思い出話・雑談

2021/2/25

【ブルース・リー生誕80年】映画・燃えよドラゴンを見てきた

ども、MK団2代目団長マタンキ角南です。 ブルース・リーが生誕80年(2020年)と言うことで、今あの燃えよドラゴンが日本全国の映画館でリバイバル上映されています。 ブルース・リーの燃えよドラゴンといえば今から47年前に大ブームを起こした映画です。 子どもの頃はブルース・リーじゃなく、ブルー・スリーだと思ってましたw 当時の小学生でブルースリーの真似したことがない子どもはいませんでした。 男子なら全員が「アチョー」って言いながらおもちゃのヌンチャク(新聞紙を筒状に丸めて作ったりしていた)で遊んでました。 ...

ReadMore

思い出話・雑談 特撮

2021/1/30

子どもの頃は仮面ライダーカードに見向きもせず、記念切手を集めていた

ども、MK団2代目団長マタンキ角南です。 【悲報】仮面ライダーさん、小売を苦しめてしまう  仮面ライダーグッズが大量売れ残りだって? カゴに山積みされた仮面ライダー商品を見ると我々世代は仮面ライダースナックを思い出します。 知らない世代の人に簡単に言うと、今からちょうど50年前、仮面ライダースナックというスナック菓子が発売されたのですが、当時の子どもたちはお目当てはオマケの仮面ライダーカード。 お菓子の方はゴミとして食べずに捨ててしまって、当時は社会問題となったのです。 今で言うならAKBの握手券目当てで ...

ReadMore

漫画

2021/1/23

【リボンの騎士】トランスジェンダーと女系による王位継承

ども、MK団2代目団長マタンキ角南です。 「性に違和感」同意なくHPに 園児両親、削除求め提訴: 自分は女の子なのに、体が男の子――。そう話す、大津市立保育園に通う園児(6)の性別への違和感や受診歴が、同意のないままホームページで公開されているとして、両親が市に情報の削除を求めて大津地裁に提訴した。園児をめぐっては、ほかの園児からのいじめ行為に対する対応が不十分だったとして、市が両親に謝罪。両親は、性的少数者の子どもに対する市側の無理解を訴えている。(新谷〈しんや〉千布美) 訴状によると、受診歴などが公開 ...

ReadMore

アニメ 漫画

2021/2/2

聖闘士星矢でユニコーン邪武がレギュラーに入らなかったのが不憫でしょうがない

ども、MK団2代目団長マタンキ角南です。 ジャンプで好きだった漫画家の1人に車田正美がいます。 名前もそうですが、初期は絵柄もきれいで線が優しかったので女性漫画家かもと思っていた時期がありました。 おまけにこんなのもあったしw まあ今から考えたらどう見ても男なんですけどね 小学生の時はだまされましたw さてその車田先生の代表作聖闘士星矢がアニメ化されたのが80年代後半 すでに私は大学生から社会人になろうとしていた頃です まあとっくにジャンプは卒業していたのですが、それでも聖闘士星矢と男塾は読んでました。 ...

ReadMore

アニメ 漫画

2021/1/13

サヨナラ銀河鉄道999アンドロメダ終着駅を見てきた

ども、MK団2代目団長マタンキ角南です。 さて今回は前回に続き、大阪にある塚口サンサン劇場というミニシアターでサヨナラ銀河鉄道999アンドロメダ終着駅の映画を見てきました。 今から40年前、団長が中学高校生の頃、松本アニメ映画は夏休みの風物詩でした。 学年 松本零士アニメ映画タイトル 中学1年(1977年夏) 宇宙戦艦ヤマト 中学2年(1978年夏) さらば宇宙戦艦ヤマト 中学3年(1979年夏) 宇宙戦艦ヤマト新たなる旅立ち1979年7月31日テレビSP、 銀河鉄道999(The Galaxy Expr ...

ReadMore

アニメ

悪役プロレスラー養成機関「虎の穴」

ども。MK団2代目団長、マタンキ角南です。

 

子どもの頃団長が大好きだったアニメがまたリメイクされます。

今度はタイガーマスクです。

伝説の名作『タイガーマスク』が新たにTVアニメ化! 光と影のタイガーが登場!?
1458895876_1_1_f1fe352ff2bff2f6347fda328e39d158
<STORY>
復活したプロレス界の裏組織・虎の穴に、2人の若きレスラーが立ち向かう。彼らが共に育ったプロレス道場は、虎の穴に潰されていた。1人は富士の裾野にある伊達直人が残した特訓施設と虎のマスクを引き継ぐ。もう1人はあえて虎の穴に入り、熾烈な競争を勝ち抜き、漆黒の虎のマスクを手にする。光の道を歩むタイガーマスクと、影の道を歩むタイガーザダーク。2人はお互いの素顔を知らない―。リング上では天敵だが、目的は同じ。「虎の穴を潰せ!」

ちょうど昔のアニメタイガーマスクを見直している最中だったのでものすごくタイムリーです。

今度も敵組織は虎の穴なんですね。

放送が楽しみです。

 

さてその作品の中に出てくる悪役プロレスラー養成機関「虎の穴」

世界中から貧しい環境にある子どもたちを集め、過酷なトレーニングで悪役プロレスラーに育てていく組織です。

トレーニングは地獄そのもので悪役プロレスラーになれるのは10人に1人。

脱落者は死亡、もしくは廃人。

悪役プロレスラーになれても、その後は一生ファイトマネーの50%を虎の穴に納めなければならない。

この鉄の掟を破ったものは虎の穴からの刺客によりリング上で殺される運命にある。

な、なんて恐ろしい悪の組織だ。

そんな組織を裏切ってまで恵まれない孤児たちのために戦うタイガーマスクはまさに孤高のヒーローだ!

そんな風に考えていた

そんなふうに考えていた時期がオレにもありました。

 

虎の穴って悪役プロレスラー職業訓練学校と考えれば、すごく良心的で優秀な組織じゃね?

貧しい環境=ハングリー精神旺盛な子どもをスカウト(多少強引ではあるが誘拐や拉致といった犯罪は犯していない)し、子どもの頃からプロレスラーとしてトレーニングを積ませる。

トレーニングメニューはハードだが、将来的にはプロの悪役レスラーとして、なんと10人に1人がデビューし活躍出来るという超優秀なコーチ陣。

ここまで費用はなんと無料!

いうならば出世してからの後払い。

デビューしてからはファイトマネーの50%を納めるだけで残りは全て本人。

 

これを吉本NSC(吉本興業のお笑い芸人養成学校)と比較すると

学費は年間100万円。

にも関わらず、生徒の半数以上は途中で学校に来なくなる。

プロの芸人としてテレビに出るところまで行くのは千人に1人(1組)以下。

その後もテレビに出続けれられるのはさらにわずかな人数になる。

芸人としてのギャラの90%が吉本の取り分。

そして何より決定的違いは、ギャラや待遇が不満で独立したら確実に仕事を干しにかかります。

プロレスラーらしくリングで決着をつけようとする虎の穴を見習って欲しいです。

 

子どもの頃から育ててもらって大金を稼げるようになったら、あっさり虎の穴を裏切ったタイガーマスク。

孤児たちのためにお金を使った?

いやいや、使い道なんて関係ないです。

やってることはギャラの持ち逃げですから。

そう考えると恩知らずのひどいやつです。

 

新作アニメでは虎の穴はどういう風に描かれるんでしょう?

やっぱり極悪非道の悪の組織なのかなあ。

それでは今日はこのへんで。マタンキ

-アニメ
-,

© 2021 MK団のマタンキ日報