アニメ

2024/5/22

【京都】金曜ロードショーとジブリ展行ってきた

金曜ロードショーとジブリ展 京都岡崎の京セラ美術館 京都岡崎の美術館。 今は名称が京セラ美術館なんですね。 長い間来なかったら随分変わってしまっててびっくりしました。 ただいま京都市京セラ美術館で金曜ロードショーとジブリ展を開催しております。 金曜ロードショーとジブリ展 なお当日いきなり行っても予約制なので入れませんのでご注意ください。 今回展示の内容はというと今まであったジブリ展とは少し……いや、かなり違いました。 よくあるジブリの歴史や映画の資料とかの展示は最小限にして、かわりに撮影スポットがいっぱい ...

ReadMore

思い出話・雑談

2024/5/3

ゴルゴ13の最終回と太陽にほえろ

ゴルゴ13の最終回 ゴルゴ13の名前を呼ぶときの作法 ゴルゴ13の主人公のことを「ゴルゴ」と呼ぶのはニワカです。 彼を呼ぶ時は1回目は「ゴル……あ、いやデューク東郷」と呼び、2回目以降は「デューク東郷」と呼ぶのが正しい作法です。 でも面倒くさくなったらゴルゴでもよろしい。 最終回の原稿にまつわる都市伝説 ども。MK団2代目団長マタンキ角南です。 ゴルゴ13の最終回に関する都市伝説で、実は最終回の原稿は既に描かれていて、さいとうプロダクションの金庫にしまってあるという話があります。 まあよく出来た話ですが、 ...

ReadMore

漫画

2024/5/14

リングにかけろ!黄金の日本Jrスーパーブローまとめ

黄金の日本Jrたちのスーパーブロー 習得時期時系列 習得時期高嶺竜児剣崎順河合武士志那虎一城香取石松チャンピオンカーニバル編(Jr全国大会)ブーメランフックローリングサンダー日米Jr決戦編影道編ブーメランスクエアー(未完成)ジェットアッパースペシャルローリングサンダーハリケーンボルトJr世界大会編ブーメランスクエアー(完成)ギャラクティカマグナム(前期型)ギャラクティカファントムギリシア12神編テリオスジェットラベンダー円月拳スパイラルハリケーン阿修羅編ギャラクティカマグナム(後期型)世界タイトルマッチ編 ...

ReadMore

思い出話・雑談

2024/4/6

アストロ球団まとめ(4)ライバルたち

アストロの前に立ちはだかったライバルたち 巨人 王貞治 言わずと知れた世界のホームラン王。 連載が始まった年の昭和47年には、ホームラン48本、打点104点の二冠。他にもダイヤモンドグラブとベストナイン受賞。 アストロ結成の昭和48年には三冠王(ホームラン51本、打点111点、打率.355)とMVPにダイヤモンドグラブとベストナインと全てのタイトルを総なめにした。 まさに日本球界最強のバッターで、アストロ超人と戦った唯一の実在の人物でもあった。 しかし作中ではアストロ超人の完全な噛ませポジションだった。 ...

ReadMore

思い出話・雑談

2024/5/22

【ドーベルマン刑事】大阪のゲタばき刑事 宮武鉄二

服部平次になれなかった男 宮武鉄二、登場! ドーベルマン刑事には途中から、大阪からやってきたゲタばき刑事こと宮武鉄二がレギューラーとして登場します。 普段は1話完結形式のドーベルマン刑事ですが、この宮武初登場は前中後編の3週にわたっての話になります。 初登場の話は大阪と東京の暴力団同士の抗争話「ゲタばき刑事!」に登場 主人公と互角かそれ以上の実力をもつライバルの登場!! こいつが後の服部平次かーーーーー!? いやいやいやいや、これ大阪人怒っていいぞ いくら昭和でもカンカン帽に楊枝くわえて、腹巻きに下駄履き ...

