漫画

2021/6/7

【味割り】お客の世代と出身地に合わせて、麺の硬さとスープの濃さを調整

客の好みで味を変えるラーメン屋 八重洲北口周辺で22時頃から営業。 「お客の世代と出身地に合わせて、麺の硬さとスープの濃さを調整してるよ。どうやって判断するかだって?44年間お客を見てきたんだ。注文の声聞きゃ出身までわかるよ」(丹羽さん) 44年間、屋台でラーメンを作り続けた昭和の頑固オヤジ「最近はすぐ通報される」 八重洲北口方面の薄暗い路地に入ると、いかにも“昭和の頑固オヤジ”といったふうの店主が リヤカーを引いている。店主の丹羽英明さん(仮名・70歳)だ。 44年間、これまで川崎、上野、柏、八重洲と渡 ...

ReadMore

アニメ

2021/5/27

【映画】キャプテンハーロックわが青春のアルカディアを観てきた

ども、MK団2代目団長マタンキ角南です。 またまた大阪にある塚口サンサン劇場というミニシアターで、今回はキャプテンハーロックわが青春のアルカディアの映画を見てきました。 今から40年前、団長が中学高校生の頃、松本アニメ映画は夏休みの風物詩でした。 学年 松本零士アニメ映画タイトル 1977年夏(ワイ中学1年) 宇宙戦艦ヤマト 1978年夏(ワイ中学2年) さらば宇宙戦艦ヤマト 1979年夏(ワイ中学3年) 宇宙戦艦ヤマト 新たなる旅立ち(7月31日テレビSP放送) 銀河鉄道999(The Galaxy E ...

ReadMore

思い出話・雑談

2021/2/25

【ブルース・リー生誕80年】映画・燃えよドラゴンを見てきた

ども、MK団2代目団長マタンキ角南です。 ブルース・リーが生誕80年(2020年)と言うことで、今あの燃えよドラゴンが日本全国の映画館でリバイバル上映されています。 ブルース・リーの燃えよドラゴンといえば今から47年前に大ブームを起こした映画です。 子どもの頃はブルース・リーじゃなく、ブルー・スリーだと思ってましたw 当時の小学生でブルースリーの真似したことがない子どもはいませんでした。 男子なら全員が「アチョー」って言いながらおもちゃのヌンチャク(新聞紙を筒状に丸めて作ったりしていた)で遊んでました。 ...

ReadMore

思い出話・雑談 特撮

2021/1/30

子どもの頃は仮面ライダーカードに見向きもせず、記念切手を集めていた

ども、MK団2代目団長マタンキ角南です。 【悲報】仮面ライダーさん、小売を苦しめてしまう  仮面ライダーグッズが大量売れ残りだって? カゴに山積みされた仮面ライダー商品を見ると我々世代は仮面ライダースナックを思い出します。 知らない世代の人に簡単に言うと、今からちょうど50年前、仮面ライダースナックというスナック菓子が発売されたのですが、当時の子どもたちはお目当てはオマケの仮面ライダーカード。 お菓子の方はゴミとして食べずに捨ててしまって、当時は社会問題となったのです。 今で言うならAKBの握手券目当てで ...

ReadMore

漫画

2021/1/23

【リボンの騎士】トランスジェンダーと女系による王位継承

ども、MK団2代目団長マタンキ角南です。 「性に違和感」同意なくHPに 園児両親、削除求め提訴: 自分は女の子なのに、体が男の子――。そう話す、大津市立保育園に通う園児(6)の性別への違和感や受診歴が、同意のないままホームページで公開されているとして、両親が市に情報の削除を求めて大津地裁に提訴した。園児をめぐっては、ほかの園児からのいじめ行為に対する対応が不十分だったとして、市が両親に謝罪。両親は、性的少数者の子どもに対する市側の無理解を訴えている。(新谷〈しんや〉千布美) 訴状によると、受診歴などが公開 ...

