アニメ

2024/5/22

【京都】金曜ロードショーとジブリ展行ってきた

金曜ロードショーとジブリ展 京都岡崎の京セラ美術館 京都岡崎の美術館。 今は名称が京セラ美術館なんですね。 長い間来なかったら随分変わってしまっててびっくりしました。 ただいま京都市京セラ美術館で金曜ロードショーとジブリ展を開催しております。 金曜ロードショーとジブリ展 なお当日いきなり行っても予約制なので入れませんのでご注意ください。 今回展示の内容はというと今まであったジブリ展とは少し……いや、かなり違いました。 よくあるジブリの歴史や映画の資料とかの展示は最小限にして、かわりに撮影スポットがいっぱい ...

ReadMore

思い出話・雑談

2024/5/3

ゴルゴ13の最終回と太陽にほえろ

ゴルゴ13の最終回 ゴルゴ13の名前を呼ぶときの作法 ゴルゴ13の主人公のことを「ゴルゴ」と呼ぶのはニワカです。 彼を呼ぶ時は1回目は「ゴル……あ、いやデューク東郷」と呼び、2回目以降は「デューク東郷」と呼ぶのが正しい作法です。 でも面倒くさくなったらゴルゴでもよろしい。 最終回の原稿にまつわる都市伝説 ども。MK団2代目団長マタンキ角南です。 ゴルゴ13の最終回に関する都市伝説で、実は最終回の原稿は既に描かれていて、さいとうプロダクションの金庫にしまってあるという話があります。 まあよく出来た話ですが、 ...

ReadMore

漫画

2024/5/14

リングにかけろ!黄金の日本Jrスーパーブローまとめ

黄金の日本Jrたちのスーパーブロー 習得時期時系列 習得時期高嶺竜児剣崎順河合武士志那虎一城香取石松チャンピオンカーニバル編(Jr全国大会)ブーメランフックローリングサンダー日米Jr決戦編影道編ブーメランスクエアー(未完成)ジェットアッパースペシャルローリングサンダーハリケーンボルトJr世界大会編ブーメランスクエアー(完成)ギャラクティカマグナム(前期型)ギャラクティカファントムギリシア12神編テリオスジェットラベンダー円月拳スパイラルハリケーン阿修羅編ギャラクティカマグナム(後期型)世界タイトルマッチ編 ...

ReadMore

思い出話・雑談

2024/4/6

アストロ球団まとめ(4)ライバルたち

アストロの前に立ちはだかったライバルたち 巨人 王貞治 言わずと知れた世界のホームラン王。 連載が始まった年の昭和47年には、ホームラン48本、打点104点の二冠。他にもダイヤモンドグラブとベストナイン受賞。 アストロ結成の昭和48年には三冠王(ホームラン51本、打点111点、打率.355)とMVPにダイヤモンドグラブとベストナインと全てのタイトルを総なめにした。 まさに日本球界最強のバッターで、アストロ超人と戦った唯一の実在の人物でもあった。 しかし作中ではアストロ超人の完全な噛ませポジションだった。 ...

ReadMore

思い出話・雑談

2024/5/22

【ドーベルマン刑事】大阪のゲタばき刑事 宮武鉄二

服部平次になれなかった男 宮武鉄二、登場! ドーベルマン刑事には途中から、大阪からやってきたゲタばき刑事こと宮武鉄二がレギューラーとして登場します。 普段は1話完結形式のドーベルマン刑事ですが、この宮武初登場は前中後編の3週にわたっての話になります。 初登場の話は大阪と東京の暴力団同士の抗争話「ゲタばき刑事!」に登場 主人公と互角かそれ以上の実力をもつライバルの登場!! こいつが後の服部平次かーーーーー!? いやいやいやいや、これ大阪人怒っていいぞ いくら昭和でもカンカン帽に楊枝くわえて、腹巻きに下駄履き ...

ReadMore

漫画

こちら葛飾区亀有公園前派出所、略して「こちらカツシカク」

ども。MK団2代目団長マタンキ角南です。

長年ジャンプで連載されてきた「こちら葛飾区亀有公園前派出所」が終わりました。

連載が始まったのは団長が小学校6年生のときです。

ちょうどスーパーカーブーム真っ盛りの時でした。

 

第1話とされている作品は、実は新人賞の入選作で掲載された物です。

当時ジャンプではストーリーマンガの手塚賞、ギャグマンガの赤塚賞、そしてもうひとつの新人賞がありました。

3大○○で思い出せない3つ目の賞ですw

でも便利な世の中になりました。

検索したら「月例ヤングジャンプ賞入選作品」とありました。

初めて読んだときはあまりのおもしろさにジャンプを抱えて大笑いしてましたね。

さすがあの人気マンガ、がきデカの作者たつひこです。

団長はジャンプしか読んでなかったんでチャンピオン連載のがきデカはコミックス立ち読みだけでした。

なんかちょっと絵やストーリーの雰囲気は違うけど、おもしろいんだからまあいいや。

あんな人気漫画家でもジャンプに載るには新人と同じ扱いなんだ。

これってジャンプがすごいのか、作者がものすごく謙虚なのか。

しっかし長いタイトルですね。

こちらかつしかくかめありこうえんまえはしゅつしょ

覚えるだけで大変です。

略そう。派出所がいいかな。あ、でも「はしゅつしょ」ってちょっと発音し難いし、聞いた方もマンガのタイトルなのか何なのかわかり難い。

よしこちらカツシカクでいいや。以下こちらカツシカクで。

 

昔はこんな絵柄だったんですね。

img_99

ネットで見つけたんですが、いまはセリフとか表現が多少改変されているんですね。

color1

ぶっ殺すぞおこるぞ

てめえみてえな百姓てめえみてえなやつ

新潟で米でも作ってろまったくもう

なるほど。

大人になった今読み返すと、絶対昔のバージョンの方が毒が効いていておもしろいですが、多分子どもの頃はそんな微妙なニュアンスは理解してなかったと思います。

地方から上京してきて、おまわりさんに道を尋ねたら理不尽に怒られた

子どもの頃はここが笑いのツボだったんです。

改変でつまらなくなったと思うのは読者が大人になってちょっと強めの毒を求めだしたんです。

ジャンプの読者層を考えたら細部に変な毒を効かすより、こちらの方がいいんじゃないでしょうか。

 

こち亀じゃなくて包丁人味平でですが、毒を抜いてしまって意味が通らなくなった話もあります。

大吉が自慢のウンチク知識を披露し感心されるシーン。もともとは

物知りの大吉のことを「あんた中卒だろう」と、なかなか毒の効いた褒めかたをしますが

大卒のただの秀才にしてしまいました。

 

団長は中1の夏ぐらいでジャンプの定期購読を卒業しました。

なので週刊でこちら葛飾区を読んでいたのは4巻ぐらいまでかな。

大学生になってもジャンプ読んでいた友だちもいたけどこちら葛飾区はいつ読んでも安定のおもしろさがありました。

ネットでは「○○巻まではおもしろかったが、その後は……」って意見があふれかえってますが、人によっておもしろかった時期というのは、それはやっぱり自分がリアルで読んでいた時期ですよ。

なので団長の場合はペンネームが本名の秋本治に変わるまで。本当に初期のころ。

 

秋本先生、もとい山止たつひこ先生、本当に長い間お疲れさまでした。

それでは今日はこの辺で。マタンキ

-漫画
-, ,