アニメ

2024/5/22

【京都】金曜ロードショーとジブリ展行ってきた

金曜ロードショーとジブリ展 京都岡崎の京セラ美術館 京都岡崎の美術館。 今は名称が京セラ美術館なんですね。 長い間来なかったら随分変わってしまっててびっくりしました。 ただいま京都市京セラ美術館で金曜ロードショーとジブリ展を開催しております。 金曜ロードショーとジブリ展 なお当日いきなり行っても予約制なので入れませんのでご注意ください。 今回展示の内容はというと今まであったジブリ展とは少し……いや、かなり違いました。 よくあるジブリの歴史や映画の資料とかの展示は最小限にして、かわりに撮影スポットがいっぱい ...

ReadMore

思い出話・雑談

2024/5/3

ゴルゴ13の最終回と太陽にほえろ

ゴルゴ13の最終回 ゴルゴ13の名前を呼ぶときの作法 ゴルゴ13の主人公のことを「ゴルゴ」と呼ぶのはニワカです。 彼を呼ぶ時は1回目は「ゴル……あ、いやデューク東郷」と呼び、2回目以降は「デューク東郷」と呼ぶのが正しい作法です。 でも面倒くさくなったらゴルゴでもよろしい。 最終回の原稿にまつわる都市伝説 ども。MK団2代目団長マタンキ角南です。 ゴルゴ13の最終回に関する都市伝説で、実は最終回の原稿は既に描かれていて、さいとうプロダクションの金庫にしまってあるという話があります。 まあよく出来た話ですが、 ...

ReadMore

漫画

2024/5/14

リングにかけろ!黄金の日本Jrスーパーブローまとめ

黄金の日本Jrたちのスーパーブロー 習得時期時系列 習得時期高嶺竜児剣崎順河合武士志那虎一城香取石松チャンピオンカーニバル編(Jr全国大会)ブーメランフックローリングサンダー日米Jr決戦編影道編ブーメランスクエアー(未完成)ジェットアッパースペシャルローリングサンダーハリケーンボルトJr世界大会編ブーメランスクエアー(完成)ギャラクティカマグナム(前期型)ギャラクティカファントムギリシア12神編テリオスジェットラベンダー円月拳スパイラルハリケーン阿修羅編ギャラクティカマグナム(後期型)世界タイトルマッチ編 ...

ReadMore

思い出話・雑談

2024/4/6

アストロ球団まとめ(4)ライバルたち

アストロの前に立ちはだかったライバルたち 巨人 王貞治 言わずと知れた世界のホームラン王。 連載が始まった年の昭和47年には、ホームラン48本、打点104点の二冠。他にもダイヤモンドグラブとベストナイン受賞。 アストロ結成の昭和48年には三冠王(ホームラン51本、打点111点、打率.355)とMVPにダイヤモンドグラブとベストナインと全てのタイトルを総なめにした。 まさに日本球界最強のバッターで、アストロ超人と戦った唯一の実在の人物でもあった。 しかし作中ではアストロ超人の完全な噛ませポジションだった。 ...

ReadMore

思い出話・雑談

2024/5/22

【ドーベルマン刑事】大阪のゲタばき刑事 宮武鉄二

服部平次になれなかった男 宮武鉄二、登場! ドーベルマン刑事には途中から、大阪からやってきたゲタばき刑事こと宮武鉄二がレギューラーとして登場します。 普段は1話完結形式のドーベルマン刑事ですが、この宮武初登場は前中後編の3週にわたっての話になります。 初登場の話は大阪と東京の暴力団同士の抗争話「ゲタばき刑事!」に登場 主人公と互角かそれ以上の実力をもつライバルの登場!! こいつが後の服部平次かーーーーー!? いやいやいやいや、これ大阪人怒っていいぞ いくら昭和でもカンカン帽に楊枝くわえて、腹巻きに下駄履き ...

