アニメ

2021/11/10

「声」の初恋は太田淑子さん

ども、MK団2代目団長マタンキ角南です。 団長が子どもの頃大好きだった声優さんが太田叔子さんです。 この人の中性的で、少し幼い感じの不思議な声が好きでした。 アニメの声で有名なのはジャングル大帝レオ、ひみつのアッコちゃん、新オバケのQ太郎の正ちゃん、ドラえもん(日テレ版)のび太、ヤッターマン1号、などなど。 中でも一番好きだったのがリボンの騎士のサファイアです。 漫画のヒロインへの初恋があったとすれば、団長はサファイアでした。 太田さんの中性的な声がトランスジェンダーだったサファイア王子(サファイア姫)に ...

ReadMore

アニメ

2021/10/29

【ルパン三世50周年記念】カリオストロの城は何度でも見られる映画

ども、MK団2代目団長マタンキ角南です。 ルパン三世50周年記念で、ただいま全国で特別上映されているカリオストロの城(4K+7.1ch)観てきました。 https://www.toho.co.jp/ ルパン三世カリオストロの城といえば、日本に ロリコン という言葉を定着させた名作アニメです。 クラリスの年齢が推定16〜17歳、伯爵が推定40歳。 どこからどう見てもロリコンですw あとこまかい豆知識として、アルセーヌ・ルパンシリーズに「カリオストロ伯爵夫人」という作品があって、そこに登場する仇敵がカリオスト ...

ReadMore

漫画

2021/10/6

【ゴルゴ13】「死闘ダイヤカットダイヤ」に登場する偏屈な職人のジジイがたまらなく渋い

ども、MK団2代目団長マタンキ角南です。 団長が一番長く読み続けてる漫画がゴルゴ13です。 連載から50年以上経ち、連載期間と発行巻数でギネス記録更新中の漫画です。 「ゴルゴ13」がギネス世界記録に 作者「正直驚き」:朝日新聞デジタル  よく主人公のことを「ゴルゴ」もしくは「ゴルゴ13」と呼ぶ人がいますが、団長はそれはニワカだと思ってます。 主人公の名前を呼ぶ時は、1回目はゴル……あ、いやデューク東郷と呼び、2回目以降はデューク東郷というのが正しい作法です(笑 それからよくある間違いで、デューク東郷の職業 ...

ReadMore

特撮

2021/10/6

【イデ隊員追悼】兵庫県立美術館“ウルトラマン55周年 TSUBURAYA EXHIBITION 2021”に行ってきた

ども、MK団2代目団長マタンキ角南です。 兵庫県立美術館に“ウルトラマン55周年 TSUBURAYA EXHIBITION 2021”見に行ってきました。 『ウルトラマン55周年 TSUBURAYA EXHIBITION 2021』 7月13日(火)より兵庫県立美術館にて開催決定! 緊急事態宣言下なのに県跨ぎで兵庫県まで行っちゃって、神戸の人すみません💦 人がいっぱいだったらどうしようかと思ったけど、このご時世のせいなのか、あまり人はいませんでした。 会場には人間サイズのウルトラ6兄弟、巨大サイズのレッド ...

ReadMore

思い出話・雑談

2021/8/28

昭和の生まれの歯並びと虫歯治療

ども、MK団2代目団長マタンキ角南です。 【悲報】歯並びとかいうガチのマジで運要素が強すぎる身体的特徴 1:風吹けば名無し 2021/08/23(月) 04:09:48.07 ID:81c+BZ+p0 ある程度裕福じゃなきゃろくに矯正できんし口くせーし虫歯なりやすいとか最悪やろ 歯並び良くて良かったわ IT速報 今やネットでは 歯並び悪いやつは育ちが悪い 常識になってるけど、昭和の時代そんなこと気にしてるようなやつはいなかった。 みんな自然のまま、といえば聞こえがいいが、基本ほったらかし。 歯磨きだけはき ...

ReadMore

アニメ 漫画

人気マンガのアニメ化(ど根性ガエルの思い出2)

MK団(メタクソ団)第二代団長、マタンキ角南です。

ど根性ガエルのドラマが始まりました。
デスノートもそうですけど、ネットでは賛否両論。
というよりどちらも否の方が圧倒的に多いですが。
今回はど根性ガエルの思い出と言うより、原作アニメ化の思い出です。

たぶん団長が読んでいたジャンプのマンガで初めてテレビ化されたのはど根性ガエルだったと思います。
そうそう、今なら「アニメ化」と「ドラマ化」に分類されてますが、当時は「テレビ化」と言ってひとくくりにされてました。

大好きだったど根性ガエルのアニメ第1話、実は見てなかったです。
親戚の家に泊まりに行っていて見られなかったんです。
もちろんビデオのない時代。
1回見逃したらもう終わりです。
団長はなぜか第1話とか最終回とか、あるいは物語の大きな節目になる話を見逃すことが多い子どもでした。

さらに当時は結構いい加減な時代で、再放送でも第1話とかは放送されないことが多かったような気がします。
特にど根性ガエルは夏休みとかに再放送されることが多く、第1話と最終回を放送しなければまた次の夏休みに「去年からの続きだよ。確かこの辺だよね?」って感じで良いと思われてたのかもしれません。

で、ど根性ガエルは第2回から見たんですが、ガッカリだったのを覚えています。

まず絵が違う。
そして声がイメージと全然違う。
「野沢雅子さん(ひろし)と千々松幸子さん(ピョン吉)のどこに不満が?」
と言われそうですが、当時は人気マンガをどんな声優さんが声をあてても「イメージが違う」と言われました。

オバQとかいなかっぺ大将とかタイガーマスクみたいに最初からアニメで入るとそうは思わないんですけど。
ジャンプのマンガは、先に原作を読んでいるので、何を見てもイメージが違いましたね。

今も昔も、人気マンガがテレビ化されると「原作のイメージが」って言われるのは宿命なんでしょう。
でもこれも慣れればどちらを見ても別物として良さがわかってくるような気がします。
ドラマど根性ガエルも別物としてみればかなりおもしろいドラマだと思いますよ。
早くも次の土曜日が楽しみです。

-アニメ, 漫画
-,

© 2021 MK団のマタンキ日報