アニメ

2024/5/22

【京都】金曜ロードショーとジブリ展行ってきた

金曜ロードショーとジブリ展 京都岡崎の京セラ美術館 京都岡崎の美術館。 今は名称が京セラ美術館なんですね。 長い間来なかったら随分変わってしまっててびっくりしました。 ただいま京都市京セラ美術館で金曜ロードショーとジブリ展を開催しております。 金曜ロードショーとジブリ展 なお当日いきなり行っても予約制なので入れませんのでご注意ください。 今回展示の内容はというと今まであったジブリ展とは少し……いや、かなり違いました。 よくあるジブリの歴史や映画の資料とかの展示は最小限にして、かわりに撮影スポットがいっぱい ...

ReadMore

思い出話・雑談

2024/5/3

ゴルゴ13の最終回と太陽にほえろ

ゴルゴ13の最終回 ゴルゴ13の名前を呼ぶときの作法 ゴルゴ13の主人公のことを「ゴルゴ」と呼ぶのはニワカです。 彼を呼ぶ時は1回目は「ゴル……あ、いやデューク東郷」と呼び、2回目以降は「デューク東郷」と呼ぶのが正しい作法です。 でも面倒くさくなったらゴルゴでもよろしい。 最終回の原稿にまつわる都市伝説 ども。MK団2代目団長マタンキ角南です。 ゴルゴ13の最終回に関する都市伝説で、実は最終回の原稿は既に描かれていて、さいとうプロダクションの金庫にしまってあるという話があります。 まあよく出来た話ですが、 ...

ReadMore

漫画

2024/5/14

リングにかけろ!黄金の日本Jrスーパーブローまとめ

黄金の日本Jrたちのスーパーブロー 習得時期時系列 習得時期高嶺竜児剣崎順河合武士志那虎一城香取石松チャンピオンカーニバル編(Jr全国大会)ブーメランフックローリングサンダー日米Jr決戦編影道編ブーメランスクエアー(未完成)ジェットアッパースペシャルローリングサンダーハリケーンボルトJr世界大会編ブーメランスクエアー(完成)ギャラクティカマグナム(前期型)ギャラクティカファントムギリシア12神編テリオスジェットラベンダー円月拳スパイラルハリケーン阿修羅編ギャラクティカマグナム(後期型)世界タイトルマッチ編 ...

ReadMore

思い出話・雑談

2024/4/6

アストロ球団まとめ(4)ライバルたち

アストロの前に立ちはだかったライバルたち 巨人 王貞治 言わずと知れた世界のホームラン王。 連載が始まった年の昭和47年には、ホームラン48本、打点104点の二冠。他にもダイヤモンドグラブとベストナイン受賞。 アストロ結成の昭和48年には三冠王(ホームラン51本、打点111点、打率.355)とMVPにダイヤモンドグラブとベストナインと全てのタイトルを総なめにした。 まさに日本球界最強のバッターで、アストロ超人と戦った唯一の実在の人物でもあった。 しかし作中ではアストロ超人の完全な噛ませポジションだった。 ...

ReadMore

思い出話・雑談

2024/5/22

【ドーベルマン刑事】大阪のゲタばき刑事 宮武鉄二

服部平次になれなかった男 宮武鉄二、登場! ドーベルマン刑事には途中から、大阪からやってきたゲタばき刑事こと宮武鉄二がレギューラーとして登場します。 普段は1話完結形式のドーベルマン刑事ですが、この宮武初登場は前中後編の3週にわたっての話になります。 初登場の話は大阪と東京の暴力団同士の抗争話「ゲタばき刑事!」に登場 主人公と互角かそれ以上の実力をもつライバルの登場!! こいつが後の服部平次かーーーーー!? いやいやいやいや、これ大阪人怒っていいぞ いくら昭和でもカンカン帽に楊枝くわえて、腹巻きに下駄履き ...

ReadMore

思い出話・雑談

【電線音頭】日本中の子どもが踊った(らしい)

みごろ!たべごろ!笑いごろ‼️で大ブームになった

司会はベンジャミン伊藤と小松の親分

ども。MK団2代目団長マタンキ角南です。

今からざっと45年前、電線音頭というなんともコミカルな踊りが日本中で流行りました。

当時、団長は12歳の小学6年生。

当然その頃に「チュチュンがチュン」なんて言って踊っていた……かというそうでもない。

人生で今までただの一度も電線音頭を踊ったことがないのです。

それを放送していた「みごろ!たべごろ!笑いごろ!!」という番組もちゃんと見たことがないのです。

みごろ!たべごろ!笑いごろ!!
みごろ!たべごろ!笑いごろ!!

