アニメ

2021/10/12

【ルパン三世50周年記念】カリオストロの城は何度でも見られる映画

ども、MK団2代目団長マタンキ角南です。 ルパン三世50周年記念で、ただいま全国で特別上映されているカリオストロの城(4K+7.1ch)観てきました。 https://www.toho.co.jp/ ルパン三世カリオストロの城といえば、日本に ロリコン という言葉を定着させた名作アニメです。 クラリスの年齢が推定16〜17歳、伯爵が推定40歳。 どこからどう見てもロリコンですw あとこまかい豆知識として、アルセーヌ・ルパンシリーズに「カリオストロ伯爵夫人」という作品があって、そこに登場する仇敵がカリオスト ...

ReadMore

漫画

2021/10/6

【ゴルゴ13】「死闘ダイヤカットダイヤ」に登場する偏屈な職人のジジイがたまらなく渋い

ども、MK団2代目団長マタンキ角南です。 団長が一番長く読み続けてる漫画がゴルゴ13です。 連載から50年以上経ち、連載期間と発行巻数でギネス記録更新中の漫画です。 「ゴルゴ13」がギネス世界記録に 作者「正直驚き」:朝日新聞デジタル  よく主人公のことを「ゴルゴ」もしくは「ゴルゴ13」と呼ぶ人がいますが、団長はそれはニワカだと思ってます。 主人公の名前を呼ぶ時は、1回目はゴル……あ、いやデューク東郷と呼び、2回目以降はデューク東郷というのが正しい作法です(笑 それからよくある間違いで、デューク東郷の職業 ...

ReadMore

特撮

2021/10/6

【イデ隊員追悼】兵庫県立美術館“ウルトラマン55周年 TSUBURAYA EXHIBITION 2021”に行ってきた

ども、MK団2代目団長マタンキ角南です。 兵庫県立美術館に“ウルトラマン55周年 TSUBURAYA EXHIBITION 2021”見に行ってきました。 『ウルトラマン55周年 TSUBURAYA EXHIBITION 2021』 7月13日(火)より兵庫県立美術館にて開催決定! 緊急事態宣言下なのに県跨ぎで兵庫県まで行っちゃって、神戸の人すみません💦 人がいっぱいだったらどうしようかと思ったけど、このご時世のせいなのか、あまり人はいませんでした。 会場には人間サイズのウルトラ6兄弟、巨大サイズのレッド ...

ReadMore

思い出話・雑談

2021/8/28

昭和の生まれの歯並びと虫歯治療

ども、MK団2代目団長マタンキ角南です。 【悲報】歯並びとかいうガチのマジで運要素が強すぎる身体的特徴 1:風吹けば名無し 2021/08/23(月) 04:09:48.07 ID:81c+BZ+p0 ある程度裕福じゃなきゃろくに矯正できんし口くせーし虫歯なりやすいとか最悪やろ 歯並び良くて良かったわ IT速報 今やネットでは 歯並び悪いやつは育ちが悪い 常識になってるけど、昭和の時代そんなこと気にしてるようなやつはいなかった。 みんな自然のまま、といえば聞こえがいいが、基本ほったらかし。 歯磨きだけはき ...

ReadMore

漫画

2021/9/1

【ハマの黒豹】カウンタックを愛しカウンタックとともに散った男

ども、MK団2代目団長マタンキ角南です。 こんな記事を見つけました ランボルギーニ50周年記念 ランボルギーニが50周年を記念し限定112台で伝説の『カウンタック』を現代に復刻 投稿日: 2021.08.14 10:49 8月14日、アウトモビリ・ランボルギーニはアメリカのカリフォルニアで行われているジ・クエイル・モータースポーツ・ギャザリングで、1970年代から80年代にかけたスーパーカーブームの代名詞である『カウンタック』を現代に復活させた限定112台の『ランボルギーニ・カウンタックLPI 800-4 ...