ReadMore

漫画

【リボンの騎士】トランスジェンダーと女系による王位継承

ども、MK団2代目団長マタンキ角南です。

「性に違和感」同意なくHPに 園児両親、削除求め提訴:

自分は女の子なのに、体が男の子――。そう話す、大津市立保育園に通う園児(6)の性別への違和感や受診歴が、同意のないままホームページで公開されているとして、両親が市に情報の削除を求めて大津地裁に提訴した。園児をめぐっては、ほかの園児からのいじめ行為に対する対応が不十分だったとして、市が両親に謝罪。両親は、性的少数者の子どもに対する市側の無理解を訴えている。(新谷〈しんや〉千布美)

訴状によると、受診歴などが公開されているのは、大津市のサイトにある保育園のページ。2019年度の「保育園評価書」のPDFファイル内で、氏名を伏せて園児のことが紹介されている。昨年7月末には掲載されていたという。

評価書はA4判2枚。今後の課題などの欄に、「今年度入所した4歳児が、自分の身体の性に違和感を感じる訴えをしたことをきっかけに、11月に受診された」とある。続けて「LGBT対にする知識や認識を職員が高めていくようにする(原文ママ)」と書かれている。

自分の性をどう思っているか(性自認)、どんな人に恋愛感情を抱くか(性的指向)を本人の意思に反して明かす「アウティング」。偏見や差別を招く行為として問題になっている。

朝日新聞デジタル 

リボンの騎士サファイアとは逆のパターンですね。

リボンの騎士は今から50年以上昔にLGBTトランスジェンダー女系による王位継承問題を扱った作品なのです。

手塚治虫先生は我々の50年以上先を行ってました。さすがとしか言いようがないです。

 

【あらすじ3行で】

「女は王位につけない」という法律のあるシルバーランドに、トランスジェンダー(性同一性障害)の王女サファイアが誕生した。

様々な戦いの末、法律は改正され、女王となったサファイアは隣国ゴールドランドのフランツ王子と結婚。

シルバーランドはゴールドランドに併合され、めでたしめでたし。

 

ん、これいいのか?

いやいや、さすがにこれはあきませんわ、手塚先生w

わかりやすく日本の例に置き換えると、愛子様が皇位を継承し、隣国の金王朝(ゴールドランド)の王子と結婚して日本が北朝鮮に併合されることになるという、ネトウヨじゃなくても発狂しそうな極左思想漫画です。

 

まあそれはさておき(さておいていいのか?)今回読み直して気になったことは、サファイアの恋のお相手となるゴールドランドのフランツ王子。

アニメでは手塚スターシステムのロックがフランツを演じていますが、漫画では別の人(名前知らない)です。

なかよしに連載されていたのでサファイアとフランツ王子の恋愛もストーリーに大きなウェイトを占めています。

でもこのフランツ王子、ちょっと性格に問題があるような気がします。

亜麻色の髪の乙女(実はサファイアの変装)に恋をするのですが、その一方で誤解とはいえサファイアに対して酷い態度をとります。

けっこう酷い言葉で相手を侮辱したり

証拠もないのに人を疑ったり

自分の思い通りにならないと脅迫したりと。

サファイアは、これまで自分を何度も殺そうとしてきたナイロン卿が死刑になりかけのところを助けたりしますが

一方、フランツは

結構冷たいです。

ナイロンは確かに酷いやつだけど、人として器小さすぎないか、フランツ王子。 

でも亜麻色の髪の少女=サファイアとわかると急に態度を変えたりします 

手のひらクルーっです(笑)

一国の王子という身分でありながら、これって人としてどうよ?って感じです。

フランツ王子に対して海賊ブラッドという男がいます。

海賊ですが実にいい男です。

海を漂流していたサファイアを助けるのですが、そのサファイアに一目惚れします。

超どストレートなプロポーズ!

でもサファイアはフランツのことが好きで申し出を断ってしまうのです。

ブラッドはフラれたにもかかわらず、その後何度も何度も命がけでピンチのサファイアを助けたりします。

最期は自分も毒矢でケガをしているのに1回分しかない解毒剤は自分ではなくサファイアに使ってくれといって亡くなりました。

男の中の男という言葉がぴったり。

今なら男というよりと呼ばれることでしょう。

実はこの海賊ブラッド、先のフランツ王子の生き別れの兄だったりします。

同じ兄弟でも絶対こいつの方が男らしいぜ。

 

物語の最後はサファイアは性同一性障害を解消し、女の子の心だけを持つ女王となってフランツと結婚。

シルバーランドとゴールドランドは併合されて一つの国になりましたとさ。

 

なおこのリボンの騎士、公式のリメイク版がたくさん出ています。

いろいろありますがどれも原形とどめてないような……いいのかこれw

でも機会があったら読んでみよう

それでは今日はこの辺で。マタンキ

-漫画
-,

© 2021 MK団のマタンキ日報