アニメ

2021/11/10

「声」の初恋は太田淑子さん

ども、MK団2代目団長マタンキ角南です。 団長が子どもの頃大好きだった声優さんが太田叔子さんです。 この人の中性的で、少し幼い感じの不思議な声が好きでした。 アニメの声で有名なのはジャングル大帝レオ、ひみつのアッコちゃん、新オバケのQ太郎の正ちゃん、ドラえもん(日テレ版)のび太、ヤッターマン1号、などなど。 中でも一番好きだったのがリボンの騎士のサファイアです。 漫画のヒロインへの初恋があったとすれば、団長はサファイアでした。 太田さんの中性的な声がトランスジェンダーだったサファイア王子(サファイア姫)に ...

ReadMore

アニメ

2021/10/29

【ルパン三世50周年記念】カリオストロの城は何度でも見られる映画

ども、MK団2代目団長マタンキ角南です。 ルパン三世50周年記念で、ただいま全国で特別上映されているカリオストロの城(4K+7.1ch)観てきました。 https://www.toho.co.jp/ ルパン三世カリオストロの城といえば、日本に ロリコン という言葉を定着させた名作アニメです。 クラリスの年齢が推定16〜17歳、伯爵が推定40歳。 どこからどう見てもロリコンですw あとこまかい豆知識として、アルセーヌ・ルパンシリーズに「カリオストロ伯爵夫人」という作品があって、そこに登場する仇敵がカリオスト ...

ReadMore

漫画

2021/10/6

【ゴルゴ13】「死闘ダイヤカットダイヤ」に登場する偏屈な職人のジジイがたまらなく渋い

ども、MK団2代目団長マタンキ角南です。 団長が一番長く読み続けてる漫画がゴルゴ13です。 連載から50年以上経ち、連載期間と発行巻数でギネス記録更新中の漫画です。 「ゴルゴ13」がギネス世界記録に 作者「正直驚き」:朝日新聞デジタル  よく主人公のことを「ゴルゴ」もしくは「ゴルゴ13」と呼ぶ人がいますが、団長はそれはニワカだと思ってます。 主人公の名前を呼ぶ時は、1回目はゴル……あ、いやデューク東郷と呼び、2回目以降はデューク東郷というのが正しい作法です(笑 それからよくある間違いで、デューク東郷の職業 ...

ReadMore

特撮

2021/10/6

【イデ隊員追悼】兵庫県立美術館“ウルトラマン55周年 TSUBURAYA EXHIBITION 2021”に行ってきた

ども、MK団2代目団長マタンキ角南です。 兵庫県立美術館に“ウルトラマン55周年 TSUBURAYA EXHIBITION 2021”見に行ってきました。 『ウルトラマン55周年 TSUBURAYA EXHIBITION 2021』 7月13日(火)より兵庫県立美術館にて開催決定! 緊急事態宣言下なのに県跨ぎで兵庫県まで行っちゃって、神戸の人すみません💦 人がいっぱいだったらどうしようかと思ったけど、このご時世のせいなのか、あまり人はいませんでした。 会場には人間サイズのウルトラ6兄弟、巨大サイズのレッド ...

ReadMore

思い出話・雑談

2021/8/28

昭和の生まれの歯並びと虫歯治療

ども、MK団2代目団長マタンキ角南です。 【悲報】歯並びとかいうガチのマジで運要素が強すぎる身体的特徴 1:風吹けば名無し 2021/08/23(月) 04:09:48.07 ID:81c+BZ+p0 ある程度裕福じゃなきゃろくに矯正できんし口くせーし虫歯なりやすいとか最悪やろ 歯並び良くて良かったわ IT速報 今やネットでは 歯並び悪いやつは育ちが悪い 常識になってるけど、昭和の時代そんなこと気にしてるようなやつはいなかった。 みんな自然のまま、といえば聞こえがいいが、基本ほったらかし。 歯磨きだけはき ...

