思い出話・雑談

2021/2/25

【ブルース・リー生誕80年】映画・燃えよドラゴンを見てきた

ども、MK団2代目団長マタンキ角南です。 ブルース・リーが生誕80年(2020年)と言うことで、今あの燃えよドラゴンが日本全国の映画館でリバイバル上映されています。 ブルース・リーの燃えよドラゴンといえば今から47年前に大ブームを起こした映画です。 子どもの頃はブルース・リーじゃなく、ブルー・スリーだと思ってましたw 当時の小学生でブルースリーの真似したことがない子どもはいませんでした。 男子なら全員が「アチョー」って言いながらおもちゃのヌンチャク(新聞紙を筒状に丸めて作ったりしていた)で遊んでました。 ...

ReadMore

思い出話・雑談 特撮

2021/1/30

子どもの頃は仮面ライダーカードに見向きもせず、記念切手を集めていた

ども、MK団2代目団長マタンキ角南です。 【悲報】仮面ライダーさん、小売を苦しめてしまう  仮面ライダーグッズが大量売れ残りだって? カゴに山積みされた仮面ライダー商品を見ると我々世代は仮面ライダースナックを思い出します。 知らない世代の人に簡単に言うと、今からちょうど50年前、仮面ライダースナックというスナック菓子が発売されたのですが、当時の子どもたちはお目当てはオマケの仮面ライダーカード。 お菓子の方はゴミとして食べずに捨ててしまって、当時は社会問題となったのです。 今で言うならAKBの握手券目当てで ...

ReadMore

漫画

2021/1/23

【リボンの騎士】トランスジェンダーと女系による王位継承

ども、MK団2代目団長マタンキ角南です。 「性に違和感」同意なくHPに 園児両親、削除求め提訴: 自分は女の子なのに、体が男の子――。そう話す、大津市立保育園に通う園児(6)の性別への違和感や受診歴が、同意のないままホームページで公開されているとして、両親が市に情報の削除を求めて大津地裁に提訴した。園児をめぐっては、ほかの園児からのいじめ行為に対する対応が不十分だったとして、市が両親に謝罪。両親は、性的少数者の子どもに対する市側の無理解を訴えている。(新谷〈しんや〉千布美) 訴状によると、受診歴などが公開 ...

ReadMore

アニメ 漫画

2021/2/2

聖闘士星矢でユニコーン邪武がレギュラーに入らなかったのが不憫でしょうがない

ども、MK団2代目団長マタンキ角南です。 ジャンプで好きだった漫画家の1人に車田正美がいます。 名前もそうですが、初期は絵柄もきれいで線が優しかったので女性漫画家かもと思っていた時期がありました。 おまけにこんなのもあったしw まあ今から考えたらどう見ても男なんですけどね 小学生の時はだまされましたw さてその車田先生の代表作聖闘士星矢がアニメ化されたのが80年代後半 すでに私は大学生から社会人になろうとしていた頃です まあとっくにジャンプは卒業していたのですが、それでも聖闘士星矢と男塾は読んでました。 ...

ReadMore

アニメ 漫画

2021/1/13

サヨナラ銀河鉄道999アンドロメダ終着駅を見てきた

ども、MK団2代目団長マタンキ角南です。 さて今回は前回に続き、大阪にある塚口サンサン劇場というミニシアターでサヨナラ銀河鉄道999アンドロメダ終着駅の映画を見てきました。 今から40年前、団長が中学高校生の頃、松本アニメ映画は夏休みの風物詩でした。 学年 松本零士アニメ映画タイトル 中学1年(1977年夏) 宇宙戦艦ヤマト 中学2年(1978年夏) さらば宇宙戦艦ヤマト 中学3年(1979年夏) 宇宙戦艦ヤマト新たなる旅立ち1979年7月31日テレビSP、 銀河鉄道999(The Galaxy Expr ...

ReadMore

アニメ 漫画

巨人の星に登場した代走専門のライバル、速水譲次

ども。MK団2代目団長マタンキ角南です。

巨人の走塁のスペシャリスト・代走の切り札、鈴木尚広選手が引退を表明しました。

試合が1点差勝負の終盤に「代走鈴木」がアナウンスされたときのスタンドの盛り上がり方は凄かったです。

新聞各紙では鈴木のことを「神の足」「神の走塁」と書いてますが、一番すごかった走塁には「神の手」とタグが付けられてます。

でもでもなくです。

それがこれ。

794145cf

ホームベースを駆け抜けるスピードが尋常じゃありません。

スライディングしてるのに全くスピードが落ちていない。

何度見ても鳥肌もんです。

逆にこんな一瞬でもよくジャッジ出来たと審判を褒めたいぐらいです。

今年からコリジョンルール(ランナーの進路をふさぐブロック禁止)になったのでキャッチャーはこんなふうにベースの真ん前にいられません。

おかげでまっすぐ駆け抜けられるようになりランナー有利になりましたが、逆にこういった職人技のスライディングは必要なくなり見られなくなりました。

 

さて巨人の星で主人公・星飛雄馬のライバルと言えば花形満や左門豊作、そして黒人スラッガー・オズマが有名ですが、他に速水譲次という選手がいたのをご存知ですか。

「陸上のオリンピック候補で100m10秒5の走力」という、なんともざっくりしたキャラ設定。

代走専門のライバルです。

初登場は巨人の入団テスト。

hayami

「金メダルじゃ飯は食えないんで野球選手になるのさ。フフフ」

と登場時からなんか嫌みなやつでした。

子ども心に「こいつは野球ばかりかスポーツをバカにしてる!」と思いましたが、大人になった今なら彼の言ってることももっとも、いやむしろクレバー(賢い)なアスリートだと思いますw

ところでこの人、陸上の何の種目だったのかな?

「100m10秒5」って100m10秒05じゃなくて100m10.50秒ですよね?

当時でもオリンピックで金メダルどころか日本代表も無理じゃないかなと思ったりもしますが……

cl8e

入団テストでは砲丸投げの要領で野球ボールを遠投95mとか、タッチに来た野手をハイジャンプでかわしたり。

どうやら10種競技の選手みたいです。

ん、でも着地のポーズを見ると体操選手か?

うまくやれば武井壮みたいになれたかもしれないのに。

しかし野球の入団テストでこの格好。これ相当イタいやつですわw

無事テストに合格するものの、巨人入団後はその万能の運動能力は生かすことなく代走専門でそれもほとんど2軍暮らし。

当時の野球マンガは足が速いというのは小物キャラの特徴で、豪速球投手かホームランバッターしか主役もしくは大物ライバルになれない時代でした。

さらにマンガのあるあるで、足が速くてすばしっこいキャラはたいてい性格が嫌みであだ名がネズミでした。

この速水もその通りになり、星や伴宙太からはライバルとも見なされず、物語からもいつの間にかフェードアウトしていきました。

でも今ならこの速水をマンガにしたら武井と鈴木を合わせたようなキャラにしてきっとおもしろい話が描けると思います。

最新のスポーツ科学の知識(でも時々ぶっ飛んだオリジナル持論)と職人独特のストイックさをあわせ持つキャラとか。

それでは今日はこのへんで。マタンキ

-アニメ, 漫画
-, ,

© 2021 MK団のマタンキ日報