思い出話・雑談

2021/2/25

【ブルース・リー生誕80年】映画・燃えよドラゴンを見てきた

ども、MK団2代目団長マタンキ角南です。 ブルース・リーが生誕80年(2020年)と言うことで、今あの燃えよドラゴンが日本全国の映画館でリバイバル上映されています。 ブルース・リーの燃えよドラゴンといえば今から47年前に大ブームを起こした映画です。 子どもの頃はブルース・リーじゃなく、ブルー・スリーだと思ってましたw 当時の小学生でブルースリーの真似したことがない子どもはいませんでした。 男子なら全員が「アチョー」って言いながらおもちゃのヌンチャク(新聞紙を筒状に丸めて作ったりしていた)で遊んでました。 ...

ReadMore

思い出話・雑談 特撮

2021/1/30

子どもの頃は仮面ライダーカードに見向きもせず、記念切手を集めていた

ども、MK団2代目団長マタンキ角南です。 【悲報】仮面ライダーさん、小売を苦しめてしまう  仮面ライダーグッズが大量売れ残りだって? カゴに山積みされた仮面ライダー商品を見ると我々世代は仮面ライダースナックを思い出します。 知らない世代の人に簡単に言うと、今からちょうど50年前、仮面ライダースナックというスナック菓子が発売されたのですが、当時の子どもたちはお目当てはオマケの仮面ライダーカード。 お菓子の方はゴミとして食べずに捨ててしまって、当時は社会問題となったのです。 今で言うならAKBの握手券目当てで ...

ReadMore

漫画

2021/1/23

【リボンの騎士】トランスジェンダーと女系による王位継承

ども、MK団2代目団長マタンキ角南です。 「性に違和感」同意なくHPに 園児両親、削除求め提訴: 自分は女の子なのに、体が男の子――。そう話す、大津市立保育園に通う園児(6)の性別への違和感や受診歴が、同意のないままホームページで公開されているとして、両親が市に情報の削除を求めて大津地裁に提訴した。園児をめぐっては、ほかの園児からのいじめ行為に対する対応が不十分だったとして、市が両親に謝罪。両親は、性的少数者の子どもに対する市側の無理解を訴えている。(新谷〈しんや〉千布美) 訴状によると、受診歴などが公開 ...

ReadMore

アニメ 漫画

2021/2/2

聖闘士星矢でユニコーン邪武がレギュラーに入らなかったのが不憫でしょうがない

ども、MK団2代目団長マタンキ角南です。 ジャンプで好きだった漫画家の1人に車田正美がいます。 名前もそうですが、初期は絵柄もきれいで線が優しかったので女性漫画家かもと思っていた時期がありました。 おまけにこんなのもあったしw まあ今から考えたらどう見ても男なんですけどね 小学生の時はだまされましたw さてその車田先生の代表作聖闘士星矢がアニメ化されたのが80年代後半 すでに私は大学生から社会人になろうとしていた頃です まあとっくにジャンプは卒業していたのですが、それでも聖闘士星矢と男塾は読んでました。 ...

ReadMore

アニメ 漫画

2021/1/13

サヨナラ銀河鉄道999アンドロメダ終着駅を見てきた

ども、MK団2代目団長マタンキ角南です。 さて今回は前回に続き、大阪にある塚口サンサン劇場というミニシアターでサヨナラ銀河鉄道999アンドロメダ終着駅の映画を見てきました。 今から40年前、団長が中学高校生の頃、松本アニメ映画は夏休みの風物詩でした。 学年 松本零士アニメ映画タイトル 中学1年(1977年夏) 宇宙戦艦ヤマト 中学2年(1978年夏) さらば宇宙戦艦ヤマト 中学3年(1979年夏) 宇宙戦艦ヤマト新たなる旅立ち1979年7月31日テレビSP、 銀河鉄道999(The Galaxy Expr ...

ReadMore

思い出話・雑談

巨泉のクイズダービーで必ず10万点取る方法

d1a750e

ども。MK団2代目団長、マタンキ角南です。

 

テレビ界最大のタブーにヤラセというのがあります。

台本の無いクイズ番組やドキュメンタリーで、視聴者が

「こうならないかなあ」「なったらおもしろいのになあ」

という場面で必ずそうなることです。

稽古も打ち合わせもしてないはずなのに何故かそうなるのです。

この演出と言う名のヤラセを日本のテレビに持ち込んだのは大橋巨泉さんです。

 

団長が子どもの頃よく見ていた大橋巨泉さんの番組と言えばクイズダービー

「はらたいらさんに3000点」「倍率ドン!さらに倍!!」

番組を見たことのない、今の若い世代の人たちでもこの台詞は聞いたことがあるでしょうw

問題を答えるクイズ番組ではなく、誰が正解するかを当てる番組なのです。

 

1番組内8問のクイズ問題を、それぞれ誰が正解するかを賭けていき、10万点になれば勝ちというクイズゲームです。

団長は毎週このクイズダービーを見ていて、こう賭けていけば必ず10万点に到達すると言う必勝パターンを見つけました。

それも8問目どころか上手くいけば7問目で10万点を達成する賭け方です。

 

どうするかというと

まず1問目はらたいらさん(オッズ2倍)にいきなり2000点賭けます。

「はらたいらさんに500点」とか、これじゃ全然点数が増えないからです。

はらたいらさんは1問目はほぼ確実に正解しますので、これで持ち点が7000点になります。

2問目は三択問題。三択問題は答えがわからなくても誰でも1/3は正解出来ます。

ここで三択の得意な竹下景子さんじゃなく、倍率の高い(7倍ぐらい)篠沢教授に4000点賭けます。

これに成功したら一気に28000点払い戻し。

そして次の問題でははらたいらさんに2万点ぐらい賭けるのです。

つまり筆記問題ははらたいらさんに、三択問題は篠沢教授に。

それも500点や1000点じゃなく、

ありったけの点数を賭けていくのです。

もちろんはらたいらさんも間違えるし、三択問題も3回のうち2回は外れます。

でも毎週このやり方でシミュレーションしてましたが、ほとんどの週で7問目ぐらいで10万点になっていました。

しかしこんな賭け方したら、巨泉さんに

「それじゃおもしろくない!8問目まではチビチビ少額で引っ張ってください!!」

て怒られそうw

 

大橋巨泉さん、お亡くなりになりました。

ご冥福を祈ります。

-思い出話・雑談
-

© 2021 MK団のマタンキ日報