ReadMore

漫画

【リボンの騎士】トランスジェンダーと女系による王位継承

ども、MK団2代目団長マタンキ角南です。

「性に違和感」同意なくHPに 園児両親、削除求め提訴:

自分は女の子なのに、体が男の子――。そう話す、大津市立保育園に通う園児(6)の性別への違和感や受診歴が、同意のないままホームページで公開されているとして、両親が市に情報の削除を求めて大津地裁に提訴した。園児をめぐっては、ほかの園児からのいじめ行為に対する対応が不十分だったとして、市が両親に謝罪。両親は、性的少数者の子どもに対する市側の無理解を訴えている。(新谷〈しんや〉千布美)

訴状によると、受診歴などが公開されているのは、大津市のサイトにある保育園のページ。2019年度の「保育園評価書」のPDFファイル内で、氏名を伏せて園児のことが紹介されている。昨年7月末には掲載されていたという。

評価書はA4判2枚。今後の課題などの欄に、「今年度入所した4歳児が、自分の身体の性に違和感を感じる訴えをしたことをきっかけに、11月に受診された」とある。続けて「LGBT対にする知識や認識を職員が高めていくようにする(原文ママ)」と書かれている。

自分の性をどう思っているか(性自認)、どんな人に恋愛感情を抱くか(性的指向)を本人の意思に反して明かす「アウティング」。偏見や差別を招く行為として問題になっている。

朝日新聞デジタル 

リボンの騎士サファイアとは逆のパターンですね。

リボンの騎士は今から50年以上昔にLGBTトランスジェンダー女系による王位継承問題を扱った作品なのです。

手塚治虫先生は我々の50年以上先を行ってました。さすがとしか言いようがないです。

 

【あらすじ3行で】

「女は王位につけない」という法律のあるシルバーランドに、トランスジェンダー(性同一性障害)の王女サファイアが誕生した。

様々な戦いの末、法律は改正され、女王となったサファイアは隣国ゴールドランドのフランツ王子と結婚。

シルバーランドはゴールドランドに併合され、めでたしめでたし。

 

ん、これいいのか?

いやいや、さすがにこれはあきませんわ、手塚先生w

わかりやすく日本の例に置き換えると、愛子様が皇位を継承し、隣国の金王朝(ゴールドランド)の王子と結婚して日本が北朝鮮に併合されることになるという、ネトウヨじゃなくても発狂しそうな極左思想漫画です。

 

まあそれはさておき(さておいていいのか?)今回読み直して気になったことは、サファイアの恋のお相手となるゴールドランドのフランツ王子。

アニメでは手塚スターシステムのロックがフランツを演じていますが、漫画では別の人(名前知らない)です。

なかよしに連載されていたのでサファイアとフランツ王子の恋愛もストーリーに大きなウェイトを占めています。

でもこのフランツ王子、ちょっと性格に問題があるような気がします。

亜麻色の髪の乙女(実はサファイアの変装)に恋をするのですが、その一方で誤解とはいえサファイアに対して酷い態度をとります。

けっこう酷い言葉で相手を侮辱したり

証拠もないのに人を疑ったり

自分の思い通りにならないと脅迫したりと。

サファイアは、これまで自分を何度も殺そうとしてきたナイロン卿が死刑になりかけのところを助けたりしますが

一方、フランツは

結構冷たいです。

ナイロンは確かに酷いやつだけど、人として器小さすぎないか、フランツ王子。 

でも亜麻色の髪の少女=サファイアとわかると急に態度を変えたりします 

手のひらクルーっです(笑)

一国の王子という身分でありながら、これって人としてどうよ?って感じです。

フランツ王子に対して海賊ブラッドという男がいます。

海賊ですが実にいい男です。

海を漂流していたサファイアを助けるのですが、そのサファイアに一目惚れします。

超どストレートなプロポーズ!

でもサファイアはフランツのことが好きで申し出を断ってしまうのです。

ブラッドはフラれたにもかかわらず、その後何度も何度も命がけでピンチのサファイアを助けたりします。

最期は自分も毒矢でケガをしているのに1回分しかない解毒剤は自分ではなくサファイアに使ってくれといって亡くなりました。

男の中の男という言葉がぴったり。

今なら男というよりと呼ばれることでしょう。

実はこの海賊ブラッド、先のフランツ王子の生き別れの兄だったりします。

同じ兄弟でも絶対こいつの方が男らしいぜ。

 

物語の最後はサファイアは性同一性障害を解消し、女の子の心だけを持つ女王となってフランツと結婚。

シルバーランドとゴールドランドは併合されて一つの国になりましたとさ。

 

なおこのリボンの騎士、公式のリメイク版がたくさん出ています。

いろいろありますがどれも原形とどめてないような……いいのかこれw

でも機会があったら読んでみよう

それでは今日はこの辺で。マタンキ

-漫画
-,

© 2021 MK団のマタンキ日報