アニメ

2024/5/22

【京都】金曜ロードショーとジブリ展行ってきた

金曜ロードショーとジブリ展 京都岡崎の京セラ美術館 京都岡崎の美術館。 今は名称が京セラ美術館なんですね。 長い間来なかったら随分変わってしまっててびっくりしました。 ただいま京都市京セラ美術館で金曜ロードショーとジブリ展を開催しております。 金曜ロードショーとジブリ展 なお当日いきなり行っても予約制なので入れませんのでご注意ください。 今回展示の内容はというと今まであったジブリ展とは少し……いや、かなり違いました。 よくあるジブリの歴史や映画の資料とかの展示は最小限にして、かわりに撮影スポットがいっぱい ...

ReadMore

思い出話・雑談

2024/5/3

ゴルゴ13の最終回と太陽にほえろ

ゴルゴ13の最終回 ゴルゴ13の名前を呼ぶときの作法 ゴルゴ13の主人公のことを「ゴルゴ」と呼ぶのはニワカです。 彼を呼ぶ時は1回目は「ゴル……あ、いやデューク東郷」と呼び、2回目以降は「デューク東郷」と呼ぶのが正しい作法です。 でも面倒くさくなったらゴルゴでもよろしい。 最終回の原稿にまつわる都市伝説 ども。MK団2代目団長マタンキ角南です。 ゴルゴ13の最終回に関する都市伝説で、実は最終回の原稿は既に描かれていて、さいとうプロダクションの金庫にしまってあるという話があります。 まあよく出来た話ですが、 ...

ReadMore

漫画

2024/5/14

リングにかけろ!黄金の日本Jrスーパーブローまとめ

黄金の日本Jrたちのスーパーブロー 習得時期時系列 習得時期高嶺竜児剣崎順河合武士志那虎一城香取石松チャンピオンカーニバル編(Jr全国大会)ブーメランフックローリングサンダー日米Jr決戦編影道編ブーメランスクエアー(未完成)ジェットアッパースペシャルローリングサンダーハリケーンボルトJr世界大会編ブーメランスクエアー(完成)ギャラクティカマグナム(前期型)ギャラクティカファントムギリシア12神編テリオスジェットラベンダー円月拳スパイラルハリケーン阿修羅編ギャラクティカマグナム(後期型)世界タイトルマッチ編 ...

ReadMore

思い出話・雑談

2024/4/6

アストロ球団まとめ(4)ライバルたち

アストロの前に立ちはだかったライバルたち 巨人 王貞治 言わずと知れた世界のホームラン王。 連載が始まった年の昭和47年には、ホームラン48本、打点104点の二冠。他にもダイヤモンドグラブとベストナイン受賞。 アストロ結成の昭和48年には三冠王(ホームラン51本、打点111点、打率.355)とMVPにダイヤモンドグラブとベストナインと全てのタイトルを総なめにした。 まさに日本球界最強のバッターで、アストロ超人と戦った唯一の実在の人物でもあった。 しかし作中ではアストロ超人の完全な噛ませポジションだった。 ...

ReadMore

思い出話・雑談

2024/5/22

【ドーベルマン刑事】大阪のゲタばき刑事 宮武鉄二

服部平次になれなかった男 宮武鉄二、登場! ドーベルマン刑事には途中から、大阪からやってきたゲタばき刑事こと宮武鉄二がレギューラーとして登場します。 普段は1話完結形式のドーベルマン刑事ですが、この宮武初登場は前中後編の3週にわたっての話になります。 初登場の話は大阪と東京の暴力団同士の抗争話「ゲタばき刑事!」に登場 主人公と互角かそれ以上の実力をもつライバルの登場!! こいつが後の服部平次かーーーーー!? いやいやいやいや、これ大阪人怒っていいぞ いくら昭和でもカンカン帽に楊枝くわえて、腹巻きに下駄履き ...

ReadMore

思い出話・雑談

【ドーベルマン刑事】大阪のゲタばき刑事 宮武鉄二

服部平次になれなかった男

宮武鉄二、登場!

ドーベルマン刑事には途中から、大阪からやってきたゲタばき刑事こと宮武鉄二がレギューラーとして登場します。

普段は1話完結形式のドーベルマン刑事ですが、この宮武初登場は前中後編の3週にわたっての話になります。

初登場の話は大阪と東京の暴力団同士の抗争話「ゲタばき刑事!」に登場

主人公と互角かそれ以上の実力をもつライバルの登場!!

こいつが後の服部平次かーーーーー!?

