アニメ

2024/5/22

【京都】金曜ロードショーとジブリ展行ってきた

金曜ロードショーとジブリ展 京都岡崎の京セラ美術館 京都岡崎の美術館。 今は名称が京セラ美術館なんですね。 長い間来なかったら随分変わってしまっててびっくりしました。 ただいま京都市京セラ美術館で金曜ロードショーとジブリ展を開催しております。 金曜ロードショーとジブリ展 なお当日いきなり行っても予約制なので入れませんのでご注意ください。 今回展示の内容はというと今まであったジブリ展とは少し……いや、かなり違いました。 よくあるジブリの歴史や映画の資料とかの展示は最小限にして、かわりに撮影スポットがいっぱい ...

ReadMore

思い出話・雑談

2024/5/3

ゴルゴ13の最終回と太陽にほえろ

ゴルゴ13の最終回 ゴルゴ13の名前を呼ぶときの作法 ゴルゴ13の主人公のことを「ゴルゴ」と呼ぶのはニワカです。 彼を呼ぶ時は1回目は「ゴル……あ、いやデューク東郷」と呼び、2回目以降は「デューク東郷」と呼ぶのが正しい作法です。 でも面倒くさくなったらゴルゴでもよろしい。 最終回の原稿にまつわる都市伝説 ども。MK団2代目団長マタンキ角南です。 ゴルゴ13の最終回に関する都市伝説で、実は最終回の原稿は既に描かれていて、さいとうプロダクションの金庫にしまってあるという話があります。 まあよく出来た話ですが、 ...

ReadMore

漫画

2024/5/14

リングにかけろ!黄金の日本Jrスーパーブローまとめ

黄金の日本Jrたちのスーパーブロー 習得時期時系列 習得時期高嶺竜児剣崎順河合武士志那虎一城香取石松チャンピオンカーニバル編(Jr全国大会)ブーメランフックローリングサンダー日米Jr決戦編影道編ブーメランスクエアー(未完成)ジェットアッパースペシャルローリングサンダーハリケーンボルトJr世界大会編ブーメランスクエアー(完成)ギャラクティカマグナム(前期型)ギャラクティカファントムギリシア12神編テリオスジェットラベンダー円月拳スパイラルハリケーン阿修羅編ギャラクティカマグナム(後期型)世界タイトルマッチ編 ...

ReadMore

思い出話・雑談

2024/4/6

アストロ球団まとめ(4)ライバルたち

アストロの前に立ちはだかったライバルたち 巨人 王貞治 言わずと知れた世界のホームラン王。 連載が始まった年の昭和47年には、ホームラン48本、打点104点の二冠。他にもダイヤモンドグラブとベストナイン受賞。 アストロ結成の昭和48年には三冠王(ホームラン51本、打点111点、打率.355)とMVPにダイヤモンドグラブとベストナインと全てのタイトルを総なめにした。 まさに日本球界最強のバッターで、アストロ超人と戦った唯一の実在の人物でもあった。 しかし作中ではアストロ超人の完全な噛ませポジションだった。 ...

ReadMore

思い出話・雑談

2024/5/22

【ドーベルマン刑事】大阪のゲタばき刑事 宮武鉄二

服部平次になれなかった男 宮武鉄二、登場! ドーベルマン刑事には途中から、大阪からやってきたゲタばき刑事こと宮武鉄二がレギューラーとして登場します。 普段は1話完結形式のドーベルマン刑事ですが、この宮武初登場は前中後編の3週にわたっての話になります。 初登場の話は大阪と東京の暴力団同士の抗争話「ゲタばき刑事!」に登場 主人公と互角かそれ以上の実力をもつライバルの登場!! こいつが後の服部平次かーーーーー!? いやいやいやいや、これ大阪人怒っていいぞ いくら昭和でもカンカン帽に楊枝くわえて、腹巻きに下駄履き ...

ReadMore

特撮

昭和ライダーを令和でリメイクするときの注意点

シン仮面ライダー大反省会

シン仮面ライダーを見てきた

シン仮面ライダーを見てきました

いやあ、これはもう大反省会ですわ。

世間の評価も真っ二つに分かれているみたいです。

主にリアル世代は評価が良く、平成以降の世代にはあまりよろしくないみたいです。

もちろん私はバリバリのリアル世代なわけですが……

リアル世代だけどこれはあかん!

