アニメ

2024/5/22

【京都】金曜ロードショーとジブリ展行ってきた

金曜ロードショーとジブリ展 京都岡崎の京セラ美術館 京都岡崎の美術館。 今は名称が京セラ美術館なんですね。 長い間来なかったら随分変わってしまっててびっくりしました。 ただいま京都市京セラ美術館で金曜ロードショーとジブリ展を開催しております。 金曜ロードショーとジブリ展 なお当日いきなり行っても予約制なので入れませんのでご注意ください。 今回展示の内容はというと今まであったジブリ展とは少し……いや、かなり違いました。 よくあるジブリの歴史や映画の資料とかの展示は最小限にして、かわりに撮影スポットがいっぱい ...

ReadMore

思い出話・雑談

2024/5/3

ゴルゴ13の最終回と太陽にほえろ

ゴルゴ13の最終回 ゴルゴ13の名前を呼ぶときの作法 ゴルゴ13の主人公のことを「ゴルゴ」と呼ぶのはニワカです。 彼を呼ぶ時は1回目は「ゴル……あ、いやデューク東郷」と呼び、2回目以降は「デューク東郷」と呼ぶのが正しい作法です。 でも面倒くさくなったらゴルゴでもよろしい。 最終回の原稿にまつわる都市伝説 ども。MK団2代目団長マタンキ角南です。 ゴルゴ13の最終回に関する都市伝説で、実は最終回の原稿は既に描かれていて、さいとうプロダクションの金庫にしまってあるという話があります。 まあよく出来た話ですが、 ...

ReadMore

漫画

2024/5/14

リングにかけろ!黄金の日本Jrスーパーブローまとめ

黄金の日本Jrたちのスーパーブロー 習得時期時系列 習得時期高嶺竜児剣崎順河合武士志那虎一城香取石松チャンピオンカーニバル編(Jr全国大会)ブーメランフックローリングサンダー日米Jr決戦編影道編ブーメランスクエアー(未完成)ジェットアッパースペシャルローリングサンダーハリケーンボルトJr世界大会編ブーメランスクエアー(完成)ギャラクティカマグナム(前期型)ギャラクティカファントムギリシア12神編テリオスジェットラベンダー円月拳スパイラルハリケーン阿修羅編ギャラクティカマグナム(後期型)世界タイトルマッチ編 ...

ReadMore

思い出話・雑談

2024/4/6

アストロ球団まとめ(4)ライバルたち

アストロの前に立ちはだかったライバルたち 巨人 王貞治 言わずと知れた世界のホームラン王。 連載が始まった年の昭和47年には、ホームラン48本、打点104点の二冠。他にもダイヤモンドグラブとベストナイン受賞。 アストロ結成の昭和48年には三冠王(ホームラン51本、打点111点、打率.355)とMVPにダイヤモンドグラブとベストナインと全てのタイトルを総なめにした。 まさに日本球界最強のバッターで、アストロ超人と戦った唯一の実在の人物でもあった。 しかし作中ではアストロ超人の完全な噛ませポジションだった。 ...

ReadMore

思い出話・雑談

2024/5/22

【ドーベルマン刑事】大阪のゲタばき刑事 宮武鉄二

服部平次になれなかった男 宮武鉄二、登場! ドーベルマン刑事には途中から、大阪からやってきたゲタばき刑事こと宮武鉄二がレギューラーとして登場します。 普段は1話完結形式のドーベルマン刑事ですが、この宮武初登場は前中後編の3週にわたっての話になります。 初登場の話は大阪と東京の暴力団同士の抗争話「ゲタばき刑事!」に登場 主人公と互角かそれ以上の実力をもつライバルの登場!! こいつが後の服部平次かーーーーー!? いやいやいやいや、これ大阪人怒っていいぞ いくら昭和でもカンカン帽に楊枝くわえて、腹巻きに下駄履き ...

ReadMore

特撮

【イデ隊員追悼】兵庫県立美術館“ウルトラマン55周年 TSUBURAYA EXHIBITION 2021”に行ってきた

ども、MK団2代目団長マタンキ角南です。

兵庫県立美術館に“ウルトラマン55周年 TSUBURAYA EXHIBITION 2021”見に行ってきました。

『ウルトラマン55周年 TSUBURAYA EXHIBITION 2021』 7月13日(火)より兵庫県立美術館にて開催決定!