ReadMore

アニメ 漫画

巨人の星に登場した代走専門のライバル速水譲次

「誰それ?」知名度の低い小物ライバル速水譲次

リアル世界の走塁のスペシャリスト鈴木尚広選手

ども。MK団2代目団長マタンキ角南です。

巨人の走塁のスペシャリスト・代走の切り札、鈴木尚広選手が引退を表明しました。

試合が1点差勝負の終盤に「代走鈴木」がアナウンスされたときのスタンドの盛り上がり方は凄かったです。

新聞各紙では鈴木のことを「神の足」「神の走塁」と書いてますが、一番すごかった走塁には「神の手」とタグが付けられてます。

でもでもなくです。

それがこれ。

794145cf

ホームベースを駆け抜ける……いや、すり抜けるスピードが尋常じゃありません。

スライディングしてるのに全くスピードが落ちていない。

何度見ても鳥肌もんです。

逆にこんな一瞬でもよくジャッジ出来たと審判を褒めたいぐらいです。

2016年から採用されたコリジョンルール(ランナーの進路をふさぐブロック禁止)によってキャッチャーはこんなふうにベースの真ん前にいられません。

おかげでランナーはまっすぐ駆け抜けられるようになり有利になりましたが、逆にこういった職人技のスライディングは必要なくなり見られなくなりました。

オリンピック陸上の日本代表候補だった速水譲次

さて巨人の星で主人公・星飛雄馬のライバルと言えば花形満や左門豊作、そして黒人スラッガーのアームストロング・オズマが有名ですが、他に速水譲次という選手がいたのをご存知ですか。

もともとはメキシコオリンピック陸上の日本代表の候補選手で100m10秒5の走力。

さらに短距離走の他に砲丸投げや跳躍種目も得意という。

おそらく10種競技の選手なんでしょう。

まるで武井壮じゃないか!

野球では代走専門になりそうなライバルです。

初登場は巨人の入団テスト。

hayami

「金メダルじゃ飯は食えないんで野球選手になるのさ。フフフ」

と登場時からなんか嫌みなやつでした。

子ども心に

「こいつは野球ばかりかスポーツをバカにしてる!」

と思いましたが、大人になった今なら彼の言ってることももっとも。

いやむしろクレバー(賢い)なアスリートだと思います。

そういえば武井壮も「陸上じゃ飯が食えない」みたいな同じこと言ってたな。

ところでこの人の走力「100m10秒5」って100m10秒05じゃなくて100m10.50秒ですよね?

当時でもオリンピックで金メダルどころか日本代表も無理じゃないかなと思ったりもしますが……

cl8e

入団テストでは砲丸投げの要領で野球ボールを遠投95mとか、タッチに来た野手をハイジャンプでかわしたり。

やっぱり10種競技の選手みたいですね。

ん、でも着地のポーズを見ると体操選手か?

しかし野球の入団テストでこの格好。

これ相当イタいやつですわw

無事テストに合格するものの、巨人入団後はその万能の運動能力は生かすことなく代走専門でそれもほとんど2軍暮らし。

当時の野球マンガは足が速いというのは小物キャラの特徴で、豪速球投手かホームランバッターしか主役もしくは大物ライバルになれない時代でした。

さらに昭和マンガのあるあるで、足が速くてすばしっこいキャラはたいてい性格が嫌みなやつで、あだ名がネズミでした。

この速水もその通りになり、星や伴宙太からはライバルとも見なされず、物語からもいつの間にかフェードアウトしていきました。

でも今ならこの速水をマンガに出すとしたら、武井壮や鈴木尚広みたいなキャラにしてきっとおもしろい話が描けると思います。

たとえば最新のスポーツ科学の知識(でも時々ぶっ飛んだオリジナル持論)と職人独特のストイックさをあわせ持つキャラとか。

それでは今日はこのへんで。マタンキ

-アニメ, 漫画
-, ,