いやいやいやいや、これ大阪人怒っていいぞ

いくら昭和でもカンカン帽に楊枝くわえて、腹巻きに下駄履きって。

大阪ディスってるだろw

そんなやつ月亭可朝ぐらいしかおらんかったわw

しかも髪型❤️変だし。

なぜか眉毛も片方しか無いし。

ライバルとしての設定

昭和の漫画のライバルは、必ずといっていいぐらい主人公と対になる設定が多かった。

まず主人公とライバルの性格。

これが必ず正反対の陰と陽。

この場合、もちろん加納が陰で宮武が陽です。

昭和のライバル設定あるある

少年誌の場合は主人公が陰でライバルが陽なことが多い。(例 北斗の拳)

北斗と南斗

少女漫画の場合は逆で主人公が陽、ライバルが陰のパターンが多い(例 魔女っ子メグちゃん)

主人公加納が女性に対して無関心なことが多いのに、宮武は明るく陽気で女好き。

すぐに女に惚れて簡単に罠にハマってしまうぐらい甘かった。

今で言うならチャラいキャラで、もし主人公だったらルパンみたいな漫画になったかもしれない。

そうじゃなくても主人公以上に人気が出て、昭和漫画のあるあるで主役が交代したかもしれない。

しかし残念ながらそうはならなかった。

そして拳銃もライバル

加納がリボルバーのブラックホークなら、宮武はオートマチックのオートマグ。

いや、これめちゃかっこいいですわ。

中学生の時、憧れてオートマグのモデルガン買いました。

もっともオートマグ、こち亀ではディスられてましたけどねw

刑事として加納に勝つ!

関西の暴力団が東京に進出してくるのを防ぐために、大阪から乗り込んできた宮武。

お互い協力して暴力団を壊滅に追い込んだが、二人の初対決は冷静さを失った宮武が加納に一本取られた感じ。

しかし加納以上に正義感に燃える熱い男として読者に認知された。

ライバル対決のために東京へ転属

それから2週間後、加納と勝負するためにわざわざ大阪から新宿署に転属。

しかしここで陽気な大阪人だが女に甘いという弱点が露呈する。

最後は自分をだました女(犯人)を殺すが、勝ち負けよりここでもやっぱり熱さが空回りしてる感じ。

でもこれ良いキャラだよなあ。

何度も言うけど、今ならぜったい主人公より人気出てたよね。

そして3回目の対決でも

宮武、学習しろやw

人気が出たのか出番は加納よりもお多いのだが……

しかしこの回、ついに危惧していたことが起こった!

主人公と互角のライバルのはずが、この3回目あたりですでに格下の噛ませキャラになり下がってしまったのです。

宮武、それ格下が吐くセリフや💦

そして物語終盤で加納「まだオレと張り合おうってのか」と、加納からも宮武はすでに格下扱い。

冷静な加納以上に熱く燃える正義感ゆえの空回り。

しかしまだこの回までは宮武が事件のケリをつけたことでギリギリ加納と張り合ってます。

そして4回目は長編、沖縄コネクション編。

とうとうこの長編で宮武は見せ場も何もなく、あっさり序盤で退場してしまったのです。

ラスボス、ジョーにあっさりやられる

宮武ーーーー!

グッナイ・ジョーにあっさりやられ、互角のライバルからついに噛ませキャラに格落ちされました。

宮武が服部平次になれなかった理由

宮武が服部平次になれなかった第一の理由は見た目だと思ってます。

平次、かっこいいじゃないか

カンカン帽じゃなくてメジャーのベースボールキャップ。

もちろん楊枝なんかくわえてないし腹巻きもしてないし下駄ばきでもない。

クセのある関西弁はどちらもだけど。

加納がかっこいいから宮武は三枚目キャラにしたんでしょうけど、そこまで対にする必要なかったと思います。

あと服部はレギュラーじゃなくて準レギュラーってところがミソですね。

毎週登場するレギュラーになると、やはり主人公を中心にしないわけにはいかないですが、たまに登場するならレア感で「まあ今回はこいつが主役でいいか」って流れにしやすいですからね。

宮武の超お手柄回

しかし加納以上に活躍した話もある。

それは軽井沢パニック!!の話。

軽井沢にあるプリンスホテルの別館に静養に来られていた皇太子御一家。

しかしそこにテロリストが侵入するという、いやもうその時点で警備の首が全員吹っ飛びそうな事件が起こったのです。

ちなみに時代は昭和。

皇太子様が宮と呼ぶこのお子はーーーーーーっ

この宮様はもしや今の……!?

いやいやいや平松先生、似せすぎでしょ💦

そして今回この宮様を命懸けで守ったのが宮武。

めちゃかっこいいです!

宮様に傷一つ負わせまいと身を呈して守った宮武刑事。

これもう警視総監賞100回でも足りないですよ

それでは今日はこのへんで。またんき。

-思い出話・雑談