アニメ

2024/5/22

【京都】金曜ロードショーとジブリ展行ってきた

金曜ロードショーとジブリ展 京都岡崎の京セラ美術館 京都岡崎の美術館。 今は名称が京セラ美術館なんですね。 長い間来なかったら随分変わってしまっててびっくりしました。 ただいま京都市京セラ美術館で金曜ロードショーとジブリ展を開催しております。 金曜ロードショーとジブリ展 なお当日いきなり行っても予約制なので入れませんのでご注意ください。 今回展示の内容はというと今まであったジブリ展とは少し……いや、かなり違いました。 よくあるジブリの歴史や映画の資料とかの展示は最小限にして、かわりに撮影スポットがいっぱい ...

ReadMore

思い出話・雑談

2024/5/3

ゴルゴ13の最終回と太陽にほえろ

ゴルゴ13の最終回 ゴルゴ13の名前を呼ぶときの作法 ゴルゴ13の主人公のことを「ゴルゴ」と呼ぶのはニワカです。 彼を呼ぶ時は1回目は「ゴル……あ、いやデューク東郷」と呼び、2回目以降は「デューク東郷」と呼ぶのが正しい作法です。 でも面倒くさくなったらゴルゴでもよろしい。 最終回の原稿にまつわる都市伝説 ども。MK団2代目団長マタンキ角南です。 ゴルゴ13の最終回に関する都市伝説で、実は最終回の原稿は既に描かれていて、さいとうプロダクションの金庫にしまってあるという話があります。 まあよく出来た話ですが、 ...

ReadMore

漫画

2024/5/14

リングにかけろ!黄金の日本Jrスーパーブローまとめ

黄金の日本Jrたちのスーパーブロー 習得時期時系列 習得時期高嶺竜児剣崎順河合武士志那虎一城香取石松チャンピオンカーニバル編(Jr全国大会)ブーメランフックローリングサンダー日米Jr決戦編影道編ブーメランスクエアー(未完成)ジェットアッパースペシャルローリングサンダーハリケーンボルトJr世界大会編ブーメランスクエアー(完成)ギャラクティカマグナム(前期型)ギャラクティカファントムギリシア12神編テリオスジェットラベンダー円月拳スパイラルハリケーン阿修羅編ギャラクティカマグナム(後期型)世界タイトルマッチ編 ...

ReadMore

思い出話・雑談

2024/4/6

アストロ球団まとめ(4)ライバルたち

アストロの前に立ちはだかったライバルたち 巨人 王貞治 言わずと知れた世界のホームラン王。 連載が始まった年の昭和47年には、ホームラン48本、打点104点の二冠。他にもダイヤモンドグラブとベストナイン受賞。 アストロ結成の昭和48年には三冠王(ホームラン51本、打点111点、打率.355)とMVPにダイヤモンドグラブとベストナインと全てのタイトルを総なめにした。 まさに日本球界最強のバッターで、アストロ超人と戦った唯一の実在の人物でもあった。 しかし作中ではアストロ超人の完全な噛ませポジションだった。 ...

ReadMore

思い出話・雑談

2024/5/22

【ドーベルマン刑事】大阪のゲタばき刑事 宮武鉄二

服部平次になれなかった男 宮武鉄二、登場! ドーベルマン刑事には途中から、大阪からやってきたゲタばき刑事こと宮武鉄二がレギューラーとして登場します。 普段は1話完結形式のドーベルマン刑事ですが、この宮武初登場は前中後編の3週にわたっての話になります。 初登場の話は大阪と東京の暴力団同士の抗争話「ゲタばき刑事!」に登場 主人公と互角かそれ以上の実力をもつライバルの登場!! こいつが後の服部平次かーーーーー!? いやいやいやいや、これ大阪人怒っていいぞ いくら昭和でもカンカン帽に楊枝くわえて、腹巻きに下駄履き ...

