特撮

2021/8/30

【イデ隊員追悼】兵庫県立美術館“ウルトラマン55周年 TSUBURAYA EXHIBITION 2021”に行ってきた

ども、MK団2代目団長マタンキ角南です。 兵庫県立美術館に“ウルトラマン55周年 TSUBURAYA EXHIBITION 2021”見に行ってきました。 『ウルトラマン55周年 TSUBURAYA EXHIBITION 2021』 7月13日(火)より兵庫県立美術館にて開催決定! 緊急事態宣言下なのに県跨ぎで兵庫県まで行っちゃって、神戸の人すみません💦 人がいっぱいだったらどうしようかと思ったけど、このご時世のせいなのか、あまり人はいませんでした。 会場には人間サイズのウルトラ6兄弟、巨大サイズのレッド ...

ReadMore

思い出話・雑談

2021/8/28

昭和の生まれの歯並びと虫歯治療

ども、MK団2代目団長マタンキ角南です。 【悲報】歯並びとかいうガチのマジで運要素が強すぎる身体的特徴 1:風吹けば名無し 2021/08/23(月) 04:09:48.07 ID:81c+BZ+p0 ある程度裕福じゃなきゃろくに矯正できんし口くせーし虫歯なりやすいとか最悪やろ 歯並び良くて良かったわ IT速報 今やネットでは 歯並び悪いやつは育ちが悪い 常識になってるけど、昭和の時代そんなこと気にしてるようなやつはいなかった。 みんな自然のまま、といえば聞こえがいいが、基本ほったらかし。 歯磨きだけはき ...

ReadMore

漫画

2021/9/1

【ハマの黒豹】カウンタックを愛しカウンタックとともに散った男

ども、MK団2代目団長マタンキ角南です。 こんな記事を見つけました ランボルギーニ50周年記念 ランボルギーニが50周年を記念し限定112台で伝説の『カウンタック』を現代に復刻 投稿日: 2021.08.14 10:49 8月14日、アウトモビリ・ランボルギーニはアメリカのカリフォルニアで行われているジ・クエイル・モータースポーツ・ギャザリングで、1970年代から80年代にかけたスーパーカーブームの代名詞である『カウンタック』を現代に復活させた限定112台の『ランボルギーニ・カウンタックLPI 800-4 ...

ReadMore

特撮

2021/7/2

【映画】キングコング対ゴジラ見てきた(ただし1962年版)

ども、MK団2代目団長マタンキ角南です。 キングコング対ゴジラの映画を見てきました。 といっても1962年版のキングコング対ゴジラです。 いつもの兵庫県塚口になる塚口サンサン劇場でみてきました キングコング対ゴジラ 4Kリマスター Blu-ray 正直あまりゴジラ映画は見てないんですよ 子どもの頃にゴジラ映画で少々トラウマがありましてw モスラ対ゴジラの映画がトラウマです 母親と楽しみに映画を見に行ったら ウルトラマンもウルトラセブンも出てこない、スペシウム光線もアイスラッガーも見られない……  そんな悲 ...

ReadMore

アニメ 漫画

2021/6/26

【朗報】「様」を付けないと呼べないキャラクターランキングにあのジャギが堂々一位に輝く

ども、MK団2代目団長マタンキ角南です。 こんな記事が出てました。 「様」を付けないと呼べないキャラクターランキング! gooランキング 漫画やアニメの世界には、独特な存在感を放つキャラクターが多数存在します。中でも、圧倒的な権力や能力を持つキャラクターは作中で、“〇〇様”と呼ばれ崇められる存在として描かれることも少なくありません。そこで今回は、「様」を付けないと呼べないキャラクターが誰なのかについてアンケートを行い、ランキングにしてみました。 1位 ジャギ 2位 ラインハルト・フォン・ローエングラム 3 ...

ReadMore

アニメ

【映画】キャプテンハーロックわが青春のアルカディアを観てきた

ども、MK団2代目団長マタンキ角南です。

またまた大阪にある塚口サンサン劇場というミニシアターで、今回はキャプテンハーロックわが青春のアルカディアの映画を見てきました。

今から40年前、団長が中学高校生の頃、松本アニメ映画は夏休みの風物詩でした。

学年 松本零士アニメ映画タイトル
1977年夏(ワイ中学1年) 宇宙戦艦ヤマト
1978年夏(ワイ中学2年) さらば宇宙戦艦ヤマト
1979年夏(ワイ中学3年) 宇宙戦艦ヤマト 新たなる旅立ち(7月31日テレビSP放送)
銀河鉄道999(The Galaxy Express 999)
1980年夏(ワイ高校1年) ヤマトよ永遠に
1981年夏(ワイ高校2年) さよなら銀河鉄道999-アンドロメダ終着駅
1982年夏(ワイ高校3年) キャプテンハーロックわが青春のアルカディア

この翌年には映画クイーンエメラルダスが作られる予定で、この映画にもエメラルダスは準主役的な役どころで出演して、松本零士もやる気満々だったんですが……

しかしハーロックが見事にこけて制作が中止になってしまった⤵️

もともとこの頃には松本アニメはブームのピーク過ぎており、アニメの主流はガンダムに移っていました。

ヤマトの続編ならともかくよほどの松本アニメおたく以外は観に行こうとはしなかったのです。

しかしこの映画がこけた理由はブーム云々だけでなく、映画そのものにもあると思います。

そもそもストーリー(背景)がよくわからない。

ハーロックは一体何と戦っているのか?

ヤマトならガミラスという敵と戦う。

999なら機械の体をタダでくれるという星までの旅。

といったように目的がハッキリとしていました。

しかしキャプテンハーロックとなると名前こそ知っているが、どんな話なのかを知ってる人は少ないでしょう。

桃太郎や浦島太郎の話はみんな知ってるけど、金太郎って何したんだっけ?みたいな感じなのです。 

そういうワイも今回映画を見るまで全くと言っていいぐらい知りませんでした。

 

まあせっかく観てきたのでここでストーリーを3行で説明すると

この時代の地球はどこかの異星人との星間戦争に敗れ、植民地化されていた。

地球の政治家たちは腐りきって自主独立を諦め、その異星の傀儡として地球を運営していたが、ハーロックはその体制に不満があり自由のために宇宙海賊となる!

支配からの卒業だ!

う〜〜〜〜〜〜ん、なんか言ってることはカッコイイが具体的に何がしたいのかよくわからん

映画は宇宙に出るところで終わっており、続きはこれから毎年夏休みに映画にするから必ず観にこいよお前ら、みたいな感じなのです。

2時間かけてこれじゃ面白いはずがない

いっそこれらの話を冒頭30分ぐらいにまとめてさっさと宇宙に旅立ち、次の30分でエメラルダスやトチローと出会って仲間を増やし、残り時間目一杯いろんな敵と戦う。

つまり海賊王にオレはなる!のパターンにしておけばわかりやすくてよかったのにね……

でもまあハーロックが片目になったのとか、エメラルダスの顔の傷が何で付いたのかとか、マニアックなエピソードが入っていたのはおもしろかったです。

それでは今日はこの辺で。マタンキ。

-アニメ

© 2021 MK団のマタンキ日報