ほんとこれはもう大反省会です

シンウルトラマンやシンゴジラはおもしろかったのに何故?

面白かったのは冒頭24分だけ

過去作をリメイクして面白いのは、昭和時代ではやりたくても技術的に不可能だった表現や演出を、現代の技術で可能にすること。

そして原作を踏襲しつつも、今の時代にあった解釈や表現を盛り込むこと。

この2つです。

私が見た昭和ライダーのリメイク作品は漫画なら仮面ライダーSPIRITS、映画なら仮面ライダーTHE FIRST。

特に仮面ライダーTHE FIRSTはいい出来だと思うのですが、なぜか世間の評価はそれほど高くないし知名度も低いんですよねえ。

まだ見てない人、ぜひご覧になることをお勧めします。

さてシン仮面ライダーで面白かったのは蜘蛛オーグとの戦い。

つまり冒頭の24分、仮面ライダー第1話のオマージュまでだった。

第1話のオマージュ
第1話のオマージュ

このあと怪奇路線で行くのか、それとも明るいアクション路線で行くのか!?

ワクワク

と思っていたらここまでだった💦

そんな小ネタいりません

あとは要らない、オタクが喜びそうな小ネタ(オマージュとは言いたくない)を散りばめてるけど、

小ネタに関してはリアルタイム世代なら常識というか嗜みとして、ほとんど知っていて当然のことですし、他のブロガーやユーチューバーたちがまとめてくれているので、ここでは省略します。

平成生まれの若い人たちはこういう小ネタ探しを宝探しみたいに楽しんでるけど、そんなのホントどうでも良いです。

特に最後の蝶オーグって何よ?

イチロー?キカイダー01か?

ベルトの形はV3っぽいけど、0号ってことはダブルオーなのか?

蝶ならイナズマン?

ちょっと強引だけどデザインがV3に近くないこともない。

あと隣にいたロボット刑事Kみたいなのはどうしたいわけ?

とにかくどれかにまとめろよ

そんな設定いりません

小ネタ以外だと、まず本郷も一文字も役者が不細工。華がない。

もうこれが致命的。

本郷のキャラも、もともとはIQ600のスーパー天才にして、プロのバイクレーサーだったのに、なぜかシンでは無職の自閉症?

ってそんな設定いる?

だから役者を不細工にしたのか?

緑川るり子(浜辺美波)はよかったのにw

そんなオタクネタいりません

そして劇中の登場する初めて聞く言葉。

蜘蛛オーグ、コウモリオーグ、サソリオーグ、ハチオーグ。

そして仮面ライダーがバッタオーグ

ふーん、改造人間のことをオーグってよぶのか。

それはわかった。

しかしプラークってなんだ?

何となく生命エネルギーっぽい意味かな。

なんかわかりにくくてしっくりこない……

ハビタットってなんだ?

ショッカーが理想とする社会?

いや、もっとなにか宗教的な天国のような世界?

【結論】庵野のやつ、またやりやがった!

これじゃまるでエヴァンゲリオンじゃないか!

なぜこんなことになったんだ?

シンゴジラやシンウルトラマンで「庵野ってやっぱり天才だ」って思ったが間違いだった。

実はシンゴジラは、庵野は一応総監督という肩書きだが実質脚本だけで、監督は樋口真嗣だった。

シンウルトラマンも庵野は脚本だけで監督が樋口だった。

つまり樋口監督のおかげで庵野色がちょうどいい塩梅に薄まっていたのだ。

しかし今回のシン仮面ライダーは監督、脚本、製作総指揮、全部庵野

おかげでシン仮面ライダーは、キューティーハニーやシンエヴァンゲリオンと同様にワケのわからない作品になってしまった。

【オマケ】リアル爆破やってくれたら評価した

今は爆発シーンとかも全部CGなんですよね。

仮に火薬を使うにしても、法律で火薬の量も制限されているそうです。

昭和の爆破シーン
島の形が変わったとまで言われる爆破シーン

しょぼいCGじゃなく、リアルな火薬を使ってくれたら評価しましたよ。

法律が許さないのなら海外で撮影するとか。

続編作るとか言ってるので、リアル爆破やってくれるなら見に行きますw

昭和ライダーのリメイクを見る時の2つのポイント

仮面ライダーって名前、日本語としても変だしダサくないですか?

