漫画

2021/1/23

【リボンの騎士】トランスジェンダーと女系による王位継承

ども、MK団2代目団長マタンキ角南です。 「性に違和感」同意なくHPに 園児両親、削除求め提訴: 自分は女の子なのに、体が男の子――。そう話す、大津市立保育園に通う園児(6)の性別への違和感や受診歴が、同意のないままホームページで公開されているとして、両親が市に情報の削除を求めて大津地裁に提訴した。園児をめぐっては、ほかの園児からのいじめ行為に対する対応が不十分だったとして、市が両親に謝罪。両親は、性的少数者の子どもに対する市側の無理解を訴えている。(新谷〈しんや〉千布美) 訴状によると、受診歴などが公開 ...

ReadMore

アニメ 漫画

2021/1/21

聖闘士星矢でユニコーン邪武がレギュラーに入らなかったのが不憫でしょうがない

ども、MK団2代目団長マタンキ角南です。 ジャンプで好きだった漫画家の1人に車田正美がいます。 名前もそうですが、初期は絵柄もきれいで線が優しかったので女性漫画家かもと思っていた時期がありました。 おまけにこんなのもあったしw まあ今から考えたらどう見ても男なんですけどね 小学生の時はだまされましたw さてその車田先生の代表作聖闘士星矢がアニメ化されたのが80年代後半 すでに私は大学生から社会人になろうとしていた頃です まあとっくにジャンプは卒業していたのですが、それでも聖闘士星矢と男塾は読んでました。 ...

ReadMore

アニメ 漫画

2021/1/13

サヨナラ銀河鉄道999アンドロメダ終着駅を見てきた

ども、MK団2代目団長マタンキ角南です。 さて今回は前回に続き、大阪にある塚口サンサン劇場というミニシアターでサヨナラ銀河鉄道999アンドロメダ終着駅の映画を見てきました。 今から40年前、団長が中学高校生の頃、松本アニメ映画は夏休みの風物詩でした。 学年 松本零士アニメ映画タイトル 中学1年(1977年夏) 宇宙戦艦ヤマト 中学2年(1978年夏) さらば宇宙戦艦ヤマト 中学3年(1979年夏) 宇宙戦艦ヤマト新たなる旅立ち1979年7月31日テレビSP、 銀河鉄道999(The Galaxy Expr ...

ReadMore

アニメ 漫画

2021/1/21

【銀河鉄道999】メーテルって結局クローン人間だよね?

ども、MK団2代目団長マタンキ角南です。 最近映画を見るのが趣味になってきてました。 今までは年に数本、それも話題になってる映画ばかりだったのですが、去年から大型シネコンではやらないマニアックな映画や昔の映画をミニシアターと呼ばれる映画館に見に行ったりするようになりました。 去年はあの銀河鉄道999を見にいきました。 名作だけに全国のミニシアターでは時々上映してるみたいです。 2021年1月31日 BS12 日曜アニメ劇場で放映予定 銀河鉄道999はご存知の通り、星野鉄郎と謎の美女メーテルが、機械の体をタ ...

ReadMore

思い出話・雑談

2021/1/4

【2021年】21世紀もすでに1/5が過ぎたわけだが

あけましておめでとうございます MK団2代目団長マタンキ角南です 2021年、21世紀になってすでに20年、つまり1/5が過ぎました はぁ〜、時間の流れるのは早いですねえ ついこの前、2000年のミレニアムカウントダウンとかしていたような気がするんですが 昭和の子どもたちはみんなノストラダムスを信じていて、人類に21世紀はないものだと思ってました。 【ノストラダムスの大予言】著者・五島勉氏 _子供たちに謝りたい ... もし仮に21世紀を迎えることが出来たら、それはきっとSF映画やアニメに出てくるような未 ...

ReadMore

アニメ 漫画

【銀河鉄道999】メーテルって結局クローン人間だよね?

ども、MK団2代目団長マタンキ角南です。

最近映画を見るのが趣味になってきてました。

今までは年に数本、それも話題になってる映画ばかりだったのですが、去年から大型シネコンではやらないマニアックな映画や昔の映画をミニシアターと呼ばれる映画館に見に行ったりするようになりました。

去年はあの銀河鉄道999を見にいきました。

名作だけに全国のミニシアターでは時々上映してるみたいです。

2021年1月31日 BS12 日曜アニメ劇場で放映予定

銀河鉄道999はご存知の通り、星野鉄郎と謎の美女メーテルが、機械の体をタダでくれるという星まで、SL型の銀河鉄道999に乗って旅をするという物語です。

今までこの映画を何度も観たのですが、何度見てもよくわからないのが、メーテルの正体です。

はたしてメーテルは生身の人間なのか、機械の体なのか。

一緒に観に行った友人は「え?機械の体だろ。そう言ってたやん」って

え、そんなこと言ってた?いやいや、言ってないぞ

確かに「メーテルの体は鉄郎の母親に似せて作られた」という説明はあったけど、だからといって作られた体=機械ってのはちょっと短絡すぎる。

団長の解釈は「メーテルは生身の人間、ただしメーテルの体はクローンで、その体(器)にメーテルの魂を入れたもの」です。

友人「それこそクローンなんてひと言も言ってなかったやん」

いやまあ、たしかに……

クローンなにそれ美味しいの?

銀河鉄道999の映画が公開されたのは1979年、団長が中三の夏休みでした。

これの少し前、1978年12月にルパン対複製人間が公開されました。

なぜ映画のタイトルが、ルパン対クローン人間じゃなくルパン対複製人間なのかというとこの頃はクローン人間なんて一般には誰も知らない言葉だったのです

999が公開された1979年は、クローンという言葉がアニメファンの間で広まり、未来の科学技術では人間を作ることも可能なんだということが、ようやく認知されだした年だったのです。

だから映画999の脚本では、当時定着したかしてないかギリギリ微妙なクローンという言葉を使うのを避け、あえて母親に似せて作られた体という言い方にしたのだと思います。

そしてその鉄郎の母親のクローンの体に、メーテルの記憶と魂を入れたというのが団長の解釈です。

「え、それじゃクローンちゃうやん」

と言われそうですが、クローン人間の定義が問題です。

クローン人間て何?

クローン人間は見た目や能力、そして記憶も共有し、それらは全て同じ1人の自分である……

いやいや、クローン人間というのはあくまでDNA遺伝子情報が同じというだけで、いわば一卵性双生児のようなもの

なので見た目や、能力・性格も似ていることは確かに多いが、だからといって同じ人間であるというのとは違う

最近のSFやアニメでは、物語をわかりやすくするためか、クローン人間は元の人間と同じ記憶と能力をもつコピーみたいな描かれ方が定着しています。

物語をおもしろく、わかりやすくするための表現手法として、そうすることを否定しません。

ですがクローンというのは本当はそうじゃないはずです。

話をメーテルに戻して

1979年当時はクローンという言葉だけでなく、映画や漫画の中でもクローンの定義がまだ定着していなかったのです。

メーテルの魂を入れる”器”として、哲郎の母親の体をコピーした

これはこれでクローン人間ということでいいんじゃないでしょうか

そしてメーテルの本来の体は冥王星に眠っているということです。

それがどんな顔でどんなスタイルだったのかは分からず仕舞い。

また続編でも哲郎の母親に似せた体の”器”でしかメーテルは登場しません。

まあやっぱりメーテルは永遠に謎の美女ということですね。

それでは今日はこの辺で。マタンキ

-アニメ, 漫画
-, ,

© 2021 MK団のマタンキ日報