アニメ

2024/5/22

【京都】金曜ロードショーとジブリ展行ってきた

金曜ロードショーとジブリ展 京都岡崎の京セラ美術館 京都岡崎の美術館。 今は名称が京セラ美術館なんですね。 長い間来なかったら随分変わってしまっててびっくりしました。 ただいま京都市京セラ美術館で金曜ロードショーとジブリ展を開催しております。 金曜ロードショーとジブリ展 なお当日いきなり行っても予約制なので入れませんのでご注意ください。 今回展示の内容はというと今まであったジブリ展とは少し……いや、かなり違いました。 よくあるジブリの歴史や映画の資料とかの展示は最小限にして、かわりに撮影スポットがいっぱい ...

ReadMore

思い出話・雑談

2024/5/3

ゴルゴ13の最終回と太陽にほえろ

ゴルゴ13の最終回 ゴルゴ13の名前を呼ぶときの作法 ゴルゴ13の主人公のことを「ゴルゴ」と呼ぶのはニワカです。 彼を呼ぶ時は1回目は「ゴル……あ、いやデューク東郷」と呼び、2回目以降は「デューク東郷」と呼ぶのが正しい作法です。 でも面倒くさくなったらゴルゴでもよろしい。 最終回の原稿にまつわる都市伝説 ども。MK団2代目団長マタンキ角南です。 ゴルゴ13の最終回に関する都市伝説で、実は最終回の原稿は既に描かれていて、さいとうプロダクションの金庫にしまってあるという話があります。 まあよく出来た話ですが、 ...

ReadMore

漫画

2024/5/14

リングにかけろ!黄金の日本Jrスーパーブローまとめ

黄金の日本Jrたちのスーパーブロー 習得時期時系列 習得時期高嶺竜児剣崎順河合武士志那虎一城香取石松チャンピオンカーニバル編(Jr全国大会)ブーメランフックローリングサンダー日米Jr決戦編影道編ブーメランスクエアー(未完成)ジェットアッパースペシャルローリングサンダーハリケーンボルトJr世界大会編ブーメランスクエアー(完成)ギャラクティカマグナム(前期型)ギャラクティカファントムギリシア12神編テリオスジェットラベンダー円月拳スパイラルハリケーン阿修羅編ギャラクティカマグナム(後期型)世界タイトルマッチ編 ...

ReadMore

思い出話・雑談

2024/4/6

アストロ球団まとめ(4)ライバルたち

アストロの前に立ちはだかったライバルたち 巨人 王貞治 言わずと知れた世界のホームラン王。 連載が始まった年の昭和47年には、ホームラン48本、打点104点の二冠。他にもダイヤモンドグラブとベストナイン受賞。 アストロ結成の昭和48年には三冠王(ホームラン51本、打点111点、打率.355)とMVPにダイヤモンドグラブとベストナインと全てのタイトルを総なめにした。 まさに日本球界最強のバッターで、アストロ超人と戦った唯一の実在の人物でもあった。 しかし作中ではアストロ超人の完全な噛ませポジションだった。 ...

ReadMore

思い出話・雑談

2024/5/22

【ドーベルマン刑事】大阪のゲタばき刑事 宮武鉄二

服部平次になれなかった男 宮武鉄二、登場! ドーベルマン刑事には途中から、大阪からやってきたゲタばき刑事こと宮武鉄二がレギューラーとして登場します。 普段は1話完結形式のドーベルマン刑事ですが、この宮武初登場は前中後編の3週にわたっての話になります。 初登場の話は大阪と東京の暴力団同士の抗争話「ゲタばき刑事!」に登場 主人公と互角かそれ以上の実力をもつライバルの登場!! こいつが後の服部平次かーーーーー!? いやいやいやいや、これ大阪人怒っていいぞ いくら昭和でもカンカン帽に楊枝くわえて、腹巻きに下駄履き ...

ReadMore

思い出話・雑談

いつになったら人類は本当の“宇宙”に行けるのか

ども、MK団2代目団長マタンキ角南です。

元ZOZOの社長だった前澤さんが”宇宙”に行きました。

あれ?

たしか3年前は、宇宙旅行の民間会社(スペースX社)と契約したので8人ぐらいのパーティーで月まで行こうって話だったように思うけど……

前澤友作と月へ行くクルー8名を募集

前澤友作(株式会社スタートトゥデイ 代表取締役社長)は、宇宙開発企業スペース・エクスプロレーション・テクノロジーズ(英:Space Exploration Technologies Corp.、本社:カリフォルニア州・ホーソーン、CEO:イーロン・マスク、以下: SpaceX社)が開発を進めている超大型ロケット「Starship」に乗って、民間人初となる月周回を計画している宇宙プロジェクト「dearMoon」の同乗者を世界中から8名募集することを本日発表いたしました。

dearMoonプロジェクトは、2018年に前澤友作によって、イーロン・マスク氏率いるSpaceX社が2023年の打ち上げに向けて開発を進めている超大型ロケット「Starship」による民間人初の月周回計画の全席の権利を取得したことにより始動いたしました。

そして、この度前澤の「宇宙へ行くチャンスをより多くの、より多様な人に開きたい」との願いから、前澤友作とともに月へ行くクルー8名を、世界中から公募することが決定いたしました。prtimes.jp

prtimes.jpより

2023年なんてすぐやん!