緊急事態宣言下なのに県跨ぎで兵庫県まで行っちゃって、神戸の人すみません💦

人がいっぱいだったらどうしようかと思ったけど、このご時世のせいなのか、あまり人はいませんでした。

会場には人間サイズのウルトラ6兄弟、巨大サイズのレッドキング、さらに超巨大なウルトラマンの空気人形、その他いろいろ

 

興味深かったのは、「かいじゅうのすみか」コーナーにあった怪獣から採取されたとされるウンコとか鼻くその展示。

ゲスラのウンコはチョコレートの香りがするので匂いを嗅ぐこともできました。

たしかにチョコレートの香りでした。食べたいとは思わないけどw

平成以降のウルトラマンも色々いましたが、正直あまり興味がないのでそこはざっと見ただけで通過したら1時間ぐらいで見終わりました。

今は庵野秀明監督のシンウルトラマンが楽しみです。

 

この3日前、イデ隊員こと二瓶正也さんの訃報を知り、どうしても追悼の意味で行ってみたくなったんです。

特撮でお笑い担当の隊員というとデブで大食い(キレンジャーかよ!)がお約束なのに、イデ隊員は科学特捜隊きっての頭脳派のインテリ。なのにコミカルなギャグメーカーという珍しい設定のキャラクターでした。

ウルトラシリーズはもちろん、特撮でこんな設定の隊員、他にいないでしょう。

子どもの頃は主人公ハヤタ隊員よりも、アラシ隊員よりも、ウルトラマンの次ぐらいにイデ隊員が好きで、イデ隊員がおもしろいことをしてくれるのを楽しみに見ていました。

でも普段は明るいお笑い担当なのに、時々落ち込んで

「ウルトラマンさえいればオレたちなんか必要ないんだ」

「いくらこんな武器を開発しても怪獣には通用しないんだ」

なんて身もふたもないことを言ってたこともありました。

この時はハヤタがカウンセリングして励まし、新兵器を完成。

えーと、この武器なんて言ったっけ?名前がわからん。

検索してわかった、スパーク8っていうのか。

「イデ隊員発明の新兵器『スパーク8』をお見舞いするぜ!」

こうしてみごと再生ドラコを倒した……

再生ドラコ

再生ドラコ

再生ドラコ

やっぱり再生怪人ならぬ 再生怪獣 しか倒せないんですね

うーーーーん、がんばれーーーーーーイデ隊員ーーーーーーーー

「ジャミラ」と聞いて身を乗り出してくるのは六十前後の方だろ…

「ウルトラマン」に退治された怪獣である。半世紀以上も昔のジャミラの悲しげな声が今でも耳に残っているという方もいるだろう
▼怪獣ではあるが元は人間。宇宙飛行士だったジャミラは事故で水のない星に着陸。過酷な環境に耐えているうちに怪獣となり、やがて地球を襲う。自分を救助することなく見捨てた人間への復讐(ふくしゅう)のためである
▼俳優の二瓶正也さんが亡くなった。八十歳。「ウルトラマン」の科学特捜隊のイデ隊員役の印象が残っている。イデ隊員はとりわけジャミラに同情し、攻撃をためらっていたっけ
▼ジャミラは科学の進歩という美名の下に捨てられた犠牲者ではないのか。その死に際してもイデ隊員はジャミラを生みだし、殺した人間側を冷ややかに見ていた
▼二瓶さん演ずるイデ隊員は明るく心やさしかった。屈強とはいえない。失敗も目立ち、ベッドから落ちて目のまわりにあざをつくるような隊員でもあった。それでいて怪獣側の事情にも理解を示し、怪獣は退治すればいいという一方的な正義に対し、時に疑問を投げかけていた
▼あのころの子どもは自分と同じようにドジで悩みもあるイデ隊員を身近に感じていたのだろう。そしていくつになってもイデ隊員を忘れない。なんだか、古くからの友達が遠くに行ってしまった気がする。

東京新聞 TOKYO Web

二瓶正也さんのご冥福を祈ります。

-特撮
-,