ、やがて身体中の血がなくなり灰となって消えてしまった。

2020年5月、ジョージ秋山先生(77)死去。ご冥福を祈ります。

-漫画
-

© 2021 MK団のマタンキ日報