アニメ

2024/5/22

【京都】金曜ロードショーとジブリ展行ってきた

金曜ロードショーとジブリ展 京都岡崎の京セラ美術館 京都岡崎の美術館。 今は名称が京セラ美術館なんですね。 長い間来なかったら随分変わってしまっててびっくりしました。 ただいま京都市京セラ美術館で金曜ロードショーとジブリ展を開催しております。 金曜ロードショーとジブリ展 なお当日いきなり行っても予約制なので入れませんのでご注意ください。 今回展示の内容はというと今まであったジブリ展とは少し……いや、かなり違いました。 よくあるジブリの歴史や映画の資料とかの展示は最小限にして、かわりに撮影スポットがいっぱい ...

ReadMore

思い出話・雑談

2024/5/3

ゴルゴ13の最終回と太陽にほえろ

ゴルゴ13の最終回 ゴルゴ13の名前を呼ぶときの作法 ゴルゴ13の主人公のことを「ゴルゴ」と呼ぶのはニワカです。 彼を呼ぶ時は1回目は「ゴル……あ、いやデューク東郷」と呼び、2回目以降は「デューク東郷」と呼ぶのが正しい作法です。 でも面倒くさくなったらゴルゴでもよろしい。 最終回の原稿にまつわる都市伝説 ども。MK団2代目団長マタンキ角南です。 ゴルゴ13の最終回に関する都市伝説で、実は最終回の原稿は既に描かれていて、さいとうプロダクションの金庫にしまってあるという話があります。 まあよく出来た話ですが、 ...

ReadMore

漫画

2024/5/14

リングにかけろ!黄金の日本Jrスーパーブローまとめ

黄金の日本Jrたちのスーパーブロー 習得時期時系列 習得時期高嶺竜児剣崎順河合武士志那虎一城香取石松チャンピオンカーニバル編(Jr全国大会)ブーメランフックローリングサンダー日米Jr決戦編影道編ブーメランスクエアー(未完成)ジェットアッパースペシャルローリングサンダーハリケーンボルトJr世界大会編ブーメランスクエアー(完成)ギャラクティカマグナム(前期型)ギャラクティカファントムギリシア12神編テリオスジェットラベンダー円月拳スパイラルハリケーン阿修羅編ギャラクティカマグナム(後期型)世界タイトルマッチ編 ...

ReadMore

思い出話・雑談

2024/4/6

アストロ球団まとめ(4)ライバルたち

アストロの前に立ちはだかったライバルたち 巨人 王貞治 言わずと知れた世界のホームラン王。 連載が始まった年の昭和47年には、ホームラン48本、打点104点の二冠。他にもダイヤモンドグラブとベストナイン受賞。 アストロ結成の昭和48年には三冠王(ホームラン51本、打点111点、打率.355)とMVPにダイヤモンドグラブとベストナインと全てのタイトルを総なめにした。 まさに日本球界最強のバッターで、アストロ超人と戦った唯一の実在の人物でもあった。 しかし作中ではアストロ超人の完全な噛ませポジションだった。 ...

ReadMore

思い出話・雑談

2024/5/22

【ドーベルマン刑事】大阪のゲタばき刑事 宮武鉄二

服部平次になれなかった男 宮武鉄二、登場! ドーベルマン刑事には途中から、大阪からやってきたゲタばき刑事こと宮武鉄二がレギューラーとして登場します。 普段は1話完結形式のドーベルマン刑事ですが、この宮武初登場は前中後編の3週にわたっての話になります。 初登場の話は大阪と東京の暴力団同士の抗争話「ゲタばき刑事!」に登場 主人公と互角かそれ以上の実力をもつライバルの登場!! こいつが後の服部平次かーーーーー!? いやいやいやいや、これ大阪人怒っていいぞ いくら昭和でもカンカン帽に楊枝くわえて、腹巻きに下駄履き ...

ReadMore

思い出話・雑談 特撮

子どもの頃いちばん欲しかったオモチャは秘密基地と連絡が取れる小型通信機

憧れだった小型通信機

駄菓子屋で売っていた20円の流星バッジ

ども。MK団2代目団長、マタンキ角南です。

子どもの頃、ヒーローものの番組を見ていて欲しかったのは、主人公たちが持ってる武器やアイテム

今ならまずオモチャありきでヒーローものの番組が作られますが、昔は子ども向け番組が実はものすごく大きなオモチャ市場だと誰も思ってなかった。

売られていたのはせいぜいソフビ人形。

デパートのオモチャ売り場で、今から思えばそれほど精度の良くないビニールの人形が結構な値段で売られていたのだ。

でもね、今も昔も子どもたちが欲しかったのは人形じゃないんだよ。

子どもたちが一番欲しいのは、主人公たちが使っている武器やアイテムなんだよ。

それを持つことによって自分たちもヒーローやその仲間になれると信じていたんだよ。

なかでも団長が一番欲しかったのは世界中どこにいても仲間と通信出来るトランシーバー

そういえば近所の駄菓子屋で、一度だけウルトラマン科学特捜隊の流星バッジが売られたことがあった。

もちろん通信機能なんかあるわけない。

値段は20円(昭和45年ぐらい)だったかなあ……

今回検索したらなんと写真があった!

これこれ!(たぶん)

images

これ円谷の版権なんか取ってないだろ?

