アニメ 漫画

2023/9/19

北斗の拳ファンから今も愛されるジャギ様

【北斗の拳】サブキャラ人気ナンバーワンのジャギ様 ジャギ様の銅像が故郷に錦を飾る ども、MK団2代目団長マタンキ角南です。 先日、北斗の拳連載40周年を記念し、われらがジャギ様の銅像が長野県佐久市に寄贈されました。 同市出身の原作者、武論尊先生も「最も好きなキャラ」と公言されているジャギの銅像のお披露目で大変ご満悦です。 来ないと痛い目あうぞ 北斗の拳ジャギ像、JR佐久平駅に 長野(毎日新聞) 漫画「北斗の拳」の連載開始40周年を記念し、登場人物「ジャギ」の胸像が長野県佐久市に寄贈され、15日、JR佐久平 ...

ReadMore

アニメ

2023/9/8

【映画】キャプテンハーロックわが青春のアルカディアを観てきた

映画キャプテンハーロック わが青春のアルカディア 昭和アニオタの夏休みといえば松本アニメだった ども、MK団2代目団長マタンキ角南です。 またまた大阪にある塚口サンサン劇場というミニシアターで、今回はキャプテンハーロックわが青春のアルカディアの映画を見てきました。 今から40年前、団長が中学高校生の頃、松本アニメ映画は夏休みの風物詩でした。 1970年代のアニオタは松本零士アニメの影響で“宇宙”と書いて“うみ”と読んでいたのです。 学年松本零士アニメ映画タイトル1977年夏(ワイ中学1年)宇宙戦艦ヤマト1 ...

ReadMore

思い出話・雑談 漫画

2023/8/25

【悲報】ワイ、甥っ子(13)に今度はメ○○将棋で負ける

中学生の甥っ子がますます将棋にハマる 毎晩のようにネットで対局 ども、MK団2代目団長マタンキ角南です。 甥っ子の将棋熱がどんどん熱くなってきました。 もう実力的には甥っ子の方が上回ってるような気がしますが、寄せがまだ甘く詰めきれずに逆転する展開が多いです。 こちらも叔父の貫禄を見せつけないといけないので必死です。 この日は序盤中盤とこちらが押し気味で相手を追い込むことができました。 後手ワイ46手目、8九飛成り 先手オイ47手目、4八玉 と逃げたところ。 ここから 後手ワイ48手目、4九龍 先手オイ49 ...

ReadMore

思い出話・雑談 漫画

2023/8/21

ワイ、甥っ子(13)に将棋で負ける

中学生の甥っ子が将棋にハマる 甥っ子からネット将棋で挑戦されるがワイ勝利 ども、MK団2代目団長マタンキ角南です。 中学生の甥っ子(13)が将棋を覚え、適当な相手として叔父である私に挑んできました。 団長が子どもの頃とかは、親戚の家に行って年上の従兄弟や叔父さんに教えてもらったりしたのですが、LINEで「ネットで将棋やろう」と言ってくるところが今の子らしいです。 団長らの子どもの頃に比べ、最近の子どもたちはあまり将棋を指さないんですかね。 ぼくらの時代は今と違ってアナログなゲームしかなく、とりあえず将棋は ...

ReadMore

漫画

2023/8/8

包丁人味平「化学調味料は悪」なんて言ってない!

化学調味料は悪という風潮 包丁人味平で化学調味料は悪と思い込んでしまった50代は多い ども、MK団2台目団長マタンキ角南です。 化学調味料は体に悪い! そんなことがもう何十年も言われ続けてきました。 実際我が家では昔から化学調味料は使っていませんでした。 そのなかでもよく言われてることが 化学調味料が入った料理を食べると舌が痺れる。 化学調味料は石油から作られている。 で、それを信じていました。 そもそも団長が化学調味料は悪と認識したのは包丁人味平を読んでからです。 ラーメン祭り編で、スープに化学調味料を ...

ReadMore

アニメ 漫画

【銀河鉄道999】メーテルって結局クローン人間だよね?

