アニメ 思い出話・雑談 特撮

2022/6/4

【愛國戦隊】庵野秀明展に行ってきたがあの作品がなかった

ども、MK団2代目団長マタンキ角南です。 大阪あべのハルカスで開かれている庵野秀明展に行ってきました。 うーーーん、でも実を言うと、ふしぎの海のナディアも王立宇宙軍もトップをねらえ!も見てないんだなあ。 エヴァは一応見たけど感想は正直いうと「?????」だった。 最後がねえ……なんかあまり考えてなかったんだろうなって感じで、きちんと終わらせなかったことで。 振りが大きすぎて空振りした感じ。 だがワイは40年前、リアルで日本SF大会に参加しDAIKON FILMを目の当たりにしたとき庵野秀明は天才だと思った ...

ReadMore

特撮

2022/5/25

シン・ウルトラマン見てきた

ども、MK団2代目団長マタンキ角南です。 庵野秀明監督のシンウルトラマン見てきました。 めちゃくちゃ面白かった。 こういうのでいいんだよ。 21世紀の新考察で物語を作るなら、下手にこねくり回したらダメだって。 まあ悪い見本が3ヶ月先に公開された「大怪獣のあとしまつ」ですなw   ところで劇中でも少し触れられていたけど、ウルトラマンのあの体の模様、衣服なのか地肌なのか? 現在の円谷の公式設定がどうかは知りませんが、あれは 地肌の模様 です。 そして顔や指紋が違うように、全く同じ模様をしたウルトラ族 ...

ReadMore

漫画

2022/4/12

ラーメン大好き小池さんの食べているラーメン

ども、MK団2代目団長マタンキ角南です。 藤子不二雄の漫画に登場する、いつもラーメンを食べているキャラといえば小池さん。 初登場はオバケのQ太郎で、実は最初は小池さんじゃなく鈴木さんでした。 小池アパートに下宿している鈴木さんだったのです。 アパートの表札に小池とあったので読者はみんなこの人を小池さんと思い込み、そのうち公式に小池さんと名前が変わったのは有名な話。 ストーリーにはまず絡むことはまずない脇役キャラなのに超有名な人です。 ちなみにオバQは二人の藤子不二雄先生の本当の合作作品で、この小池さんは藤 ...

ReadMore

漫画

2022/3/23

いとしのエリーという男子高校生と美人先生との恋愛漫画

ども、MK団二代目団長マタンキ角南です。 「断りきれず、一線を越えてしまい」女性教師・32歳を懲戒免職 教え子の男子中学生との“過ち”とは 自宅に押しかけてきた14歳下の”教え子” 東京都教育委員会は、今月4日、多摩地域の中学校に勤務する32歳の女性教師を、懲戒免職にしたことを発表した。 処分理由は、2019年3月28日午後10時ごろからのおよそ30分間、当時、勤務していた中学校の男子生徒と、自宅で性行為に及んだことだった。 女性教師(当時29歳)によると、何となく好意を寄せられていることには気づいていた ...

ReadMore

アニメ

2022/3/11

【意識調査】9割以上が「違和感」長寿アニメの“声優交代” で視聴者が求めるものは?

ども、いまだに 栗田ルパンが認められない MK団二代目団長マタンキ角南です。 「長寿アニメの声優交代で違和感をおぼえたことが“ある”」と回答した人は実に93%超。 長寿アニメの声優交代時に視聴者が求めるのは違和感がないことです。 この違和感とは何かというと、その解釈は大きく分けて二つあります。 一つは前の声優さんに声が似ているということ。 もう一つはそのキャラに声が合っているということ。   長寿アニメで声優入れ替え方は、サザエさんやルパン三世のように少しずつ交代するか、ドラえもんのように一気に ...

ReadMore

アニメ 漫画

あだち充の作品で「タッチ」だけが好きになれない

スポーツ漫画の不動の名作、あだち充の『タッチ』。誰もが知っている同作だが、2016年10月12日(水)発売の『月刊少年サンデー(ゲッサン)』で明かされた同作の名前の由来に「まじかーーー! この事実は結構ショック(笑)」「まさかそんな意味があったとは…震えたわ」とファンに衝撃が走っている。

同誌では、覆面漫画家・カメントツがあだちにインタビューしているのだが、「なんで『タッチ』で上杉達也を殺したの?」というド直球な質問から始まっている。あだちは「最初から殺すつもりだった」とこちらも直球かつ驚愕の事実をさらりと返答。
さらに「タイトルの『タッチ』は『バトンタッチ』の『タッチ』だからねぇ。」と、天地がひっくり返るような事実を明かすのだ。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/

b97780

ども。MK団2代目団長マタンキ角南です。

団長が初めてあだち充のマンガを読んだのはみゆきでした。

実はそれまであだち充のことをエロ漫画家だと思っていました(すんません)

いっぺんにファンになりましたね。

マンガを読んで生まれて初めて(今で言うところの)萠えを感じた作品でした。

そして次に読んだのがほぼ同時期にサンデーで連載されていたタッチ

しかしこれがなぜか好きになれなかった。

みゆきとタッチの違いは何か?

みゆきの主人公(?)若松まさとはごくごく普通か平均より少し下ぐらいの兄なのに対し

タッチの2人の兄弟は優秀な弟とダメな兄貴(主人公)という図式です。

がちょっと読めばわかるけど、実はひたすらまじめな努力の弟努力していない天才の兄の話なんです。

それが弟の死によって、それまで眠っていた天才が覚醒して努力を始めてスーパーサイヤ人天才になっていく話になっていくのです。

おもしろいですか?

天才が努力してさらにスーパー天才になる話が。

そう言いだすとスポ根漫画の天才型のライバルって天才のように見えて伸びシロ無しのどん詰まりで、逆に主人公こそ努力の人に見えて実は天才が努力してスーパー天才になる話がほとんどなんですけどね。

drftgyhhnuhu

でも普通のマンガではそんな雰囲気は見せないモノなんです。

あくまでもライバルは天才で、主人公は凡人で努力の人なのです。

最後は天才相手に努力の凡人が勝つからこそ、凡人の読者が感動出来るのです。

タッチだけは最初から努力しない天才の兄という描写があって、努力を始めてからもどこか人を食った感じでどうしても好きになれませんでした。

野球をやる理由も、弟の遺志を継ぐといった自分の本意じゃねえよ、弟のためにやってるんだみたいな感じだし。

そしてその天才はそれまで野球どころかスポーツさえまともにしたことが無かったのに1年頑張ったぐらいで甲子園全国大会で優勝しちゃいます。

その後は普通の生活に戻って(たぶん)もう野球はしないっのて、なんか主人公は野球そのものを見下してる感がしてしょうがないんです。

 

「タッチはバトンタッチと言う意味。和也が死ぬのは最初から決まっていた」

努力型の弟は好きだった女の子にもフラれ(キス拒否される)、最終的には死んじゃうなんて。

天才(実は伸び代無し)型のライバルに、凡人(実は超天才)の主人公が勝ってしまうのはしょうがないにしても、最初から死ぬ予定だったとはあまりにもひどすぎる。

以上がどうしてもタッチが好きになれない理由です。

それでは今日はこのへんで。マタンキ

[amazonjs asin="B07DXP324J" locale="JP" title="タッチ 完全復刻版(1) (少年サンデーコミックス)"]

-アニメ, 漫画
-,