アニメ

2021/11/10

「声」の初恋は太田淑子さん

ども、MK団2代目団長マタンキ角南です。 団長が子どもの頃大好きだった声優さんが太田叔子さんです。 この人の中性的で、少し幼い感じの不思議な声が好きでした。 アニメの声で有名なのはジャングル大帝レオ、ひみつのアッコちゃん、新オバケのQ太郎の正ちゃん、ドラえもん(日テレ版)のび太、ヤッターマン1号、などなど。 中でも一番好きだったのがリボンの騎士のサファイアです。 漫画のヒロインへの初恋があったとすれば、団長はサファイアでした。 太田さんの中性的な声がトランスジェンダーだったサファイア王子(サファイア姫)に ...

ReadMore

アニメ

2021/10/29

【ルパン三世50周年記念】カリオストロの城は何度でも見られる映画

ども、MK団2代目団長マタンキ角南です。 ルパン三世50周年記念で、ただいま全国で特別上映されているカリオストロの城(4K+7.1ch)観てきました。 https://www.toho.co.jp/ ルパン三世カリオストロの城といえば、日本に ロリコン という言葉を定着させた名作アニメです。 クラリスの年齢が推定16〜17歳、伯爵が推定40歳。 どこからどう見てもロリコンですw あとこまかい豆知識として、アルセーヌ・ルパンシリーズに「カリオストロ伯爵夫人」という作品があって、そこに登場する仇敵がカリオスト ...

ReadMore

漫画

2021/10/6

【ゴルゴ13】「死闘ダイヤカットダイヤ」に登場する偏屈な職人のジジイがたまらなく渋い

ども、MK団2代目団長マタンキ角南です。 団長が一番長く読み続けてる漫画がゴルゴ13です。 連載から50年以上経ち、連載期間と発行巻数でギネス記録更新中の漫画です。 「ゴルゴ13」がギネス世界記録に 作者「正直驚き」:朝日新聞デジタル  よく主人公のことを「ゴルゴ」もしくは「ゴルゴ13」と呼ぶ人がいますが、団長はそれはニワカだと思ってます。 主人公の名前を呼ぶ時は、1回目はゴル……あ、いやデューク東郷と呼び、2回目以降はデューク東郷というのが正しい作法です(笑 それからよくある間違いで、デューク東郷の職業 ...

ReadMore

特撮

2021/10/6

【イデ隊員追悼】兵庫県立美術館“ウルトラマン55周年 TSUBURAYA EXHIBITION 2021”に行ってきた

ども、MK団2代目団長マタンキ角南です。 兵庫県立美術館に“ウルトラマン55周年 TSUBURAYA EXHIBITION 2021”見に行ってきました。 『ウルトラマン55周年 TSUBURAYA EXHIBITION 2021』 7月13日(火)より兵庫県立美術館にて開催決定! 緊急事態宣言下なのに県跨ぎで兵庫県まで行っちゃって、神戸の人すみません💦 人がいっぱいだったらどうしようかと思ったけど、このご時世のせいなのか、あまり人はいませんでした。 会場には人間サイズのウルトラ6兄弟、巨大サイズのレッド ...

ReadMore

思い出話・雑談

2021/8/28

昭和の生まれの歯並びと虫歯治療

ども、MK団2代目団長マタンキ角南です。 【悲報】歯並びとかいうガチのマジで運要素が強すぎる身体的特徴 1:風吹けば名無し 2021/08/23(月) 04:09:48.07 ID:81c+BZ+p0 ある程度裕福じゃなきゃろくに矯正できんし口くせーし虫歯なりやすいとか最悪やろ 歯並び良くて良かったわ IT速報 今やネットでは 歯並び悪いやつは育ちが悪い 常識になってるけど、昭和の時代そんなこと気にしてるようなやつはいなかった。 みんな自然のまま、といえば聞こえがいいが、基本ほったらかし。 歯磨きだけはき ...

ReadMore

漫画

こちら葛飾区亀有公園前派出所、略して「こちらカツシカク」

ども。MK団2代目団長マタンキ角南です。

長年ジャンプで連載されてきた「こちら葛飾区亀有公園前派出所」が終わりました。

連載が始まったのは団長が小学校6年生のときです。

ちょうどスーパーカーブーム真っ盛りの時でした。

 

第1話とされている作品は、実は新人賞の入選作で掲載された物です。

当時ジャンプではストーリーマンガの手塚賞、ギャグマンガの赤塚賞、そしてもうひとつの新人賞がありました。

3大○○で思い出せない3つ目の賞ですw

でも便利な世の中になりました。

検索したら「月例ヤングジャンプ賞入選作品」とありました。

初めて読んだときはあまりのおもしろさにジャンプを抱えて大笑いしてましたね。

さすがあの人気マンガ、がきデカの作者たつひこです。

団長はジャンプしか読んでなかったんでチャンピオン連載のがきデカはコミックス立ち読みだけでした。

なんかちょっと絵やストーリーの雰囲気は違うけど、おもしろいんだからまあいいや。

あんな人気漫画家でもジャンプに載るには新人と同じ扱いなんだ。

これってジャンプがすごいのか、作者がものすごく謙虚なのか。

しっかし長いタイトルですね。

こちらかつしかくかめありこうえんまえはしゅつしょ

覚えるだけで大変です。

略そう。派出所がいいかな。あ、でも「はしゅつしょ」ってちょっと発音し難いし、聞いた方もマンガのタイトルなのか何なのかわかり難い。

よしこちらカツシカクでいいや。以下こちらカツシカクで。

 

昔はこんな絵柄だったんですね。

img_99

ネットで見つけたんですが、いまはセリフとか表現が多少改変されているんですね。

color1

ぶっ殺すぞ→おこるぞ

てめえみてえな百姓→てめえみてえなやつ

新潟で米でも作ってろ→まったくもう

なるほど。

大人になった今読み返すと、絶対昔のバージョンの方が毒が効いていておもしろいですが、多分子どもの頃はそんな微妙なニュアンスは理解してなかったと思います。

地方から上京してきて、おまわりさんに道を尋ねたら理不尽に怒られた

子どもの頃はここが笑いのツボだったんです。

改変でつまらなくなったと思うのは読者が大人になってちょっと強めの毒を求めだしたんです。

ジャンプの読者層を考えたら細部に変な毒を効かすより、こちらの方がいいんじゃないでしょうか。

 

こち亀じゃなくて包丁人味平でですが、毒を抜いてしまって意味が通らなくなった話もあります。

大吉が自慢のウンチク知識を披露し感心されるシーン。もともとは

物知りの大吉のことを「あんた中卒だろう」と、なかなか毒の効いた褒めかたをしますが

大卒のただの秀才にしてしまいました。

 

団長は中1の夏ぐらいでジャンプの定期購読を卒業しました。

なので週刊でこちら葛飾区を読んでいたのは4巻ぐらいまでかな。

大学生になってもジャンプ読んでいた友だちもいたけどこちら葛飾区はいつ読んでも安定のおもしろさがありました。

ネットでは「○○巻まではおもしろかったが、その後は……」って意見があふれかえってますが、人によっておもしろかった時期というのは、それはやっぱり自分がリアルで読んでいた時期ですよ。

なので団長の場合はペンネームが本名の秋本治に変わるまで。本当に初期のころ。

 

秋本先生、もとい山止たつひこ先生、本当に長い間お疲れさまでした。

それでは今日はこの辺で。マタンキ

-漫画
-, ,

© 2021 MK団のマタンキ日報