漫画

2021/1/19

【リボンの騎士】トランスジェンダーと女系による王位継承

ども、MK団2代目団長マタンキ角南です。 「性に違和感」同意なくHPに 園児両親、削除求め提訴: 自分は女の子なのに、体が男の子――。そう話す、大津市立保育園に通う園児(6)の性別への違和感や受診歴が、同意のないままホームページで公開されているとして、両親が市に情報の削除を求めて大津地裁に提訴した。園児をめぐっては、ほかの園児からのいじめ行為に対する対応が不十分だったとして、市が両親に謝罪。両親は、性的少数者の子どもに対する市側の無理解を訴えている。(新谷〈しんや〉千布美) 訴状によると、受診歴などが公開 ...

ReadMore

アニメ 漫画

2021/1/21

聖闘士星矢でユニコーン邪武がレギュラーに入らなかったのが不憫でしょうがない

ども、MK団2代目団長マタンキ角南です。 ジャンプで好きだった漫画家の1人に車田正美がいます。 名前もそうですが、初期は絵柄もきれいで線が優しかったので女性漫画家かもと思っていた時期がありました。 おまけにこんなのもあったしw まあ今から考えたらどう見ても男なんですけどね 小学生の時はだまされましたw さてその車田先生の代表作聖闘士星矢がアニメ化されたのが80年代後半 すでに私は大学生から社会人になろうとしていた頃です まあとっくにジャンプは卒業していたのですが、それでも聖闘士星矢と男塾は読んでました。 ...

ReadMore

アニメ 漫画

2021/1/13

サヨナラ銀河鉄道999アンドロメダ終着駅を見てきた

ども、MK団2代目団長マタンキ角南です。 さて今回は前回に続き、大阪にある塚口サンサン劇場というミニシアターでサヨナラ銀河鉄道999アンドロメダ終着駅の映画を見てきました。 今から40年前、団長が中学高校生の頃、松本アニメ映画は夏休みの風物詩でした。 学年 松本零士アニメ映画タイトル 中学1年(1977年夏) 宇宙戦艦ヤマト 中学2年(1978年夏) さらば宇宙戦艦ヤマト 中学3年(1979年夏) 宇宙戦艦ヤマト新たなる旅立ち1979年7月31日テレビSP、 銀河鉄道999(The Galaxy Expr ...

ReadMore

アニメ 漫画

2021/1/21

【銀河鉄道999】メーテルって結局クローン人間だよね?

ども、MK団2代目団長マタンキ角南です。 最近映画を見るのが趣味になってきてました。 今までは年に数本、それも話題になってる映画ばかりだったのですが、去年から大型シネコンではやらないマニアックな映画や昔の映画をミニシアターと呼ばれる映画館に見に行ったりするようになりました。 去年はあの銀河鉄道999を見にいきました。 名作だけに全国のミニシアターでは時々上映してるみたいです。 2021年1月31日 BS12 日曜アニメ劇場で放映予定 銀河鉄道999はご存知の通り、星野鉄郎と謎の美女メーテルが、機械の体をタ ...

ReadMore

思い出話・雑談

2021/1/4

【2021年】21世紀もすでに1/5が過ぎたわけだが

あけましておめでとうございます MK団2代目団長マタンキ角南です 2021年、21世紀になってすでに20年、つまり1/5が過ぎました はぁ〜、時間の流れるのは早いですねえ ついこの前、2000年のミレニアムカウントダウンとかしていたような気がするんですが 昭和の子どもたちはみんなノストラダムスを信じていて、人類に21世紀はないものだと思ってました。 【ノストラダムスの大予言】著者・五島勉氏 _子供たちに謝りたい ... もし仮に21世紀を迎えることが出来たら、それはきっとSF映画やアニメに出てくるような未 ...

ReadMore

アニメ 漫画

あだち充の作品で「タッチ」だけが好きになれない

スポーツ漫画の不動の名作、あだち充の『タッチ』。誰もが知っている同作だが、2016年10月12日(水)発売の『月刊少年サンデー(ゲッサン)』で明かされた同作の名前の由来に「まじかーーー! この事実は結構ショック(笑)」「まさかそんな意味があったとは…震えたわ」とファンに衝撃が走っている。

同誌では、覆面漫画家・カメントツがあだちにインタビューしているのだが、「なんで『タッチ』で上杉達也を殺したの?」というド直球な質問から始まっている。あだちは「最初から殺すつもりだった」とこちらも直球かつ驚愕の事実をさらりと返答。
さらに「タイトルの『タッチ』は『バトンタッチ』の『タッチ』だからねぇ。」と、天地がひっくり返るような事実を明かすのだ。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/

b97780

ども。MK団2代目団長マタンキ角南です。

団長が初めてあだち充のマンガを読んだのはみゆきでした。

実はそれまであだち充のことをエロ漫画家だと思っていました(すんません)

いっぺんにファンになりましたね。

マンガを読んで生まれて初めて(今で言うところの)萠えを感じた作品でした。

そして次に読んだのがほぼ同時期にサンデーで連載されていたタッチ

しかしこれがなぜか好きになれなかった。

みゆきとタッチの違いは何か?

みゆきの主人公(?)若松まさとはごくごく普通か平均より少し下ぐらいの兄なのに対し

タッチの2人の兄弟は優秀な弟とダメな兄貴(主人公)という図式です。

がちょっと読めばわかるけど、実はひたすらまじめな努力の弟努力していない天才の兄の話なんです。

それが弟の死によって、それまで眠っていた天才が覚醒して努力を始めてスーパーサイヤ人天才になっていく話になっていくのです。

おもしろいですか?

天才が努力してさらにスーパー天才になる話が。

そう言いだすとスポ根漫画の天才型のライバルって天才のように見えて伸びシロ無しのどん詰まりで、逆に主人公こそ努力の人に見えて実は天才が努力してスーパー天才になる話がほとんどなんですけどね。

drftgyhhnuhu

でも普通のマンガではそんな雰囲気は見せないモノなんです。

あくまでもライバルは天才で、主人公は凡人で努力の人なのです。

最後は天才相手に努力の凡人が勝つからこそ、凡人の読者が感動出来るのです。

タッチだけは最初から努力しない天才の兄という描写があって、努力を始めてからもどこか人を食った感じでどうしても好きになれませんでした。

野球をやる理由も、弟の遺志を継ぐといった自分の本意じゃねえよ、弟のためにやってるんだみたいな感じだし。

そしてその天才はそれまで野球どころかスポーツさえまともにしたことが無かったのに1年頑張ったぐらいで甲子園全国大会で優勝しちゃいます。

その後は普通の生活に戻って(たぶん)もう野球はしないっのて、なんか主人公は野球そのものを見下してる感がしてしょうがないんです。

 

「タッチはバトンタッチと言う意味。和也が死ぬのは最初から決まっていた」

努力型の弟は好きだった女の子にもフラれ(キス拒否される)、最終的には死んじゃうなんて。

天才(実は伸び代無し)型のライバルに、凡人(実は超天才)の主人公が勝ってしまうのはしょうがないにしても、最初から死ぬ予定だったとはあまりにもひどすぎる。

以上がどうしてもタッチが好きになれない理由です。

それでは今日はこのへんで。マタンキ

-アニメ, 漫画
-,

© 2021 MK団のマタンキ日報