漫画

2021/6/7

【味割り】お客の世代と出身地に合わせて、麺の硬さとスープの濃さを調整

客の好みで味を変えるラーメン屋 八重洲北口周辺で22時頃から営業。 「お客の世代と出身地に合わせて、麺の硬さとスープの濃さを調整してるよ。どうやって判断するかだって?44年間お客を見てきたんだ。注文の声聞きゃ出身までわかるよ」(丹羽さん) 44年間、屋台でラーメンを作り続けた昭和の頑固オヤジ「最近はすぐ通報される」 八重洲北口方面の薄暗い路地に入ると、いかにも“昭和の頑固オヤジ”といったふうの店主が リヤカーを引いている。店主の丹羽英明さん(仮名・70歳)だ。 44年間、これまで川崎、上野、柏、八重洲と渡 ...

ReadMore

アニメ

2021/5/27

【映画】キャプテンハーロックわが青春のアルカディアを観てきた

ども、MK団2代目団長マタンキ角南です。 またまた大阪にある塚口サンサン劇場というミニシアターで、今回はキャプテンハーロックわが青春のアルカディアの映画を見てきました。 今から40年前、団長が中学高校生の頃、松本アニメ映画は夏休みの風物詩でした。 学年 松本零士アニメ映画タイトル 1977年夏(ワイ中学1年) 宇宙戦艦ヤマト 1978年夏(ワイ中学2年) さらば宇宙戦艦ヤマト 1979年夏(ワイ中学3年) 宇宙戦艦ヤマト 新たなる旅立ち(7月31日テレビSP放送) 銀河鉄道999(The Galaxy E ...

ReadMore

思い出話・雑談

2021/2/25

【ブルース・リー生誕80年】映画・燃えよドラゴンを見てきた

ども、MK団2代目団長マタンキ角南です。 ブルース・リーが生誕80年(2020年)と言うことで、今あの燃えよドラゴンが日本全国の映画館でリバイバル上映されています。 ブルース・リーの燃えよドラゴンといえば今から47年前に大ブームを起こした映画です。 子どもの頃はブルース・リーじゃなく、ブルー・スリーだと思ってましたw 当時の小学生でブルースリーの真似したことがない子どもはいませんでした。 男子なら全員が「アチョー」って言いながらおもちゃのヌンチャク(新聞紙を筒状に丸めて作ったりしていた)で遊んでました。 ...

ReadMore

思い出話・雑談 特撮

2021/1/30

子どもの頃は仮面ライダーカードに見向きもせず、記念切手を集めていた

ども、MK団2代目団長マタンキ角南です。 【悲報】仮面ライダーさん、小売を苦しめてしまう  仮面ライダーグッズが大量売れ残りだって? カゴに山積みされた仮面ライダー商品を見ると我々世代は仮面ライダースナックを思い出します。 知らない世代の人に簡単に言うと、今からちょうど50年前、仮面ライダースナックというスナック菓子が発売されたのですが、当時の子どもたちはお目当てはオマケの仮面ライダーカード。 お菓子の方はゴミとして食べずに捨ててしまって、当時は社会問題となったのです。 今で言うならAKBの握手券目当てで ...

ReadMore

漫画

2021/1/23

【リボンの騎士】トランスジェンダーと女系による王位継承

ども、MK団2代目団長マタンキ角南です。 「性に違和感」同意なくHPに 園児両親、削除求め提訴: 自分は女の子なのに、体が男の子――。そう話す、大津市立保育園に通う園児(6)の性別への違和感や受診歴が、同意のないままホームページで公開されているとして、両親が市に情報の削除を求めて大津地裁に提訴した。園児をめぐっては、ほかの園児からのいじめ行為に対する対応が不十分だったとして、市が両親に謝罪。両親は、性的少数者の子どもに対する市側の無理解を訴えている。(新谷〈しんや〉千布美) 訴状によると、受診歴などが公開 ...

ReadMore

アニメ

【映画】キャプテンハーロックわが青春のアルカディアを観てきた

ども、MK団2代目団長マタンキ角南です。

またまた大阪にある塚口サンサン劇場というミニシアターで、今回はキャプテンハーロックわが青春のアルカディアの映画を見てきました。

今から40年前、団長が中学高校生の頃、松本アニメ映画は夏休みの風物詩でした。

学年 松本零士アニメ映画タイトル
1977年夏(ワイ中学1年) 宇宙戦艦ヤマト
1978年夏(ワイ中学2年) さらば宇宙戦艦ヤマト
1979年夏(ワイ中学3年) 宇宙戦艦ヤマト 新たなる旅立ち(7月31日テレビSP放送)
銀河鉄道999(The Galaxy Express 999)
1980年夏(ワイ高校1年) ヤマトよ永遠に
1981年夏(ワイ高校2年) さよなら銀河鉄道999-アンドロメダ終着駅
1982年夏(ワイ高校3年) キャプテンハーロックわが青春のアルカディア

この翌年には映画クイーンエメラルダスが作られる予定で、この映画にもエメラルダスは準主役的な役どころで出演して、松本零士もやる気満々だったんですが……

しかしハーロックが見事にこけて制作が中止になってしまった⤵️

もともとこの頃には松本アニメはブームのピーク過ぎており、アニメの主流はガンダムに移っていました。

ヤマトの続編ならともかくよほどの松本アニメおたく以外は観に行こうとはしなかったのです。

しかしこの映画がこけた理由はブーム云々だけでなく、映画そのものにもあると思います。

そもそもストーリー(背景)がよくわからない。

ハーロックは一体何と戦っているのか?

ヤマトならガミラスという敵と戦う。

999なら機械の体をタダでくれるという星までの旅。

といったように目的がハッキリとしていました。

しかしキャプテンハーロックとなると名前こそ知っているが、どんな話なのかを知ってる人は少ないでしょう。

桃太郎や浦島太郎の話はみんな知ってるけど、金太郎って何したんだっけ?みたいな感じなのです。 

そういうワイも今回映画を見るまで全くと言っていいぐらい知りませんでした。

 

まあせっかく観てきたのでここでストーリーを3行で説明すると

この時代の地球はどこかの異星人との星間戦争に敗れ、植民地化されていた。

地球の政治家たちは腐りきって自主独立を諦め、その異星の傀儡として地球を運営していたが、ハーロックはその体制に不満があり自由のために宇宙海賊となる!

支配からの卒業だ!

う〜〜〜〜〜〜ん、なんか言ってることはカッコイイが具体的に何がしたいのかよくわからん

映画は宇宙に出るところで終わっており、続きはこれから毎年夏休みに映画にするから必ず観にこいよお前ら、みたいな感じなのです。

2時間かけてこれじゃ面白いはずがない

いっそこれらの話を冒頭30分ぐらいにまとめてさっさと宇宙に旅立ち、次の30分でエメラルダスやトチローと出会って仲間を増やし、残り時間目一杯いろんな敵と戦う。

つまり海賊王にオレはなる!のパターンにしておけばわかりやすくてよかったのにね……

でもまあハーロックが片目になったのとか、エメラルダスの顔の傷が何で付いたのかとか、マニアックなエピソードが入っていたのはおもしろかったです。

それでは今日はこの辺で。マタンキ。

-アニメ

© 2021 MK団のマタンキ日報