漫画

2021/1/23

【リボンの騎士】トランスジェンダーと女系による王位継承

ども、MK団2代目団長マタンキ角南です。 「性に違和感」同意なくHPに 園児両親、削除求め提訴: 自分は女の子なのに、体が男の子――。そう話す、大津市立保育園に通う園児(6)の性別への違和感や受診歴が、同意のないままホームページで公開されているとして、両親が市に情報の削除を求めて大津地裁に提訴した。園児をめぐっては、ほかの園児からのいじめ行為に対する対応が不十分だったとして、市が両親に謝罪。両親は、性的少数者の子どもに対する市側の無理解を訴えている。(新谷〈しんや〉千布美) 訴状によると、受診歴などが公開 ...

ReadMore

アニメ 漫画

2021/1/21

聖闘士星矢でユニコーン邪武がレギュラーに入らなかったのが不憫でしょうがない

ども、MK団2代目団長マタンキ角南です。 ジャンプで好きだった漫画家の1人に車田正美がいます。 名前もそうですが、初期は絵柄もきれいで線が優しかったので女性漫画家かもと思っていた時期がありました。 おまけにこんなのもあったしw まあ今から考えたらどう見ても男なんですけどね 小学生の時はだまされましたw さてその車田先生の代表作聖闘士星矢がアニメ化されたのが80年代後半 すでに私は大学生から社会人になろうとしていた頃です まあとっくにジャンプは卒業していたのですが、それでも聖闘士星矢と男塾は読んでました。 ...

ReadMore

アニメ 漫画

2021/1/13

サヨナラ銀河鉄道999アンドロメダ終着駅を見てきた

ども、MK団2代目団長マタンキ角南です。 さて今回は前回に続き、大阪にある塚口サンサン劇場というミニシアターでサヨナラ銀河鉄道999アンドロメダ終着駅の映画を見てきました。 今から40年前、団長が中学高校生の頃、松本アニメ映画は夏休みの風物詩でした。 学年 松本零士アニメ映画タイトル 中学1年(1977年夏) 宇宙戦艦ヤマト 中学2年(1978年夏) さらば宇宙戦艦ヤマト 中学3年(1979年夏) 宇宙戦艦ヤマト新たなる旅立ち1979年7月31日テレビSP、 銀河鉄道999(The Galaxy Expr ...

ReadMore

アニメ 漫画

2021/1/21

【銀河鉄道999】メーテルって結局クローン人間だよね?

ども、MK団2代目団長マタンキ角南です。 最近映画を見るのが趣味になってきてました。 今までは年に数本、それも話題になってる映画ばかりだったのですが、去年から大型シネコンではやらないマニアックな映画や昔の映画をミニシアターと呼ばれる映画館に見に行ったりするようになりました。 去年はあの銀河鉄道999を見にいきました。 名作だけに全国のミニシアターでは時々上映してるみたいです。 2021年1月31日 BS12 日曜アニメ劇場で放映予定 銀河鉄道999はご存知の通り、星野鉄郎と謎の美女メーテルが、機械の体をタ ...

ReadMore

思い出話・雑談

2021/1/4

【2021年】21世紀もすでに1/5が過ぎたわけだが

あけましておめでとうございます MK団2代目団長マタンキ角南です 2021年、21世紀になってすでに20年、つまり1/5が過ぎました はぁ〜、時間の流れるのは早いですねえ ついこの前、2000年のミレニアムカウントダウンとかしていたような気がするんですが 昭和の子どもたちはみんなノストラダムスを信じていて、人類に21世紀はないものだと思ってました。 【ノストラダムスの大予言】著者・五島勉氏 _子供たちに謝りたい ... もし仮に21世紀を迎えることが出来たら、それはきっとSF映画やアニメに出てくるような未 ...

ReadMore

思い出話・雑談

グリコ・森永事件でワイの親父が警察の取調べを受けた話

ども。MK団2代目団長マタンキ角南です。

先日、罪の声(小栗旬・星野源主演)という映画を見てきました。

今から40年近く前に起こったグリコ森永事件を元に作られた映画です。

グリコ・森永事件は我々世代なら誰もが知っている事件で、当時は劇場型犯罪としてマスコミを賑わせました。

この時犯人グループがグリコ・森永に要求した1億という金額ですが、当時のプロ野球選手最高年棒がロッテ落合の1億だったので、現在の価値に直すと大体5億から6億ぐらいと思われます。

