思い出話・雑談

2021/2/25

【ブルース・リー生誕80年】映画・燃えよドラゴンを見てきた

ども、MK団2代目団長マタンキ角南です。 ブルース・リーが生誕80年(2020年)と言うことで、今あの燃えよドラゴンが日本全国の映画館でリバイバル上映されています。 ブルース・リーの燃えよドラゴンといえば今から47年前に大ブームを起こした映画です。 子どもの頃はブルース・リーじゃなく、ブルー・スリーだと思ってましたw 当時の小学生でブルースリーの真似したことがない子どもはいませんでした。 男子なら全員が「アチョー」って言いながらおもちゃのヌンチャク(新聞紙を筒状に丸めて作ったりしていた)で遊んでました。 ...

ReadMore

思い出話・雑談 特撮

2021/1/30

子どもの頃は仮面ライダーカードに見向きもせず、記念切手を集めていた

ども、MK団2代目団長マタンキ角南です。 【悲報】仮面ライダーさん、小売を苦しめてしまう  仮面ライダーグッズが大量売れ残りだって? カゴに山積みされた仮面ライダー商品を見ると我々世代は仮面ライダースナックを思い出します。 知らない世代の人に簡単に言うと、今からちょうど50年前、仮面ライダースナックというスナック菓子が発売されたのですが、当時の子どもたちはお目当てはオマケの仮面ライダーカード。 お菓子の方はゴミとして食べずに捨ててしまって、当時は社会問題となったのです。 今で言うならAKBの握手券目当てで ...

ReadMore

漫画

2021/1/23

【リボンの騎士】トランスジェンダーと女系による王位継承

ども、MK団2代目団長マタンキ角南です。 「性に違和感」同意なくHPに 園児両親、削除求め提訴: 自分は女の子なのに、体が男の子――。そう話す、大津市立保育園に通う園児(6)の性別への違和感や受診歴が、同意のないままホームページで公開されているとして、両親が市に情報の削除を求めて大津地裁に提訴した。園児をめぐっては、ほかの園児からのいじめ行為に対する対応が不十分だったとして、市が両親に謝罪。両親は、性的少数者の子どもに対する市側の無理解を訴えている。(新谷〈しんや〉千布美) 訴状によると、受診歴などが公開 ...

ReadMore

アニメ 漫画

2021/2/2

聖闘士星矢でユニコーン邪武がレギュラーに入らなかったのが不憫でしょうがない

ども、MK団2代目団長マタンキ角南です。 ジャンプで好きだった漫画家の1人に車田正美がいます。 名前もそうですが、初期は絵柄もきれいで線が優しかったので女性漫画家かもと思っていた時期がありました。 おまけにこんなのもあったしw まあ今から考えたらどう見ても男なんですけどね 小学生の時はだまされましたw さてその車田先生の代表作聖闘士星矢がアニメ化されたのが80年代後半 すでに私は大学生から社会人になろうとしていた頃です まあとっくにジャンプは卒業していたのですが、それでも聖闘士星矢と男塾は読んでました。 ...

ReadMore

アニメ 漫画

2021/1/13

サヨナラ銀河鉄道999アンドロメダ終着駅を見てきた

ども、MK団2代目団長マタンキ角南です。 さて今回は前回に続き、大阪にある塚口サンサン劇場というミニシアターでサヨナラ銀河鉄道999アンドロメダ終着駅の映画を見てきました。 今から40年前、団長が中学高校生の頃、松本アニメ映画は夏休みの風物詩でした。 学年 松本零士アニメ映画タイトル 中学1年(1977年夏) 宇宙戦艦ヤマト 中学2年(1978年夏) さらば宇宙戦艦ヤマト 中学3年(1979年夏) 宇宙戦艦ヤマト新たなる旅立ち1979年7月31日テレビSP、 銀河鉄道999(The Galaxy Expr ...

ReadMore

思い出話・雑談 特撮

胸につけてるマークは流星

ども。MK団2代目団長、マタンキ角南です。

子どもの頃、ヒーローものの番組を見ていて欲しかったのは、主人公たちが持ってる武器やアイテムです。

今ならまずオモチャありきでヒーローものの番組が作られますが、昔は子ども向け番組が実はものすごく大きなオモチャ市場だと誰も思っていませんでした。

売られていたのはせいぜいソフビ人形。

デパートのオモチャ売り場で、今から思えばそれほど精度の良くないビニールの人形が結構な値段で売られてました。

でもね、今も昔も子どもたちが欲しかったのは人形じゃないんですよ。

子どもたちが一番欲しかったのは、主人公たちが使っている武器やアイテムなんです。

それを持つことによって自分たちもヒーローやその仲間になりたかったんです。

 

なかでも団長が一番欲しかったのは世界中どこにいても仲間と通信出来るトランシーバー()

そういえば団長の住んでいた町内の駄菓子屋で、一度だけウルトラマンの流星バッジが売られたことがありました。

数十円で精度は最低。おそらく円谷の版権なんか取ってなかったでしょうね。

images

でも駄菓子屋では即日完売でしたw

 

この「世界中どこにいても仲間と話が出来る通信機」というのは携帯電話の登場でほぼほぼ実現したわけですが、いざ出来てしまうとそれまでテレビに登場していた超小型といわれるものは意外と使い難いことがわかりました。

物には何でも使いやすい大きさというものがあるんですねw

 

さて今回発売されたのはウルトラマンの科学特捜隊隊員たちが付けていた小型ピンバッジ式通信機。別名流星バッジ。

http://www.rbbtoday.com/article/2016/07/08/143374.html

531018

531019

通信機能そのものはスマホのbluetoothに依存。なるほど、これは考えたな。

でも実際胸に付けてるバッジに首を傾けて話すなんて結構疲れるんですが。

それからこれだけ離れていると自分で通信内容が聞き取れないか、あるいは周りに丸聞こえになるかどちらかです。

まあ丸聞こえでもいいだろうって思う人はバッジの後ろに本体とスピーカー&マイクで会話。嫌な人にはイヤホン端子がありますので。

31

53

01

う〜〜〜〜〜む、微妙〜〜〜〜〜〜(^^;

なんかちょっと惜しい気がします……

もう少しだ、もう少し頑張ろう、技術大国ニッポン!

テレビ電話も相手の顔が写ると実はかなりウザいということもすでにわかっているがもうかまわない。

さあ次は上蓋開閉式ビデオチャット機能付き腕時計型通信機だ!

 

それでは今日はこの辺で。マタンキ

-思い出話・雑談, 特撮
-,

© 2021 MK団のマタンキ日報