なんとなくドリフの8時だよ全員集合みたいなノリのコント番組で、伊藤四郎小松政夫キャンディーズが出ていたらしい……

そして電線音頭の導入部分には、小松の親分が

「し〜らけ鳥、飛んでゆ〜く、南のそ〜らへ、みじめみじめ」

と歌うのです。

と、まあ見てないはずなのになぜか知ってるし覚えています。

まあそれぐらいブームになっていたのです。

で今回ちゃんとYouTubeで電線音頭を見ました。

ん、小梅太夫がいるな

と思ったら小松政夫

喋り方がまるっきり小梅太夫やんw 

これ小松与太八左衛門というキャラで、こちらが元ネタでした。

知らんかった〜

で、このあと電線音頭が始まるわけだけど

ベンジャミン伊藤の電線音頭

うわあああああ、伊藤四郎コタツの上に土足で上がってるよ

よくこれ当時クレーム来なかったな。

いや、来てたのかもしれないけど。

絶対子どもたち真似してコタツの上に上がっていただろ

今なら一発で番組打ち切りです

ほんと昭和ってすげえな。

人気番組で、いろんなゲストが出ていた

しかしブームで毎週いろんなゲストが出てきてはこの電線音頭を踊っていた。

そしてなんとこの日のゲストは月亭可朝!?

ゲスト月亭可朝

すげえええええ

この人なんか今だったら絶対テレビに出られない人ですよ(何をやったかはググって各自調べて)

この頃は少々悪いことしても謹慎1ヶ月ぐらいでその後は普通にテレビ出てたもんな。

昭和恐るべしですわ。

元ネタ元歌は桂三枝(現・桂文枝)の電線音頭

今回調べてみてわかったことは、この電線音頭、実はみごろ!たべごろ!笑いごろ!!が元祖ではなく、その前の前の前番組だったドカンと一発60分!が初出でした。

出演者は桂三枝(現・桂文枝)を中心に伊藤四郎、小松政夫の出ていた番組です。

電線音頭は「あんたがたどこさ」の替え歌として「桂三枝の電線音頭」としてレコード化もされていました。

桂三枝の電線音頭
YouTube音声のみ

まずは小松の親分が前口上をのべ、その後よく知られている電線音頭を歌って踊るのです。

あ、わかった!

みごろ!たべごろ!笑いごろ!!は見てなかったはずなのに、妙に電線音頭について詳しく覚えているのが謎だった。

このドカンと一発60分!を見ていてそちらで覚えていたんだ。

この元祖電線音頭、1番の歌詞はよく知られる後の電線音頭と同じものです。

そして元祖には2番以降の続きがあり少々(かなり)大人な下ネタになっています。

2番はホステスにお金を貢ぎまくったという歌詞。

3番は女子高生を視姦して「ボインボイン」。

4番はパパ活に援助しようとしたら自分の娘が出てきたというオチ。

今なら一発で番組打ち切りです

これをテレビのゴールデンで放送していたのですから昭和恐るべし。

この番組自体はそれほど長続きせず、電線音頭もそのまま埋もれていきかけたのですが、次の次の後番組のみごろ!たべごろ!笑いごろ!で復活するのです。

みごろ!たべごろ!笑いごろ!は子ども向け番組ということもあって1番だけを採用しました。

なにが面白い?おもしろさのツボは?

たしかに今見ると何が面白いのかわからん!

わからんけど日本中の子どもたちの笑いのツボを押したんだろう!

今で言う一発屋芸人のギャグと同じ!

海外ロケまでして、外国で伝染音頭踊ったりしてた。

つまりブームが去ると同時にこの番組も終了した。

8時だよ全員集合との違いは、全員集合はどんなに東村山音頭やヒゲダンスがブームになっても、あくまで番組の1コーナーとしか扱わなかった。

そしてブームが去る前、視聴者が飽きる一歩手前、「あれ?今週はやらないの?」ぐらいで切り上げていた。

長寿番組として今も語り継がれる全員集合との差はそこだった。

あとこの電線マン、デザインはあの石ノ森章太郎先生だそうです。

言われてみれば確かになんとなくそれっぽい。

電線マンレコード

それでは今日はこの辺で。マタンキ

訃報

小松政夫親分、ご冥福を祈ります。

2020年〈令和2年〉12月7日。コメディアンの小松政夫さん死去 「しらけ鳥音頭」で一世風靡―78歳:時事ドットコム 

-思い出話・雑談
-