ReadMore

漫画

【リボンの騎士】トランスジェンダー王女による女系の王位継承問題

半世紀未来を予見していたリボンの騎士

性同一性障害を抱えた王女サファイア

ども、MK団2代目団長マタンキ角南です。

手塚治虫先生の代表作、リボンの騎士は今から50年以上昔にLGBTトランスジェンダー女系による王位継承問題を扱った作品です。

手塚治虫先生は我々の50年以上先を行ってました。さすがとしか言いようがないです。

あらすじ3行で

「女は王位につけない」という法律のあるシルバーランドに、トランスジェンダー(性同一性障害)の王女サファイアが誕生した。

様々な戦いの末、法律は改正され、女王となったサファイアは隣国ゴールドランドのフランツ王子と結婚。

シルバーランドはゴールドランドに併合され、めでたしめでたし。

めでたしめでたし……ん、いいのかこれ?

いやいや、さすがにこれはあきませんわ、手塚先生w

わかりやすく日本の例に置き換えると、愛子様が皇位を継承し、隣国の金王朝(ゴールドランド)の王子と結婚して日本が北朝鮮に併合されることになるという、ネトウヨじゃなくても発狂しそうな極左思想漫画です。

まあそれはさておき(さておいていいのか?)今回読み直して気になったことは、サファイアの恋のお相手となるゴールドランドのフランツ王子の人間性に関してです。

アニメ版フランツ王子

アニメでは手塚スターシステムのロックがフランツを演じていますが、漫画では別の人(名前知らない)です。

漫画版フランツ王子

なかよしに連載されていたのでサファイアとフランツ王子の恋愛もストーリーに大きなウェイトを占めています。

人格に問題にある隣国の王子フランツ

でもこのフランツ王子、ちょっと性格に問題があるような気がします。

亜麻色の髪の乙女(実はサファイアの変装)に恋をするのですが、その一方で誤解とはいえサファイアに対して酷い態度をとります。

フランツ王子-1
フランツ王子-2

けっこう酷い言葉で相手を侮辱したり

フランツ王子-3

証拠もないのに人を疑ったり

フランツ王子-4

自分の思い通りにならないと脅迫したりと。

サファイアは、これまで自分を何度も殺そうとしてきたナイロン卿が死刑になりかけのところを助けたりしますが

ナイロンを助けるサファイア

一方、フランツは

冷酷な王子フランツ

結構冷たいです。

ナイロンは確かに酷いやつだけど、人として器小さすぎないか、フランツ王子。 

でも亜麻色の髪の少女=サファイアとわかると急に態度を変えたりします 

手のひら返しのフランツ

手のひらクルーっです(笑)

一国の王子という身分でありながら、これって人としてどうよ?って感じです。

漢と呼ぶに相応しい海賊ブラッド

フランツ王子に対して海賊ブラッドという男がいます。

海賊ですが実にいい男です。

海を漂流していたサファイアを助けるのですが、そのサファイアに一目惚れします。

サファイアにプロポーズする海賊ブラッド

超どストレートなプロポーズ!

でもサファイアはフランツのことが好きで申し出を断ってしまうのです。

ブラッドはフラれたにもかかわらず、その後何度も何度も命がけでピンチのサファイアを助けたりします。

最期は自分も毒矢でケガをしているのに1回分しかない解毒剤は自分ではなくサファイアに使ってくれといって亡くなりました。

命懸けでサファイアを助ける海賊ブラッド

男の中の男という言葉がぴったり。

今なら男というよりと呼ばれることでしょう。

実はこの海賊ブラッド、先のフランツ王子の生き別れの兄だったりします。

同じ兄弟でも絶対こいつの方が男らしいぜ。

物語の最後はサファイアは性同一性障害を解消し、女の子の心だけを持つ女王となってフランツと結婚。

シルバーランドとゴールドランドは併合されて一つの国になりましたとさ。

ほんとにそれでよかったのか?シルバーランドの国民たちよ!?

なおこのリボンの騎士、公式のリメイク版がたくさん出ています。

いろいろありますがどれも原形とどめてないような……いいのかこれw

でも機会があったら読んでみよう

それでは今日はこの辺で。マタンキ

-漫画
-, ,