アニメ 思い出話・雑談 特撮

2022/6/4

【愛國戦隊】庵野秀明展に行ってきたがあの作品がなかった

ども、MK団2代目団長マタンキ角南です。 大阪あべのハルカスで開かれている庵野秀明展に行ってきました。 うーーーん、でも実を言うと、ふしぎの海のナディアも王立宇宙軍もトップをねらえ!も見てないんだなあ。 エヴァは一応見たけど感想は正直いうと「?????」だった。 最後がねえ……なんかあまり考えてなかったんだろうなって感じで、きちんと終わらせなかったことで。 振りが大きすぎて空振りした感じ。 だがワイは40年前、リアルで日本SF大会に参加しDAIKON FILMを目の当たりにしたとき庵野秀明は天才だと思った ...

ReadMore

特撮

2022/5/25

シン・ウルトラマン見てきた

ども、MK団2代目団長マタンキ角南です。 庵野秀明監督のシンウルトラマン見てきました。 めちゃくちゃ面白かった。 こういうのでいいんだよ。 21世紀の新考察で物語を作るなら、下手にこねくり回したらダメだって。 まあ悪い見本が3ヶ月先に公開された「大怪獣のあとしまつ」ですなw   ところで劇中でも少し触れられていたけど、ウルトラマンのあの体の模様、衣服なのか地肌なのか? 現在の円谷の公式設定がどうかは知りませんが、あれは 地肌の模様 です。 そして顔や指紋が違うように、全く同じ模様をしたウルトラ族 ...

ReadMore

漫画

2022/4/12

ラーメン大好き小池さんの食べているラーメン

ども、MK団2代目団長マタンキ角南です。 藤子不二雄の漫画に登場する、いつもラーメンを食べているキャラといえば小池さん。 初登場はオバケのQ太郎で、実は最初は小池さんじゃなく鈴木さんでした。 小池アパートに下宿している鈴木さんだったのです。 アパートの表札に小池とあったので読者はみんなこの人を小池さんと思い込み、そのうち公式に小池さんと名前が変わったのは有名な話。 ストーリーにはまず絡むことはまずない脇役キャラなのに超有名な人です。 ちなみにオバQは二人の藤子不二雄先生の本当の合作作品で、この小池さんは藤 ...

ReadMore

漫画

2022/3/23

いとしのエリーという男子高校生と美人先生との恋愛漫画

ども、MK団二代目団長マタンキ角南です。 「断りきれず、一線を越えてしまい」女性教師・32歳を懲戒免職 教え子の男子中学生との“過ち”とは 自宅に押しかけてきた14歳下の”教え子” 東京都教育委員会は、今月4日、多摩地域の中学校に勤務する32歳の女性教師を、懲戒免職にしたことを発表した。 処分理由は、2019年3月28日午後10時ごろからのおよそ30分間、当時、勤務していた中学校の男子生徒と、自宅で性行為に及んだことだった。 女性教師(当時29歳)によると、何となく好意を寄せられていることには気づいていた ...

ReadMore

アニメ

2022/3/11

【意識調査】9割以上が「違和感」長寿アニメの“声優交代” で視聴者が求めるものは?

ども、いまだに 栗田ルパンが認められない MK団二代目団長マタンキ角南です。 「長寿アニメの声優交代で違和感をおぼえたことが“ある”」と回答した人は実に93%超。 長寿アニメの声優交代時に視聴者が求めるのは違和感がないことです。 この違和感とは何かというと、その解釈は大きく分けて二つあります。 一つは前の声優さんに声が似ているということ。 もう一つはそのキャラに声が合っているということ。   長寿アニメで声優入れ替え方は、サザエさんやルパン三世のように少しずつ交代するか、ドラえもんのように一気に ...

ReadMore

アニメ 漫画

巨人の星に登場した代走専門のライバル、速水譲次

ども。MK団2代目団長マタンキ角南です。

巨人の走塁のスペシャリスト・代走の切り札、鈴木尚広選手が引退を表明しました。

試合が1点差勝負の終盤に「代走鈴木」がアナウンスされたときのスタンドの盛り上がり方は凄かったです。

新聞各紙では鈴木のことを「神の足」「神の走塁」と書いてますが、一番すごかった走塁には「神の手」とタグが付けられてます。

でもでもなくです。

それがこれ。

794145cf

ホームベースを駆け抜けるスピードが尋常じゃありません。

スライディングしてるのに全くスピードが落ちていない。

何度見ても鳥肌もんです。

逆にこんな一瞬でもよくジャッジ出来たと審判を褒めたいぐらいです。

今年からコリジョンルール(ランナーの進路をふさぐブロック禁止)になったのでキャッチャーはこんなふうにベースの真ん前にいられません。

おかげでまっすぐ駆け抜けられるようになりランナー有利になりましたが、逆にこういった職人技のスライディングは必要なくなり見られなくなりました。

 

さて巨人の星で主人公・星飛雄馬のライバルと言えば花形満や左門豊作、そして黒人スラッガー・オズマが有名ですが、他に速水譲次という選手がいたのをご存知ですか。

「陸上のオリンピック候補で100m10秒5の走力」という、なんともざっくりしたキャラ設定。

代走専門のライバルです。

初登場は巨人の入団テスト。

hayami

「金メダルじゃ飯は食えないんで野球選手になるのさ。フフフ」

と登場時からなんか嫌みなやつでした。

子ども心に「こいつは野球ばかりかスポーツをバカにしてる!」と思いましたが、大人になった今なら彼の言ってることももっとも、いやむしろクレバー(賢い)なアスリートだと思いますw

ところでこの人、陸上の何の種目だったのかな?

「100m10秒5」って100m10秒05じゃなくて100m10.50秒ですよね?

当時でもオリンピックで金メダルどころか日本代表も無理じゃないかなと思ったりもしますが……

cl8e

入団テストでは砲丸投げの要領で野球ボールを遠投95mとか、タッチに来た野手をハイジャンプでかわしたり。

どうやら10種競技の選手みたいです。

ん、でも着地のポーズを見ると体操選手か?

うまくやれば武井壮みたいになれたかもしれないのに。

しかし野球の入団テストでこの格好。これ相当イタいやつですわw

無事テストに合格するものの、巨人入団後はその万能の運動能力は生かすことなく代走専門でそれもほとんど2軍暮らし。

当時の野球マンガは足が速いというのは小物キャラの特徴で、豪速球投手かホームランバッターしか主役もしくは大物ライバルになれない時代でした。

さらにマンガのあるあるで、足が速くてすばしっこいキャラはたいてい性格が嫌みであだ名がネズミでした。

この速水もその通りになり、星や伴宙太からはライバルとも見なされず、物語からもいつの間にかフェードアウトしていきました。

でも今ならこの速水をマンガにしたら武井と鈴木を合わせたようなキャラにしてきっとおもしろい話が描けると思います。

最新のスポーツ科学の知識(でも時々ぶっ飛んだオリジナル持論)と職人独特のストイックさをあわせ持つキャラとか。

それでは今日はこのへんで。マタンキ

-アニメ, 漫画
-, ,