仮面ライダーのリメイクや新作を見る時に必ず注目する点が二つあります。

まず一つは仮面ライダーという名前。

仮面ライダー=仮面+ライダー(バイク乗り)

この仮面という言葉がすでに死語というか古臭い日本語なのです。

そこにまたライダーってバイク乗りってことですよね?

仮面のバイク乗りって????

そもそもライダーって戦う人じゃないし。

ライダーってどちらかというと職業の名称に近いんじゃないでしょうか?

この正義の味方っぽくない呼び名にず〜っと違和感を感じてきました。

しかも仮面て、昭和40年代でもギリだったような古臭い言葉。

今の日本で「仮面」なんて日本語使う機会はまず無いです。

昭和の頃でもすでに「ん?」って感じでした。

仮面とつくヒーローって、月光仮面、七色仮面、そして仮面の忍者赤影、あとは赤い仮面に燃え上がる正義の心〜のヤッターマンぐらいまで?

とにかく昭和の40年代なら、まだバイクって子どもから見たらかっこいいお兄さんが乗る憧れの乗り物だったけど、今となってはなんか普通っぽいものだし。

とにかく正義の味方にこの名前はおかしい

さらにライダーなんて名前のために、以降ずっとバイクに乗るという縛りができてしまってるし。

まあ開き直って電王みたいなのも出てきてますがw

ヒーローの名前なら、英語か、英語っぽい造語にするか、まるっきり古典的な日本語にするかのどれかでしょう。

例えばキカイダーとかイナズマンとか変身忍者嵐とかロボット刑事Kとか、ゴレンジャーとか。

同じ石ノ森作品でも、どれも今もかっこいい名前なのに(キカイダーはちょっと微妙)

なのに仮面ライダーだけ、なんでこんな名前にしたんですか、石ノ森先生!

悪の組織ショッカーはもうこれ以上ないぐらいかっこいい名前なのに。

スタッフもそう思っているのか、平成以降のライダーシリーズでは、あえて劇中で仮面ライダーと名乗らない作品も多いのです。

仮面ライダーTHE FIRSTは、劇中ではホッパーと名乗り、仮面ライダーという言葉は出てこなかった。

なのに今回のシン仮面ライダーでは、初登場時であっさりと「ライダー……仮面ライダーと名乗らせてもらう」って。

劇中で「仮面ライダー」という呼称が使われない仮面ライダー Yahoo!知恵袋

石ノ森先生は“正義”という言葉が嫌い

仮面ライダーのリメイクや新作を見る時の注意点2つ目は正義という言葉。

時代や立場や状況が変われば正義の定義は変わってしまう。

正義は絶対ではない。

正義の反対は悪ではなく、正義の反対はもう一つ別の正義だ。

というやつです。

だから仮面ライダーは正義の味方なんかじゃない。

人類の味方であり人間の自由のために戦うのが仮面ライダーなのだ!

お見せしよう、変身!
一文字隼人「ショッカーの敵、そして人類の味方。変身!」

この点に石ノ森先生がものすごくこだわり、そしてあの一文字隼人の有名なセリフ

一文字隼人「ショッカーの敵、そして人類の味方!」

となるのです。

だから石ノ森先生が作詞した仮面ライダーの主題歌「レツゴーライダーキック」「ライダーアクション」には正義という言葉は出てこないです。

オープニングでもショッカーのことは悪の秘密結社と言ってますが、仮面ライダーのことを正義の味方とは言わない。

そして

「仮面ライダーは人間の自由のためにショッカーと戦うのだ!」

戦う目的も正義のためじゃなくて自由のため。

これこそが仮面ライダーなのです。

ああ、ここ残念、だめです、村枝先生ーーーー!

今回のシン仮面ライダーには安易に正義という言葉は出てこなかった。

ここだけはよかったですw

まあなんだかんだ言ってもう1回ぐらい見に行きます。

それでは今日はこの辺で。マタンキ

-特撮