アニメ

2024/5/22

【京都】金曜ロードショーとジブリ展行ってきた

金曜ロードショーとジブリ展 京都岡崎の京セラ美術館 京都岡崎の美術館。 今は名称が京セラ美術館なんですね。 長い間来なかったら随分変わってしまっててびっくりしました。 ただいま京都市京セラ美術館で金曜ロードショーとジブリ展を開催しております。 金曜ロードショーとジブリ展 なお当日いきなり行っても予約制なので入れませんのでご注意ください。 今回展示の内容はというと今まであったジブリ展とは少し……いや、かなり違いました。 よくあるジブリの歴史や映画の資料とかの展示は最小限にして、かわりに撮影スポットがいっぱい ...

ReadMore

思い出話・雑談

2024/5/3

ゴルゴ13の最終回と太陽にほえろ

ゴルゴ13の最終回 ゴルゴ13の名前を呼ぶときの作法 ゴルゴ13の主人公のことを「ゴルゴ」と呼ぶのはニワカです。 彼を呼ぶ時は1回目は「ゴル……あ、いやデューク東郷」と呼び、2回目以降は「デューク東郷」と呼ぶのが正しい作法です。 でも面倒くさくなったらゴルゴでもよろしい。 最終回の原稿にまつわる都市伝説 ども。MK団2代目団長マタンキ角南です。 ゴルゴ13の最終回に関する都市伝説で、実は最終回の原稿は既に描かれていて、さいとうプロダクションの金庫にしまってあるという話があります。 まあよく出来た話ですが、 ...

ReadMore

漫画

2024/5/14

リングにかけろ!黄金の日本Jrスーパーブローまとめ

黄金の日本Jrたちのスーパーブロー 習得時期時系列 習得時期高嶺竜児剣崎順河合武士志那虎一城香取石松チャンピオンカーニバル編(Jr全国大会)ブーメランフックローリングサンダー日米Jr決戦編影道編ブーメランスクエアー(未完成)ジェットアッパースペシャルローリングサンダーハリケーンボルトJr世界大会編ブーメランスクエアー(完成)ギャラクティカマグナム(前期型)ギャラクティカファントムギリシア12神編テリオスジェットラベンダー円月拳スパイラルハリケーン阿修羅編ギャラクティカマグナム(後期型)世界タイトルマッチ編 ...

ReadMore

思い出話・雑談

2024/4/6

アストロ球団まとめ(4)ライバルたち

アストロの前に立ちはだかったライバルたち 巨人 王貞治 言わずと知れた世界のホームラン王。 連載が始まった年の昭和47年には、ホームラン48本、打点104点の二冠。他にもダイヤモンドグラブとベストナイン受賞。 アストロ結成の昭和48年には三冠王(ホームラン51本、打点111点、打率.355)とMVPにダイヤモンドグラブとベストナインと全てのタイトルを総なめにした。 まさに日本球界最強のバッターで、アストロ超人と戦った唯一の実在の人物でもあった。 しかし作中ではアストロ超人の完全な噛ませポジションだった。 ...

ReadMore

思い出話・雑談

2024/5/22

【ドーベルマン刑事】大阪のゲタばき刑事 宮武鉄二

服部平次になれなかった男 宮武鉄二、登場! ドーベルマン刑事には途中から、大阪からやってきたゲタばき刑事こと宮武鉄二がレギューラーとして登場します。 普段は1話完結形式のドーベルマン刑事ですが、この宮武初登場は前中後編の3週にわたっての話になります。 初登場の話は大阪と東京の暴力団同士の抗争話「ゲタばき刑事!」に登場 主人公と互角かそれ以上の実力をもつライバルの登場!! こいつが後の服部平次かーーーーー!? いやいやいやいや、これ大阪人怒っていいぞ いくら昭和でもカンカン帽に楊枝くわえて、腹巻きに下駄履き ...

