アニメ

2024/5/22

【京都】金曜ロードショーとジブリ展行ってきた

金曜ロードショーとジブリ展 京都岡崎の京セラ美術館 京都岡崎の美術館。 今は名称が京セラ美術館なんですね。 長い間来なかったら随分変わってしまっててびっくりしました。 ただいま京都市京セラ美術館で金曜ロードショーとジブリ展を開催しております。 金曜ロードショーとジブリ展 なお当日いきなり行っても予約制なので入れませんのでご注意ください。 今回展示の内容はというと今まであったジブリ展とは少し……いや、かなり違いました。 よくあるジブリの歴史や映画の資料とかの展示は最小限にして、かわりに撮影スポットがいっぱい ...

ReadMore

思い出話・雑談

2024/5/3

ゴルゴ13の最終回と太陽にほえろ

ゴルゴ13の最終回 ゴルゴ13の名前を呼ぶときの作法 ゴルゴ13の主人公のことを「ゴルゴ」と呼ぶのはニワカです。 彼を呼ぶ時は1回目は「ゴル……あ、いやデューク東郷」と呼び、2回目以降は「デューク東郷」と呼ぶのが正しい作法です。 でも面倒くさくなったらゴルゴでもよろしい。 最終回の原稿にまつわる都市伝説 ども。MK団2代目団長マタンキ角南です。 ゴルゴ13の最終回に関する都市伝説で、実は最終回の原稿は既に描かれていて、さいとうプロダクションの金庫にしまってあるという話があります。 まあよく出来た話ですが、 ...

ReadMore

漫画

2024/5/14

リングにかけろ!黄金の日本Jrスーパーブローまとめ

黄金の日本Jrたちのスーパーブロー 習得時期時系列 習得時期高嶺竜児剣崎順河合武士志那虎一城香取石松チャンピオンカーニバル編(Jr全国大会)ブーメランフックローリングサンダー日米Jr決戦編影道編ブーメランスクエアー(未完成)ジェットアッパースペシャルローリングサンダーハリケーンボルトJr世界大会編ブーメランスクエアー(完成)ギャラクティカマグナム(前期型)ギャラクティカファントムギリシア12神編テリオスジェットラベンダー円月拳スパイラルハリケーン阿修羅編ギャラクティカマグナム(後期型)世界タイトルマッチ編 ...

ReadMore

思い出話・雑談

2024/4/6

アストロ球団まとめ(4)ライバルたち

アストロの前に立ちはだかったライバルたち 巨人 王貞治 言わずと知れた世界のホームラン王。 連載が始まった年の昭和47年には、ホームラン48本、打点104点の二冠。他にもダイヤモンドグラブとベストナイン受賞。 アストロ結成の昭和48年には三冠王(ホームラン51本、打点111点、打率.355)とMVPにダイヤモンドグラブとベストナインと全てのタイトルを総なめにした。 まさに日本球界最強のバッターで、アストロ超人と戦った唯一の実在の人物でもあった。 しかし作中ではアストロ超人の完全な噛ませポジションだった。 ...

ReadMore

思い出話・雑談

2024/5/22

【ドーベルマン刑事】大阪のゲタばき刑事 宮武鉄二

服部平次になれなかった男 宮武鉄二、登場! ドーベルマン刑事には途中から、大阪からやってきたゲタばき刑事こと宮武鉄二がレギューラーとして登場します。 普段は1話完結形式のドーベルマン刑事ですが、この宮武初登場は前中後編の3週にわたっての話になります。 初登場の話は大阪と東京の暴力団同士の抗争話「ゲタばき刑事!」に登場 主人公と互角かそれ以上の実力をもつライバルの登場!! こいつが後の服部平次かーーーーー!? いやいやいやいや、これ大阪人怒っていいぞ いくら昭和でもカンカン帽に楊枝くわえて、腹巻きに下駄履き ...

ReadMore

アニメ 思い出話・雑談

アニメを見ていて年齢を感じた瞬間

あけましておめでとうございます。

MK団2代目団長マタンキ角南です。

【アニメを見ていて年齢を感じた瞬間】あなたの心の中にもいるかもしれない“一歩引いたところから若者たちを見守る謎マダム”

@itm_nlabより

アニメを見ていて年齢を感じるのには、大きく分けると3つのパターンがありまして

1、主人公の名前が覚えられなくなった

2、主人公がいつの間にか年下になっていた

3、主人公以外に感情移入するようになった

です。

1.主人公の名前が覚えられない

本来、思い出せない 覚えられない は全然違うはずですが、50歳すぎるとこの二つの区別すらつかなくなってきました(笑

繰り返し見たアニメの主人公ならギリギリ思い出せても、他の登場人物(脇役)までとなると最初から覚えていません。

ただし何故かヒロインだけは覚えてたりするからワイはまだまだ大丈夫かなw

そういえばりゅうおうのおしごと!では、ヒロイン(と言っていいのかな)2人がよりによって同じ名前(ただし字は違う)とでした。

2人とも名前が"あい"

なんでこんなややこしいことするんだ?

これじゃまるで みゆき じゃないか?

しかしみゆきの場合は同じ名前ということで面白さが膨らんだけど、りゅうおうのおしごと!は別に同じ名前にする意味なかったぞ?

いや、ひょっとしたらおっさんにも名前を覚えやすいようにという作者の配慮なのかもしれんw

ちなみにりゅうおうのおしごと!で一番好きなキャラは姉弟子の空銀子。

神回第9話で、主人公をまるでゴミを見るような目で見るシーンは何度見てもゾクゾクする演出ですw

 

2.主人公がいつの間にか年下になっていた

昭和生まれのおっさんなら誰もが思い出すあの歌。

41歳の春だから〜♪

えーーーーーーっバカボンのパパは41歳だったのか!

これ衝撃ですよ。

小学生の時、自分が41歳になるなんて想像もできなかったのに、気がつけば41歳なんてまだまだ若いよなって思っています。

よく「自分よりはるかに年下と知ってショックを受けた」といわれる代表的キャラが銭形警部の29歳とランバラルの35歳。

ずいぶん貫禄があるけど結構若造だったんですねw

団長の場合は男塾の月光が好きで

「歳を取ったらこんなおっさんになりたいな〜」

と思っていたら、あいつまだ高校1年生でしたw

実は高校1年生

3.主人公以外に感情移入するようになった

小学生ぐらいの頃は主人公に感情移入しますが、中学高校大学と進むにつれだんだん自分のポジションがわかってきて、20代になると今度は登場人物の中で自分に近いと思われる人物を探し始めました。

例えばスラムダンクで、湘北の誰に感情移入して読むか。

自分はどう考えても桜木でも流川でもないのはわかってる。

三井でもないよなあ。

じゃあメガネくんかあ〜

でも実際はメガネくんは完全な1軍キャラ。

メガネはメガネでもこっちのメガネくん。

湘北メンバーのもう1人のメガネくん

まあ自分のポジション考えるとこの辺ですw

そもそもこの3人誰だっけ?

さらに歳をとると、今度は安西先生に感情移入するようになって、桜木みたいな選手をどう扱うか考えてみたりしています。

最近では赤毛のアンで、どうやってこの子(アン)と家族になればいいのかとマシュウ目線でアンを見ていたり。

サザエさんの都市伝説設定にあるサザエとカツオ・ワカメが実は異母兄弟だとして、どうやって家族をまとめていけばいいか波平さん目線で見ていたりしました。

さすがにここまで来ると感情移入というより妄想が行き過ぎて、自分でもいろいろやばいなと思ったw

それでは今日はこの辺で。マタンキ

-アニメ, 思い出話・雑談