ReadMore

漫画

【ゴルゴ13】「死闘ダイヤカットダイヤ」に登場する偏屈な職人のジジイがたまらなく渋い

ども、MK団2代目団長マタンキ角南です。

団長が一番長く読み続けてる漫画がゴルゴ13です。

連載から50年以上経ち、連載期間と発行巻数でギネス記録更新中の漫画です。

「ゴルゴ13」がギネス世界記録に 作者「正直驚き」:朝日新聞デジタル 

よく主人公のことをゴルゴ(もしくはゴルゴ13)と呼ぶ人がいますが、それはニワカです。

主人公の名前を呼ぶ時は、1回目はゴル……あ、いやデューク東郷と呼び、2回目以降はデューク東郷というのが正しい作法です(笑

それからよくある間違いで、デューク東郷の職業を殺し屋と思っている人がいますが、彼の職業はあくまで狙撃手です。

依頼の内容が、人間を撃って欲しいということが多いので結果的に殺し屋みたいですが、本人は自分が狙撃手(スナイパー)だということにこだわりを持っているようです。

同業者と共闘の後、めずらしく饒舌になっているデューク東郷

ゴルゴ13では殺しよりも、物を狙撃する話の方に傑作が多いような気がします。

中でも団長が一番好きな話が「死闘ダイヤカットダイヤ」

世界最大のダイヤモンド“ギャラクシー・オブ・キンバリー”を銃弾で粉々にして欲しいという依頼の話です。

なんというムチャ振り!

一体どうすれば銃弾でダイヤモンドを撃ち砕けるのか?

団長は安易に

「ダイヤモンドの弾を作ればいいんじゃね?漫画だからそれぐらい出来るよね」

なんて考えちゃいましたよ。

デューク東郷はロンドンの宝石店に出向き、70カラットというその店で一番大きなダイヤを現金で購入。

そして店のマネージャーに

変な東洋人の客キター♪───O(≧∇≦)O────♪

こうして案内された工房には、これまたマネージャーも怖がる頑固そうなジジイの職人が!

これまた偏屈なジジイキター♪───O(≧∇≦)O────♪

自分のカットしたダイヤにケチをつけられたことでプライドを傷つけられ、その上カットをやり直せと言う東洋人にお怒りの様子です。

そっかあ、わかった!

このジジイにダイヤモンドの弾を作らせるんだ!

きっとそうだ、そうにちがいない!(安易)

そしてその後日、見事に依頼を成し遂げるデューク東郷。

このダイヤが砕け散るシーンの美しさ!

まさにさいとうプロ全盛期の作画である!

この時期の絵は本当にすごかった。

さてデューク東郷と偏屈ジジイの間に何があったかというと、ダイヤモンドの弾を作らせていたんじゃなかったです。

そりゃそうだw

デューク東郷が偏屈ジジイに要求したことは

「ノミの一撃でダイヤが砕ける瞬間を見たい」

なにやら偏屈同士で気が合った!

ダイヤを砕くことを承諾するジジイ。

普段は滅多に表情を変えないデューク東郷も、さすがにこの時ばかりは少し驚いて顔色を変えます。

見事に砕け散るダイヤモンド70カラットーーーーーーー!

時価1億円(適当)がーーーーーー!

これを見たあと、デューク東郷はライフルの銃弾でダイヤモンドを打ち砕くことに成功するのです。

ギャラクシーが何者かによって砕かれたという噂は業界を駆け巡り、やがてさっきの店のマネージャーと偏屈ジジイの耳にも入ります。

話を聞き、そして全てを察する偏屈ジジイ。

そしてゴルゴ……いや名も知らぬ東洋人を弟子と呼び、大笑いする偏屈ジジイ。 

もうこのやりとりが最高すぎます。何度読んでも涙が出てきます(いや、マジで)。 

今日また久々に読みましたがやっぱり泣いてしまいました(感動で、です)

この物語はさいとう・たかをセレクション BEST13 of ゴルゴ13に収録されています

さいとうたかを先生がお亡くなりになりました。

ゴルゴ13の連載はこれからも続くそうです。

ゴル……あ、いやデューク東郷は不死身のスナイパーです。

さいとうたかを先生、長い間お疲れ様でした。

ご冥福を祈ります。

-漫画
-,