ReadMore

思い出話・雑談

【異種格闘技戦】A猪木vsモハメドアリ戦

ども。MK団二代目団長、マタンキ角南です。

 

090626

団長が小学6年生のときです。

猪木vsアリの異種格闘技戦が行われました。

結果は引き分け。

世紀の凡戦と言われてるのは皆さんもご存知だと思います。

テレビのニュースや新聞でも「筋書きのある八百長」とか散々でした。

 

当時は今ほど格闘技というものが認知されていませんでした。

ボクシング=殴り合い、プロレス=何でもあり。

全てのプロ格闘技(ボクシングや大相撲でさえも)にはどこか八百長臭さありで、プロレスは99.9%八百長。

そんな感じでしたね。

団長は小学生だったので試合の内容なんかよくわかってませんでした。

 

その数年後、新日本プロレスにタイガーマスクや長州力の登場、そして実況古館伊知郎でプロレスブームが起こったのは団長が高校生のときです。

さらにその後UWFによる格闘技ブーム(実はこれもプロレス)

プロレスを見るようになると、格闘技なんかしたこと無いくせに、格闘技通になった気になってました。

当時ようやく家庭用ビデオが普及し始めた時代。

ぼちぼちレンタルビデオやが出来始め、過去の名勝負もビデオソフトも発売され始めました。

そうなると見てみたくなるのが「猪木vsアリ戦」です。

しかしいつまで経っても「猪木vsアリ戦」はソフト化されず。

どうして?

実は試合の放映権がテレビ朝日や新日本プロレスではなくアリ側にあったんです。

いろいろ大人の事情があったんですね。

でも見られないとなると妄想だけが膨らんでいく。

その後、試合当時はあまり知られてなかった

「アリ側の提示したルールでプロレス技をほとんど禁じられていた猪木は寝て戦うしか無かった」

という情報が知れ渡り、さらに梶原一騎のマンガや村松友視のエッセイで

「アリサイドがルール変更を申し出てきたのは、本番前の公開スパーリングで猪木のハイキック(後の延髄斬り)を見てビビったから」

「あれこそが真剣勝負。真剣勝負故にお互いが踏み込めなかったのだ!」

みたいなことが書かれてますます妄想が膨らんでいきました。

これで試合を見ていた人たちも記憶が上書きされ、世紀の凡戦と言われて酷評された試合が、いつのまにか「真剣勝負だった」と評価が変わってきたのです

 

そしてさらにだめ押し。

その20年後ぐらいに発売された「暴露本」などで

「猪木の試合は全てブック(台本)があったがアリ戦だけは無かった(ミスター高橋)」

「アリ側はエキシビションのつもりだったけど真剣勝負だって言ったら態度が変わってルール変更を申し出てきた(ミスター高橋)」

「アリのグローブは石膏で固められていたよ。グラブチェックとかさせてもらえなかった。
猪木さんも鉄板入りシューズを用意していたけど結局使わなかった(藤原善明)」

https://www.youtube.com/watch?v=9_CGjA4CDC4

なにぃーーーーーー!

石膏グローブに鉄板入りシューズ!?

ルールの駆け引きどころか、裏舞台は今でも言えないこんなすごいやりとりがあったのか。

とどめに

「セコンドのうがい用のバケツの中に拳銃があったんだよ。試合展開次第では猪木さんを本当に殺す気だったのかも(藤原善明)」

もうこの藤原の証言の凄さに小便チビリそうになりましたよ。
((((;゚Д゚)))))))

こうして何十年もかけて世紀の凡戦はとうとう真の世紀の一戦に変貌を遂げたのです。

 

そしてネット時代になり、YouTubeなどの動画サイトが普及。

今から10年ぐらい前ですが、とうとう幻の世紀の一戦の動画をノーカットで見ることが出来ました。

 

あはははは、ウソでしたわ。

この試合も絶対ブックありましたね。

強いて言うならアリが大根過ぎたんでしょう。

石膏グローブ?

絶対ウソです。

試合前のグラブチェックなんて当時の新日レスラーは誰も知らなかっただけでしょ。

でも実はゴッチが触って確認しています

最初後方に控えていたゴッチが

「おい、お前ら。ちゃんとグラブぐらい確認しないとダメじゃないか。何か仕込まれてたらどうするんだ?」

という感じでスッと前に出てアリのグラブに手を伸ばして触っています。

(※先日のアリの追悼番組ではこのシーンはカットされてました。惜しい)

藤原の後出し証言を読んだ上で、あらためてこのシーンを見ると当時の新日レスラー(藤原も含めて)たちが甘ちゃんの小僧集団にしか見えません

団長はこのシーンが一番鳥肌立ちました。

この試合、ゴッチが一番ガチだったかもしれないです。

 

モハメドアリ氏、お亡くなりになりました。

ご冥福を祈ります。

-思い出話・雑談
-, ,

© 2021 MK団のマタンキ日報