ReadMore

思い出話・雑談

グリコ・森永事件でワイの親父が警察の取調べを受けた話

ども。MK団2代目団長マタンキ角南です。

先日、罪の声(小栗旬・星野源主演)という映画を見てきました。

今から40年近く前に起こったグリコ森永事件を元に作られた映画です。

グリコ・森永事件は我々世代なら誰もが知っている事件で、当時は劇場型犯罪としてマスコミを賑わせました。

この時犯人グループがグリコ・森永に要求した1億という金額ですが、当時のプロ野球選手最高年棒がロッテ落合の1億だったので、現在の価値に直すと大体5億から6億ぐらいと思われます。

その事件の実際にあった話で、現金の受け渡し方法を電話で指示をする際に、テープに録音された子どもの声が使われました。

今回の映画は、その時の子どもが大人になった話です。

以下、ネタバレらしいネタバレは書きませんでのご安心ください。

平穏無事に過ごしていた主人公が、押し入れから出てきた古いカセットテープを聞いて、昔意味もわからずに原稿を読んでテープに録音された記憶が蘇ります。

その声が40年前のグリコ・森永事件(映画の中では架空の別の事件名が使われている)という大事件の脅迫電話に使われていたことを知り、そのことを主人公は悩み、自分の他にも声を使われた子どもがいると言うことで、その子たちの探しに行くというストーリーです。

実際の事件を映画やドラマにすると、強引な解釈や必要以上の演出をしてしまうものですが、この映画はその辺の塩梅というか上手くシナリオに仕上がってます。

ただ気になったのは、そんな重大犯罪に知らずに関わっていたことに悩み苦しむ声の主たちですが、普通の感覚なら「まあ昔の話だし。知らなかったし」で流しちゃうと思うんですけどね。ちがうかな?

まあそこまで言い出すと映画にならないのでこれはこれでいいでしょう。

さて実際のグリコ・森永事件

統率の取れた慎重な行動、警察の尾行をまいたりと、ちょっと素人ではマネ出来ないかなり訓練された組織的犯罪集団だと言われてました。

そのため今でも某国の諜報機関や工作員による犯行説があります。

本で読んだ団長の好きな細かい話で、刑事が電車の隣の車両から犯人らしき男を見張っていたところ、いつの間にか腕時計を左手から右手に付け替えていたことに気がついた。

実はそれが他のメンバーへのサインだったという話。

隣の車両にいる警察に気がつく犯人もすごいし、隣の車両からそんなサインを見破る警察もすごい。

そういう普通の人なら絶対に気がつかないような細かい動きにも、警察と犯人の息詰まる攻防があったんだと感心した記憶があります。

今回の映画では録音された声がそのまま使われていた描写になってましたが、実際は子どもの声とはいえ特定されにくくするためにテープの速度を少し細工していました。

今ならデジタル処理で簡単ですが、そんなものはない昭和の時代。

どうするかというと、まずラジカセの電池の1本を反対に入れて電圧を下げてテープ速度を遅くします。

そしてその遅いスピードで録音して、普通に再生すると少し早口で高い声になるという、そういう細かい細工を施したそうです。

はえ〜、そんなこと思いもつかないし、そもそもそこまでやろうとは思わんわ。

やっぱり某国の工作機関の仕業かねえ。

 

事件も後期になると、側から見ても犯人グループのgdgd感があって、当時でも仲間割れしたとか組織の中の人が変わったとか、いろいろ言われてました。

映画ではその辺も上手く描かれてました。

その後期でもまだ犯人側もなんとかしようとしていた感があったのが京都伏見で起こった事件です。

グリコ森永に次いで今度はハウス食品から1億脅し取ろうとした事件でした。

実はこの時の件で団長の親父の経営する工場に警察が来たことがあります。

当時うちの親父は京都伏見で工場を経営しており、なんと受け渡し場所に指定されたファミレスでその時刻に客として食事をしていたのです。

結局この時も犯人は捕まらなかったのですが、その5年後ぐらいに工場に刑事さんがやってきてうちの親父からいろいろ話を聞いたそうです。

「わいは犯人ちゃいまっせw5年前のタイムカードと日報は残ってますんでこれアリバイになりますよね」

「あ、大丈夫です。社長さんが犯人とはなんの関係もないことはもう調べがついてますんで」

「そうですか、あははは……(いつ何を調べたんやろ?)」

刑事さんたちは疑ってないと言いながらも親父だけじゃなく全社員のタイムカードと日報を念入りに確認していたとか。

そしてさらに、犯人が乗り捨てたと思われる自動車から、旋盤で削られた数mmの小さな金属片のようなものがあったらしく、親父の工場からいらない鉄板をいくつか貰って帰ったそうです。

警察は5年も経ってまだ犯人逮捕のために、小さな金属片の情報を調べてるんだと少し驚いたのを覚えています。(※犯人の車から金属片が出たという情報はたぶん報道されてないので、ここだけの話です)

あとで親父は社員さんたちから「社長、1億あるんやったらボーナスはずんでくださいよ」っていじられたらしい。

それでは今日はこの辺で。マタンキ

-思い出話・雑談
-