おもちゃとしても精度は最低限。

でもこれ駄菓子屋では即日完売だったw

学研のトランシーバー

小学校に上がるとハリボテじゃなく、本当に会話のできるトランシーバーが欲しくなった。

そして買ったのは学研のトランシーバー。

学研のトランシーバー

価格はグレードにより3500〜5000円以上したと思う。

当時としては小学生のおもちゃにしては非常に高価な買い物だ。

親に言っても買ってもらえないので、じいちゃんばあちゃんに買ってもらった。

しかしそんな高額にも関わらず、所詮おもちゃはおもちゃ。

通信できる距離が短すぎた。

見通しのいいところでせいぜい100m

壁や塀があったら隣の家の子と通話するのがやっと出来るぐらい。

しかもこちらから好きな時にコールしても相手が応じてくれるわけではない。

相手もトランシーバーの電源を入れてないと呼び出しがわからないのだ。

「本部応答せよ、本部応答せよ」「敵に襲われている!至急救援頼む!」

などと地球防衛軍ごっこをやっても、電源を切っていたら通話できない。

じゃあずっと電源入れておけば……と思うかもしれないが、そんなことしたらあっという間に電池がなくなってしまう。

しかも使われていた電池が9V006Pという四角くい電池で、これがまた当時の価格で250円と大変高価な上に、小さいからすぐに電圧が下がってしまう、役立たずなやつだった。

9V-006P

ほどなく防衛軍ごっこはしなくなった。

本当に小型通信機が身近なものになるまでには、これから20年かかったのだ。

21世紀直前に実現した小型通信機(携帯電話)

この「世界中どこにいても仲間と話が出来る通信機」という昭和の子どもたちの夢は、携帯電話の登場で機能はほぼ実現しました。

でも何かが違う。

何かが足りない……

昭和の子どもたちがほしかった小型通信機はこんなんじゃないんだよ。

どんなのかというと、こういうのとか

こういうのが欲しかったのだよ

我々昭和の子供が欲しかったのは、携帯できる電話ではなく、身につけられる小型の通信機器だったのだ。

本物の腕時計型通信機がついに販売されたが

でもここまできたらあと少しだ。

あと少しだけ小型化できればいいのだ。

そして21世紀を待たずして、1998年長野オリンピック用にドコモが開発に成功。

会場スタッフに支給された腕時計型通信機がこれだ!

んんんんん〜〜〜ちがう!

これじゃない!

デザインが、デザインが決定的にダサい……

なにより当時でもPHSだったというのが致命的にダサい。

今の若者はもうPHSなんか知らないだろ。

そしてその5年後、21世紀に入った2003年、WRISTOMO

ん〜〜〜〜〜〜〜〜ダメだ!

少しだけかっこよくなったことはなったが……

それでもなんか知らんがいろいろダメだ!

大きさといい、デザインといい、どこにもスマートさがない。

開き直って最初から地球防衛軍仕様にした

科学特捜隊仕様 流星バッジ

わかった!

そもそもドコモに全部任せたのが間違いだったのだ。

やっぱりこういうのはバンダイの力を借りないとダメだ。

形から入ろうじゃないか。

設計段階からウルトラマンの科学特捜隊隊員たちが付けていた小型ピンバッジ式通信機を作ればよかったのだ。

昭和のこれを↓

どれだけ進化させたのか!?

2016年に完成

おおおおおおおーーーーーー

この写真を見る限りなかなかいいぞ!

かなりの再現度だ!

そしてどれだけ技術が進んでも、通信機能を本体に組み込んでいては小型化にも限界がある。

そこで通信機能そのものはスマホのbluetoothに依存

なるほど〜!これは考えたな。

通称流星バッジ
科学特捜隊 ピンバッジ型通信機 通称流星バッジ

しかも価格は2万円?

大丈夫!大人になった今なら買えるぞw

しかしこれも全体像を見てみると……

あれ……?

これまた惜しい!

なんか知らんけど、やっぱりいろいろ違うぞ、これは!

またしてもこれじゃない感がある。

RBB TODAY ウルトラマン世代集まれ

さらによくみたらイヤホン端子とかがあるみたいだし……

いやいやいやいやいや、バンダイよ

こだわるところはそこじゃないんだよ。

でもあと一歩だ、もう少しだけ頑張れバンダイ!

ウルトラ警備隊仕様 腕時計型ビデオレシーバー

そう思っていたら次きたーーーーーー

腕時計型小型レシーバー
上蓋開閉式腕時計型ビデオレシーバー

バンダイプレミアム:ウルトラセブン ビデオシーバーデジタルウォッチ

画像を見たらこれはすげえええ!

若者ふうに言うとこれはヤバい!

完璧じゃないか!

しかも値段は24,200円!

完璧すぎて嫌な予感がした。

あ、これ通信機じゃなくて……ただの腕時計かよ!

スマホの形は必然だった

21世紀になっても、昭和の子供が欲しがった小型通信機は作れなかった。

いや、作られなかったと言った方が正しい。

どういうことかと言うと

こんな喋り方したら首が痛いということ。

それからマイクが口元近くにないと、つい大声で話してしまうということ。

さらにスピーカーが耳元にないから周りから通話内容がまる聞こえになるということ。

防衛軍の機密の通話が周りにまる聞こえってダメだわな。

何でも小型化すればいいってもんじゃない。

そう考えるとスマホの形って必然だったんですね。

それから21世紀に、小型通信機とならんで実現しそうだったものがテレビ電話

しかしコロナ騒ぎで脚光を浴びたZOOMやらなんやら。

実際使ってみると相手の顔が写ると実はかなりウザいということもわかってしまった。

今後も普及することはないだろうね。

未来の形は思っていた以上に、思い通りではなかった。

それでは今日はこの辺で。マタンキ

-思い出話・雑談, 特撮
-,