その事件の実際にあった話で、現金の受け渡し方法を電話で指示をする際に、テープに録音された子どもの声が使われました。

今回の映画は、その時の子どもが大人になった話です。

以下、ネタバレらしいネタバレは書きませんでのご安心ください。

平穏無事に過ごしていた主人公が、押し入れから出てきた古いカセットテープを聞いて、昔意味もわからずに原稿を読んでテープに録音された記憶が蘇ります。

その声が40年前のグリコ・森永事件(映画の中では架空の別の事件名が使われている)という大事件の脅迫電話に使われていたことを知り、そのことを主人公は悩み、自分の他にも声を使われた子どもがいると言うことで、その子たちの探しに行くというストーリーです。

実際の事件を映画やドラマにすると、強引な解釈や必要以上の演出をしてしまうものですが、この映画はその辺の塩梅というか上手くシナリオに仕上がってます。

ただ気になったのは、そんな重大犯罪に知らずに関わっていたことに悩み苦しむ声の主たちですが、普通の感覚なら「まあ昔の話だし。知らなかったし」で流しちゃうと思うんですけどね。ちがうかな?

まあそこまで言い出すと映画にならないのでこれはこれでいいでしょう。

さて実際のグリコ・森永事件

統率の取れた慎重な行動、警察の尾行をまいたりと、ちょっと素人ではマネ出来ないかなり訓練された組織的犯罪集団だと言われてました。

そのため今でも某国の諜報機関や工作員による犯行説があります。

本で読んだ団長の好きな細かい話で、刑事が電車の隣の車両から犯人らしき男を見張っていたところ、いつの間にか腕時計を左手から右手に付け替えていたことに気がついた。

実はそれが他のメンバーへのサインだったという話。

隣の車両にいる警察に気がつく犯人もすごいし、隣の車両からそんなサインを見破る警察もすごい。

そういう普通の人なら絶対に気がつかないような細かい動きにも、警察と犯人の息詰まる攻防があったんだと感心した記憶があります。

今回の映画では録音された声がそのまま使われていた描写になってましたが、実際は子どもの声とはいえ特定されにくくするためにテープの速度を少し細工していました。

今ならデジタル処理で簡単ですが、そんなものはない昭和の時代。

どうするかというと、まずラジカセの電池の1本を反対に入れて電圧を下げてテープ速度を遅くします。

そしてその遅いスピードで録音して、普通に再生すると少し早口で高い声になるという、そういう細かい細工を施したそうです。

はえ〜、そんなこと思いもつかないし、そもそもそこまでやろうとは思わんわ。

やっぱり某国の工作機関の仕業かねえ。

 

事件も後期になると、側から見ても犯人グループのgdgd感があって、当時でも仲間割れしたとか組織の中の人が変わったとか、いろいろ言われてました。

映画ではその辺も上手く描かれてました。

その後期でもまだ犯人側もなんとかしようとしていた感があったのが京都伏見で起こった事件です。

グリコ森永に次いで今度はハウス食品から1億脅し取ろうとした事件でした。

実はこの時の件で団長の親父の経営する工場に警察が来たことがあります。

当時うちの親父は京都伏見で工場を経営しており、なんと受け渡し場所に指定されたファミレスでその時刻に客として食事をしていたのです。

結局この時も犯人は捕まらなかったのですが、その5年後ぐらいに工場に刑事さんがやってきてうちの親父からいろいろ話を聞いたそうです。

「わいは犯人ちゃいまっせw5年前のタイムカードと日報は残ってますんでこれアリバイになりますよね」

「あ、大丈夫です。社長さんが犯人とはなんの関係もないことはもう調べがついてますんで」

「そうですか、あははは……(いつ何を調べたんやろ?)」

刑事さんたちは疑ってないと言いながらも親父だけじゃなく全社員のタイムカードと日報を念入りに確認していたとか。

そしてさらに、犯人が乗り捨てたと思われる自動車から、旋盤で削られた数mmの小さな金属片のようなものがあったらしく、親父の工場からいらない鉄板をいくつか貰って帰ったそうです。

警察は5年も経ってまだ犯人逮捕のために、小さな金属片の情報を調べてるんだと少し驚いたのを覚えています。(※犯人の車から金属片が出たという情報はたぶん報道されてないので、ここだけの話です)

あとで親父は社員さんたちから「社長、1億あるんやったらボーナスはずんでくださいよ」っていじられたらしい。

それでは今日はこの辺で。マタンキ

-思い出話・雑談
-

© 2021 MK団のマタンキ日報