アニメ

2024/5/22

【京都】金曜ロードショーとジブリ展行ってきた

金曜ロードショーとジブリ展 京都岡崎の京セラ美術館 京都岡崎の美術館。 今は名称が京セラ美術館なんですね。 長い間来なかったら随分変わってしまっててびっくりしました。 ただいま京都市京セラ美術館で金曜ロードショーとジブリ展を開催しております。 金曜ロードショーとジブリ展 なお当日いきなり行っても予約制なので入れませんのでご注意ください。 今回展示の内容はというと今まであったジブリ展とは少し……いや、かなり違いました。 よくあるジブリの歴史や映画の資料とかの展示は最小限にして、かわりに撮影スポットがいっぱい ...

ReadMore

思い出話・雑談

2024/5/3

ゴルゴ13の最終回と太陽にほえろ

ゴルゴ13の最終回 ゴルゴ13の名前を呼ぶときの作法 ゴルゴ13の主人公のことを「ゴルゴ」と呼ぶのはニワカです。 彼を呼ぶ時は1回目は「ゴル……あ、いやデューク東郷」と呼び、2回目以降は「デューク東郷」と呼ぶのが正しい作法です。 でも面倒くさくなったらゴルゴでもよろしい。 最終回の原稿にまつわる都市伝説 ども。MK団2代目団長マタンキ角南です。 ゴルゴ13の最終回に関する都市伝説で、実は最終回の原稿は既に描かれていて、さいとうプロダクションの金庫にしまってあるという話があります。 まあよく出来た話ですが、 ...

ReadMore

漫画

2024/5/14

リングにかけろ!黄金の日本Jrスーパーブローまとめ

黄金の日本Jrたちのスーパーブロー 習得時期時系列 習得時期高嶺竜児剣崎順河合武士志那虎一城香取石松チャンピオンカーニバル編(Jr全国大会)ブーメランフックローリングサンダー日米Jr決戦編影道編ブーメランスクエアー(未完成)ジェットアッパースペシャルローリングサンダーハリケーンボルトJr世界大会編ブーメランスクエアー(完成)ギャラクティカマグナム(前期型)ギャラクティカファントムギリシア12神編テリオスジェットラベンダー円月拳スパイラルハリケーン阿修羅編ギャラクティカマグナム(後期型)世界タイトルマッチ編 ...

ReadMore

思い出話・雑談

2024/4/6

アストロ球団まとめ(4)ライバルたち

アストロの前に立ちはだかったライバルたち 巨人 王貞治 言わずと知れた世界のホームラン王。 連載が始まった年の昭和47年には、ホームラン48本、打点104点の二冠。他にもダイヤモンドグラブとベストナイン受賞。 アストロ結成の昭和48年には三冠王(ホームラン51本、打点111点、打率.355)とMVPにダイヤモンドグラブとベストナインと全てのタイトルを総なめにした。 まさに日本球界最強のバッターで、アストロ超人と戦った唯一の実在の人物でもあった。 しかし作中ではアストロ超人の完全な噛ませポジションだった。 ...

ReadMore

思い出話・雑談

2024/5/22

【ドーベルマン刑事】大阪のゲタばき刑事 宮武鉄二

服部平次になれなかった男 宮武鉄二、登場! ドーベルマン刑事には途中から、大阪からやってきたゲタばき刑事こと宮武鉄二がレギューラーとして登場します。 普段は1話完結形式のドーベルマン刑事ですが、この宮武初登場は前中後編の3週にわたっての話になります。 初登場の話は大阪と東京の暴力団同士の抗争話「ゲタばき刑事!」に登場 主人公と互角かそれ以上の実力をもつライバルの登場!! こいつが後の服部平次かーーーーー!? いやいやいやいや、これ大阪人怒っていいぞ いくら昭和でもカンカン帽に楊枝くわえて、腹巻きに下駄履き ...

ReadMore

漫画

包丁人味平「アレルギーは甘え」

昭和の食物アレルギーについての理解

アレルギー、なにそれおいしいの?

ども。MK団2代目団長マタンキ角南です。

最近食材を買おうとしたら食品内容の蘭に「アレルギー=小麦、卵……」みたいな表示があります。

アレルギー……なにそれおいしいの?

団長が子どもの頃には「アレルギー」なんて言葉聞いたこと無かったです。

当時(70年代)は本当にアレルギーに対する意識や理解が低い時代でした。

食物アレルギーとか単なる好き嫌いで片付けられていました。

学校給食でも

「アレルギー?そんな物をお前は見たことがあるのか。見たことも無いくせに何を言ってるんだ!」

って先生がガチで怒って全部食べるまで放課後まで居残りさせた時代です。

今の基準で考えたら明らかに基地外教師人権侵害ですけど。

味平が魚アレルギーを克服した方法

さて70年代ジャンプで連載されていた、料理マンガのパイオニアともいうべき包丁人味平

料理マンガと言っても現在主流のグルメ知識をひけらかすマンガと違い料理をテーマにしたバトルマンガです。

バトルマンガだけに当然必殺技が登場するのですが、水に浮かべたキュウリを包丁で切断する水面浮き島切りや、タコ糸で豚肉1頭を一瞬で解体する白糸バラシといった、本来の料理からはかけ離れた関係のない技ばかりですw

いろいろツッコミどころ満載のマンガとして有名ですがその中の1つのエピソード。

主人公の味平は、実は魚を触るだけで蕁麻疹が出る魚アレルギーという(後付け)設定。

これで料理人になろうというのだから無謀です。

しかし「アレルギーなんか気のせいだ!」とばかりに味平には内緒で魚肉ソーセージを食べさせ、魚アレルギーもとい魚嫌いを解消させるのです。

いやいやいやいやいやいや、あかんあかん絶対あかんて、これ。

アナフィラキシーショックという言葉を知ってますか?

食物アレルギーの人が誤ってアレルゲンを口にしてしまうことです。

私は蕎麦アレルギーの友人が間違ってひとかけらの蕎麦を口にしてしまい、痙攣を起こして倒れるのを見たことがあります。

そんな経験があったら絶対こんな恐ろしいこと出来ませんよ。

このマンガを真に受けてアレルギーを克服させてあげようと思って真似する人が出たらどうするんでしょうね?

一歩間違えたら本当に命に関わることです。

絶対良い子は真似しちゃダメですよ。

「善意が人を殺す」事を表現した漫画が恐ろしい…

それでは今日はこのへんで。マタンキ。

-漫画
-,