アニメ

2024/5/22

【京都】金曜ロードショーとジブリ展行ってきた

金曜ロードショーとジブリ展 京都岡崎の京セラ美術館 京都岡崎の美術館。 今は名称が京セラ美術館なんですね。 長い間来なかったら随分変わってしまっててびっくりしました。 ただいま京都市京セラ美術館で金曜ロードショーとジブリ展を開催しております。 金曜ロードショーとジブリ展 なお当日いきなり行っても予約制なので入れませんのでご注意ください。 今回展示の内容はというと今まであったジブリ展とは少し……いや、かなり違いました。 よくあるジブリの歴史や映画の資料とかの展示は最小限にして、かわりに撮影スポットがいっぱい ...

ReadMore

思い出話・雑談

2024/5/3

ゴルゴ13の最終回と太陽にほえろ

ゴルゴ13の最終回 ゴルゴ13の名前を呼ぶときの作法 ゴルゴ13の主人公のことを「ゴルゴ」と呼ぶのはニワカです。 彼を呼ぶ時は1回目は「ゴル……あ、いやデューク東郷」と呼び、2回目以降は「デューク東郷」と呼ぶのが正しい作法です。 でも面倒くさくなったらゴルゴでもよろしい。 最終回の原稿にまつわる都市伝説 ども。MK団2代目団長マタンキ角南です。 ゴルゴ13の最終回に関する都市伝説で、実は最終回の原稿は既に描かれていて、さいとうプロダクションの金庫にしまってあるという話があります。 まあよく出来た話ですが、 ...

ReadMore

漫画

2024/5/14

リングにかけろ!黄金の日本Jrスーパーブローまとめ

黄金の日本Jrたちのスーパーブロー 習得時期時系列 習得時期高嶺竜児剣崎順河合武士志那虎一城香取石松チャンピオンカーニバル編(Jr全国大会)ブーメランフックローリングサンダー日米Jr決戦編影道編ブーメランスクエアー(未完成)ジェットアッパースペシャルローリングサンダーハリケーンボルトJr世界大会編ブーメランスクエアー(完成)ギャラクティカマグナム(前期型)ギャラクティカファントムギリシア12神編テリオスジェットラベンダー円月拳スパイラルハリケーン阿修羅編ギャラクティカマグナム(後期型)世界タイトルマッチ編 ...

ReadMore

思い出話・雑談

2024/4/6

アストロ球団まとめ(4)ライバルたち

アストロの前に立ちはだかったライバルたち 巨人 王貞治 言わずと知れた世界のホームラン王。 連載が始まった年の昭和47年には、ホームラン48本、打点104点の二冠。他にもダイヤモンドグラブとベストナイン受賞。 アストロ結成の昭和48年には三冠王(ホームラン51本、打点111点、打率.355)とMVPにダイヤモンドグラブとベストナインと全てのタイトルを総なめにした。 まさに日本球界最強のバッターで、アストロ超人と戦った唯一の実在の人物でもあった。 しかし作中ではアストロ超人の完全な噛ませポジションだった。 ...

ReadMore

思い出話・雑談

2024/5/22

【ドーベルマン刑事】大阪のゲタばき刑事 宮武鉄二

服部平次になれなかった男 宮武鉄二、登場! ドーベルマン刑事には途中から、大阪からやってきたゲタばき刑事こと宮武鉄二がレギューラーとして登場します。 普段は1話完結形式のドーベルマン刑事ですが、この宮武初登場は前中後編の3週にわたっての話になります。 初登場の話は大阪と東京の暴力団同士の抗争話「ゲタばき刑事!」に登場 主人公と互角かそれ以上の実力をもつライバルの登場!! こいつが後の服部平次かーーーーー!? いやいやいやいや、これ大阪人怒っていいぞ いくら昭和でもカンカン帽に楊枝くわえて、腹巻きに下駄履き ...

ReadMore

漫画

荒野の少年イサムを電子書籍で購入

MK団二代目団長、マタンキ角南です。

 

最近は単行本を電子書籍で買うようになりました。

電子書籍のメリットとして、場所を取らない。

紙媒体に比べていくらか安い。

そして何よりもいいのが新品だということです。

昔のマンガが在庫切れだったり絶版になっている場合、どうしても古本ということになります。

団長、結構潔癖性なんですよ。

古本とか前の持ち主のがわからないものを触るのが嫌なんです。

ホントいい時代になりました。

 

さて今回その電子書籍で全巻大人買いしたのは荒野の少年イサム

isamu01

団長は子どもの頃、漫画家になりたいと思ったことがありました。

漫画家になりたいと思った子どもがやることは、まず好きな漫画の模写です。

団長が憧れた漫画家は川崎のぼる先生。

特にこの荒野の少年イサム。

かっこいい登場人物やストーリーはもちろん、ジャンプの他の作家と比べても圧倒的に絵がきれいでした。

見よ、この週刊連載とは思えぬ描き込み!

しかもモブキャラもアシスタントに任せず全て先生自身が描いてらっしゃいます。

今見ても凄すぎます。

2016-04-18 11.19.03

しかし小学2年生でこの絵を真似ようとしたのだから無謀すぎます。

あまりにもハードルが高過ぎ、あえなく挫折。

kaiji

カイジの最初に出てきた話ですが目標のレベルはそこそこ適度でないとやる気が失せます。

小学2年生でこの真理を体験しました。

この時目標にしたのがとりいかずよしだったら、ひょっとしたらあきらめずに漫画家になっていたかもしれません(おいおい)

 

話が逸れました。

昨日大人買いした「荒野の少年イサム」1日で6巻まで読みました。

団長が好きだったキャラはもちろんビッグ・ストーン

母親の仇であるウインゲート親子を追う、黒人のアウトローガンマンです。

2016-04-18 15.25.22

2016-04-18 15.13.48

川崎先生の絵だと、まさに黒い花形満と言った感じです。

マンガでは主人公より、ライバルやサブキャラクターに魅力があると話が盛り上がります。

アウトローとしてもビッグストーン1人の賞金額がウインゲート親子3人分と同じということからも、その凄さがわかります。

2016-04-18 16.21.24

(なお連載後半にはビッグストーン、ウインゲート親子とも賞金額が5000$に上がります)

不思議なのはビッグストーンは何をしてお金を稼いでいるのかということです。

自分を狙う敵(主に白人)をしばしば殺していますが、ウインゲート親子のように強盗や盗みをしているシーンが一切ありません。

それから最近気がついたのですが、この「ビッグ・ストーン」という名前。

日本語だと「大石」になるわけですが、やはり仇討ちということで大石内蔵助から取ってるんでしょうね。

お母さんの仇を討つチャンスは何度もあったのに、勿体つけてる間にいつも逃げられてしまいます。

まあこの辺はマンガのお約束なんでしょうけど、見ていていつもイライラしてましたw

さて結局ビッグ・ストーンはお母さんの仇を討つことができたんでしょうか。

まあまだ最後まで読んでませんので。(知ってるけど苦笑)

 

では今日はこのへんで。マタンキ。

-漫画
-,