漫画

2021/6/7

【味割り】お客の世代と出身地に合わせて、麺の硬さとスープの濃さを調整

客の好みで味を変えるラーメン屋 八重洲北口周辺で22時頃から営業。 「お客の世代と出身地に合わせて、麺の硬さとスープの濃さを調整してるよ。どうやって判断するかだって?44年間お客を見てきたんだ。注文の声聞きゃ出身までわかるよ」(丹羽さん) 44年間、屋台でラーメンを作り続けた昭和の頑固オヤジ「最近はすぐ通報される」 八重洲北口方面の薄暗い路地に入ると、いかにも“昭和の頑固オヤジ”といったふうの店主が リヤカーを引いている。店主の丹羽英明さん(仮名・70歳)だ。 44年間、これまで川崎、上野、柏、八重洲と渡 ...

ReadMore

アニメ

2021/5/27

【映画】キャプテンハーロックわが青春のアルカディアを観てきた

ども、MK団2代目団長マタンキ角南です。 またまた大阪にある塚口サンサン劇場というミニシアターで、今回はキャプテンハーロックわが青春のアルカディアの映画を見てきました。 今から40年前、団長が中学高校生の頃、松本アニメ映画は夏休みの風物詩でした。 学年 松本零士アニメ映画タイトル 1977年夏(ワイ中学1年) 宇宙戦艦ヤマト 1978年夏(ワイ中学2年) さらば宇宙戦艦ヤマト 1979年夏(ワイ中学3年) 宇宙戦艦ヤマト 新たなる旅立ち(7月31日テレビSP放送) 銀河鉄道999(The Galaxy E ...

ReadMore

思い出話・雑談

2021/2/25

【ブルース・リー生誕80年】映画・燃えよドラゴンを見てきた

ども、MK団2代目団長マタンキ角南です。 ブルース・リーが生誕80年(2020年)と言うことで、今あの燃えよドラゴンが日本全国の映画館でリバイバル上映されています。 ブルース・リーの燃えよドラゴンといえば今から47年前に大ブームを起こした映画です。 子どもの頃はブルース・リーじゃなく、ブルー・スリーだと思ってましたw 当時の小学生でブルースリーの真似したことがない子どもはいませんでした。 男子なら全員が「アチョー」って言いながらおもちゃのヌンチャク(新聞紙を筒状に丸めて作ったりしていた)で遊んでました。 ...

ReadMore

思い出話・雑談 特撮

2021/1/30

子どもの頃は仮面ライダーカードに見向きもせず、記念切手を集めていた

ども、MK団2代目団長マタンキ角南です。 【悲報】仮面ライダーさん、小売を苦しめてしまう  仮面ライダーグッズが大量売れ残りだって? カゴに山積みされた仮面ライダー商品を見ると我々世代は仮面ライダースナックを思い出します。 知らない世代の人に簡単に言うと、今からちょうど50年前、仮面ライダースナックというスナック菓子が発売されたのですが、当時の子どもたちはお目当てはオマケの仮面ライダーカード。 お菓子の方はゴミとして食べずに捨ててしまって、当時は社会問題となったのです。 今で言うならAKBの握手券目当てで ...

ReadMore

漫画

2021/1/23

【リボンの騎士】トランスジェンダーと女系による王位継承

ども、MK団2代目団長マタンキ角南です。 「性に違和感」同意なくHPに 園児両親、削除求め提訴: 自分は女の子なのに、体が男の子――。そう話す、大津市立保育園に通う園児(6)の性別への違和感や受診歴が、同意のないままホームページで公開されているとして、両親が市に情報の削除を求めて大津地裁に提訴した。園児をめぐっては、ほかの園児からのいじめ行為に対する対応が不十分だったとして、市が両親に謝罪。両親は、性的少数者の子どもに対する市側の無理解を訴えている。(新谷〈しんや〉千布美) 訴状によると、受診歴などが公開 ...

ReadMore

漫画

包丁人味平「アレルギーは甘え」

ども。MK団2代目団長マタンキ角南です。

最近食材を買おうとしたら食品内容の蘭に「アレルギー=小麦、卵……」みたいな表示があります。

アレルギー……なにそれおいしいの?

団長が子どもの頃には「アレルギー」なんて言葉聞いたこと無かったです。

当時(70年代)は本当にアレルギーに対する意識や理解が低い時代でした。

食物アレルギーとか単なる好き嫌いで片付けられていました。

学校給食でも

「アレルギー?そんな物をお前は見たことがあるのか。見たことも無いくせに何を言ってるんだ!」

って先生がガチで怒って全部食べるまで放課後まで居残りさせた時代です。

今の基準で考えたら明らかに基地外教師人権侵害ですけど。

 

さて70年代ジャンプで連載されていた、料理マンガのパイオニアともいうべき包丁人味平

料理マンガと言っても現在主流のグルメ知識をひけらかすマンガと違い料理をテーマにしたバトルマンガです。

バトルマンガだけに当然必殺技が登場するのですが、水に浮かべたキュウリを包丁で切断する水面浮き島切りや、タコ糸で豚肉1頭を一瞬で解体する白糸バラシといった、本来の料理からはかけ離れた関係のない技ばかりですw

いろいろツッコミどころ満載のマンガとして有名ですがその中の1つのエピソード。

主人公の味平は、実は魚を触るだけで蕁麻疹が出る魚アレルギーという(後付け)設定。

これで料理人になろうというのだから無謀です。

しかし「アレルギーなんか気のせいだ!」とばかりに味平には内緒で魚肉ソーセージを食べさせ、魚アレルギーもとい魚嫌いを解消させるのです。

いやいやいやいやいやいや、あかんあかん絶対あかんて、これ。

アナフィラキシーショックという言葉を知ってますか?

食物アレルギーの人が誤ってアレルゲンを口にしてしまうことです。

私は蕎麦アレルギーの友人が間違ってひとかけらの蕎麦を口にしてしまい、痙攣を起こして倒れるのを見たことがあります。

そんな経験があったら絶対こんな恐ろしいこと出来ませんよ。

このマンガを真に受けてアレルギーを克服させてあげようと思って真似する人が出たらどうするんでしょうね?

一歩間違えたら本当に命に関わることです。

絶対良い子は真似しちゃダメですよ。

「善意が人を殺す」事を表現した漫画が恐ろしい…

それでは今日はこのへんで。マタンキ。

-漫画
-,

© 2021 MK団のマタンキ日報