銀河鉄道999メーテルの正体

メーテルは生身の人間なのか

ども、MK団2代目団長マタンキ角南です。

最近映画を見るのが趣味になってきてました。

今までは年に数本、それも話題になってる映画ばかりだったのですが、去年から大型シネコンではやらないマニアックな映画や昔の映画をミニシアターと呼ばれる映画館に見に行ったりするようになりました。

去年はあの銀河鉄道999を見にいきました。

名作だけに全国のミニシアターでは時々上映してるみたいです。

2021年1月31日 BS12 日曜アニメ劇場で放映予定

銀河鉄道999はご存知の通り、星野鉄郎と謎の美女メーテルが、機械の体をタダでくれるという星まで、SL型の銀河鉄道999に乗って旅をするという物語です。

しかしタダほど高いものはない!

うまい話には必ず罠があるのですが、これはネタバレになるのでやめましょう(笑

さて今までこの映画を何度も観たのですが、何度見てもよくわからないのが、メーテルの正体です。

はたしてメーテルは生身の人間なのか、機械の体なのか

一緒に観に行った友人は「え?機械の体だろ。そう言ってたやん」って

え、そんなこと言ってたっけ?

いやいや、言ってないぞ

確かに「メーテルの体は鉄郎の母親に似せて作られた」という説明はあったけど、だからといって作られた体=機械ってのはちょっとちがう気がする。

団長の解釈は

「メーテルは生身の人間、ただしメーテルの体はクローンで、その体(器)にメーテルの魂を入れたもの」

です。

友人「それこそクローンなんてひと言も言ってなかったやん」

いやまあ、たしかに……

クローンなにそれ美味しいの?

昭和54年にはまだクローン人間なんて言葉がなかった

銀河鉄道999の映画が公開されたのは1979年、団長が中三の夏休みでした。

これの少し前、昭和53年(1978年)12月 ルパン対複製人間 が公開されました。

ルパン対複製人間

なぜ映画のタイトルが、ルパン対クローン人間じゃなくルパン対複製人間なのかというと、

この頃はクローン人間なんて言葉は、まだ一般には知られていなかったのです

このルパン映画でようやく“クローン”という言葉がアニメファンの間で認知され始めました。

つまり映画銀河鉄道999の制作段階ではまだクローン人間という言葉が世間に認知されておらず、公開時でやっとギリギリ定着したかどうかだったのです。

なので微妙なクローンという言葉を使わず、あえて鉄郎の母親に似せて作られた体という言い方にしたのだと思います。

そしてその鉄郎の母親のクローンの体に、メーテルの記憶と魂を入れたというのが団長の解釈です。

肉体、それは魂の器

昭和の時代、肉体のことを器なんて言い方しなかった

「え、それじゃクローンちゃうやん」

と言われそうですが、クローン人間て何?

クローン人間は見た目や能力、そして記憶も共有し、それらは全て同じ1人の自分である……

いやいや、クローン人間というのはあくまでDNA遺伝子情報が同じというだけで、いわば一卵性双生児のようなもの

なので見た目や、能力・性格も似ていることは確かに多いが、だからといって同じ人間であるというのとは違う

最近のSFやアニメでは、物語をわかりやすくするためか、クローン人間は元の人間と同じ記憶と能力をもつコピーみたいな描かれ方が定着しています。

物語をおもしろく、わかりやすくするための表現手法として、そうすることを否定しません。

ですがクローンというのは本当はそうじゃないはずです。

話をメーテルに戻して

クローンという言葉が出始めということもあり、当然クローンの定義がまだ定着していなかったのです。

さらに!まだ昭和の時代には定着していなかった言葉がもうひとつあります。

それは人間の体のことを”器”と呼ぶことです

肉体=器と、最初に言い出した漫画もしくはアニメはなんなんでしょうか?

肉体=器というのは宗教的な考えなので、古くからそういう漫画があってもおかしくないですが、定着し始めたのは平成以降の転生ものの影響だと思います。

クローンという言葉と、肉体=魂の器という呼び方。

この時代にはこの2つの言葉が無かったため、メーテルとは何者なのかをわかりやすく説明することが出来なかったのです。

結論メーテルはクローン人間

なので令和風に説明しよう!

メーテルの魂を入れる”器”として、鉄郎の母親をコピーしたクローン体使った

この説明でいいんじゃないでしょうか?

そしてメーテルの本来の体は冥王星に眠っているということです。

それがどんな顔でどんなスタイルだったのかは分からず仕舞い。

また続編でも鉄郎の母親に似せた体の”器”でしかメーテルは登場しません。

まあやっぱりメーテルは永遠に謎の美女ということですね。

それでは今日はこの辺で。マタンキ

-アニメ, 漫画
-, ,