人類がまた月に行けるのか、しかも民間人が!?

と思っていたら、いつの間にか大幅にスケールダウンしてISS宇宙ステーションに入るだけになってしまった。

宇宙計画って

「アメリカは再び月に人類を送り込む」

「アメリカは2024年に月に女性の宇宙飛行士を送り込む(アルテミス計画)」

「アメリカは2030年代に火星へ有人探査を行う(2010年オバマ大統領)」

とにかく「アメリカは〇〇年までに××まで行く!」みたいな話をしょっちゅうしてるが、実際はいつまで経っても宇宙ステーション以上のところへ行ける気配がない。

検索すれば「2010年までに……」なんて話まで出てくる。

もう終わっとるがな。

そういえばワイが子どもの頃読んだ小学館の本には

「皆さんが大人になる頃には夏休みに家族で月旅行が行けるようになってるでしょうね」

みたいなことが書かれていて

「大人になってからか〜。もっと早く行きたいなあ〜」

なんてことを思っていた。

ところが現実はどうだ?

アポロが月に行ってから50年以上経ったが、あれから人類は誰も月に行ってない。

なぜだ!なぜなんだ!!

答えは簡単。

人類の科学力ではまだまだとても月まで行けないからだ。

陰謀論とか信じる方ではないがこれに関しては断言してもいい。

人類は月に行ってない!

アポロから送られてきた写真や動画に関して、いろんな矛盾が指摘されている。

それらに関しては反論もされているので、どちらの言い分が正しいかそれぞれで判断したら良い。

ワイは世間で言われてる陰謀説に関しては、どちらかというと肯定派(アポロは月に行ってる派)の方に分があると思っている。

しかしそれでもアポロが月に行ってないとする理由は技術的な問題。そして単純に距離の問題だ。

地球の直径は12,742km、月の直径は3,474km、そしてその距離38万km。

人間というやつはある程度数字が大きくなると感覚が麻痺してわからなくなってしまう。

さらにここに宇宙ステーションISSの衛星軌道は高度40万mとか言って単位をすり替えてしまうともうわからない。

さらにさらに比較対象を飛行機にして

「ジャンボジェットの高度が1万mなのでいかに宇宙ステーションが遠いかわかるでしょう」

なんて言いだされるともう何がなんやら……

こうやって人は騙されていくのである

地球から月までの距離

数字は忘れて、まずこの図を見てほしい。

多くの人は地球と月の位置関係をこんなふうに思っている。

 

だが実際はと言うと

 

これぐらい離れているのだ。

月がむちゃくちゃ遠くにあり、逆に宇宙ステーションのなんと近いこと!

イメージしやすい単位に置き換えてみよう。

仮に地球の大きさを直径1mとしたら月までの距離は30m(月の直径は27cm)

そして宇宙ステーションは地球から3cmしか離れていないのだ。

3mの計算間違いじゃないかと思ったが、本当にたった3cmだった。

それが地球宇宙ステーションの位置関係なのだ。

21世紀になってすでに20年過ぎた。

なのに我々人類はいまだに3cmのところを宇宙と呼んで必死に飛んでるのだ。冗談抜きで目と鼻の先ぐらいである。

おかしくないか?

50年以上も昔に、滑走路のないガタガタの岩場に初見で着陸し、発射台もないのに再びロケットを打ち上げ、月の引力を振り切り、月の衛星軌道で待機している母船とドッキングし、再び地球に帰ってくるなどということを何度もやってのけたはずなのに?

何度も言うが50年以上昔の技術で?

絶対無理だ! 

こう考えたら人類が50年以上も前にすでに月に行ったなんて誰がどう考えたっておかしいだろうと。

1990年代、月に行ってから20年ぐらいの時には

「月に行くには予算がかかりすぎる。コストとリターンが見合わない」

という言い訳もまだ納得された。

しかし50年過ぎた今でも同じことを言っている。

今や民間人が宇宙ステーションへ行き、ロケットを打ち上げられるぐらいまでコストダウンしているのに……

一体いつになったら人類は他の星へ行けるのだろう。

いつになったら本当の宇宙に出られるのだろう。

多分……いや、絶対ワイが生きてる間は無理だ。

それぐらい本当の宇宙は遠いのだ。

それでは今日はこの辺で。マタンキ。

-思い出話・雑談